MPLS テクノロジー:概要

MPLS はレイヤー 3 ルーティングに頼ることなく、主にサービス プロバイダー ネットワーク内でレイヤー 2 でパケットを転送するラベル スイッチング テクノロジーです。MPLS では、IETF RFC 3031 で定義されているとおり、MPLS ネットワークで IP パケットを受信したときに IP ヘッダーに 4 バイトのラベルを追加します。このラベルは、IP ヘッダーのアドレス指定パラメーターを検査するための中間ホップを必要とすることなく、トラフィックの固定転送パスを決定します。このラベルは、MPLS ネットワークの送信ルータにより削除されます。

MPLS は、固定パスと予測可能なパスに従ったパケットを効率よく転送するために、ルーティングされた IP ネットワーク全体で効果的に「トンネル」を構築します。ラベル スイッチングはフレーム リレーや ATM といった従来のポイント ツー ポイント接続型のテクノロジーから進化したものです。MPLS は(L3 ルーティングされた IP ネットワークでトラフィックを転送しながらも)従来の L2 テクノロジーの転送効率を維持し、ネットワークに対する物理、L2、レイヤー ルーティング テーブルの変更を行うことなく再構成可能な、仮想の「リース回線」を構築することでネットワークの柔軟性を高めています。

ラベルでスイッチングされる「トンネル」は、サービス プロバイダー ネットワーク上で異なる顧客のトラフィックを分離するという VPN 構成のための手段になります。また、単一の顧客のプライベート ネットワーク内で VRF(Virtual Routing and Forwarding)を構築するためにも使用されます。MPLS ラベルの後に続く IP パケットのコンテンツは、エンドツーエンドで暗号化することもできます。これはパケットの転送機能、効率に影響せず、暗号化されたセキュアな VPN および VRF を提供します。

クラウドベースの SD-WAN テクノロジー

MPLS のデメリットを克服するため、お客様は「オーバー ザ トップ」ブロードバンド接続を使用しています。すなわち、セルラー LTE であれば接続を迅速にプロビジョニングでき、有線ブロードバンド接続であれば短期間で費用対効果が得られます。最近までこれらは「ベスト エフォート」接続とみなされ、一時しのぎの方法として使用されたり、優先度の低いトラフィックを転送したりするための、ビジネス用のトラフィックには不向きとされるものでした。

汎用ブロードバンド接続は世界中の大部分の地域で提供されています。MPLS と比べて帯域幅容量の選択肢が幅広く柔軟で、料金もはるかに安くなります。トランスポートに依存しない SD-WAN のアーキテクチャでは、MPLS の SLA と耐障害性に比べて同等かそれを上回るキャリアクラスのサービスをブロードバンド接続で提供できます。

SD-WAN ソリューション

VMware SD-WAN by VeloCloud

VMware SD-WAN by VeloCloud によって帯域幅が拡張され、エンタープライズおよびクラウドのアプリケーションやデータへ直接アクセスできるようになります。また、運用の大幅な自動化を進めながら、クラウドやオンプレミスに仮想サービスを追加することもできます。VMware SD-WAN は、ゲートウェイの分散ネットワーク、クラウドベースの Orchestrator と支社プラットフォーム、VMware SD-WAN Edge で構成されます。

スポットライト

タブレットで SD-WAN、SDN、NFV、VNF について読む人

わかりやすく解説:SD-WAN、SDN、NFV、VNF

ネットワーク関連の主な略語を把握し、それらのテクノロジーがビジネスにどのような意味をもたらすかご確認ください。

tn-yellow-cables-tied-in-a-bunch

2 分で導入できる SD-WAN

SD-WAN Edge は、箱から出して電源を入れ、認証を行うだけで使い始められます。IT スタッフを現場に派遣する必要はありません。