SD-WAN とは

Software-Defined WAN(SD-WAN)は、支社ネットワークの簡素化と、インターネットやハイブリッド WAN におけるアプリケーション パフォーマンスの最適化を実現します。Software-Defined Networking(SDN)をルーツとする SD-WAN では、基盤となるハードウェアからネットワーク ソフトウェア サービスが分離されます。VMware の Software-Defined WAN ソリューションにより、Virtual Cloud Network 特有の、一貫した広範囲にわたる接続を提供することができます。

SD-WAN の 6 つのトレンド概要

Virtual Cloud Network とは

Virtual Cloud Network では、アプリケーションやデータの場所を問わずセキュアな接続を広範囲で実現できます。

支社のネットワークに関する課題

高コストな帯域幅

既存の支社や新しい支社向けに帯域幅を拡大すると、コストも時間もかかります。

複雑な支社環境

支社にある多数の単一機能デバイスをサイロ化された状態で管理すると、展開、モニタリング、トラブルシューティングのたびに、何度も出張サービスを依頼しなくてはなりません。

柔軟性の低いアーキテクチャ

データセンター経由で支店 WAN のトラフィックをヘアピンすると、クラウド アプリケーションのパフォーマンスが低下します。支社用に新しいアプリケーションをプロビジョニングする場合は再構成が必要となり、IT 担当者にも負担がかかります。

SD-WAN のメリット 

支社のネットワークの簡素化

展開の完全自動化、容易な構成、一元的なトラブルシューティングなどのツールを使用して、支社のプロビジョニングを迅速に行うことができます。クラウドでもデータセンターでも、支社のエッジにネットワーク サービスを追加できます。

支店環境の俊敏性の向上

複数のリンク、デバイス、サービスを現行のソリューションと共存させ、相互運用することができます。API によって、さまざまな管理システムや報告システムに統合することも可能です。

アプリケーションのパフォーマンスの最適化

エンタープライズ アプリケーションやクラウド アプリケーションへのセキュアな直接アクセスで、ハイブリッドやインターネットのリンク経由のアプリケーション パフォーマンスを最適化できます。SD-WAN により、複数の WAN リンクとサービス プロバイダーをまたいだ統合的なモニタリングと可視化が実現します。

コストの削減

ハイブリッド WAN を容易に提供し、支社で使用している一般的なブロードバンドをエンタープライズクラスの WAN にグレードアップすることができます。商用仮想マシン デバイス、x86 ベースの既存ルータ上の仮想マシン、NSX SD-WAN Edge デバイスといった展開オプションにより、ハードウェア提供コストの削減が可能です。

SD-WAN 製品

VMware NSX SD-WAN by VeloCloud

NSX SD-WAN by VeloCloud は、帯域幅を拡大し、エンタープライズ アプリケーションやクラウド アプリケーション、データへの直接アクセスを提供します。運用の自動化を大幅に加速させながら、クラウドとオンプレミスに仮想サービスを追加することもできます。NSX SD-WAN by VeloCloud には、ゲートウェイの分散ネットワーク、クラウドベースのオーケストレーション、支店プラットフォームの NSX SD-WAN Edge などが組み込まれています。

関連資料

Software-Defined WAN For Dummies

専門用語を使わずに SD-WAN のベスト プラクティスをわかりやすく説明しています。

ビジネスに必要不可欠な SD-WAN

このホワイトペーパーでは、WAN の展開が最優先事項であるべき理由をアナリストが解説します。

2 分で導入できるクラウド ベースの SD-WAN

導入手順を短くまとめたビデオです。

SD-WAN の RFI 作成

アナリストでありネットワークの専門家でもある Jim Metzler 氏がプロセスを詳しく説明します。