Software-Defined Data Center: VMware Cross-Cloud Architecture の基盤

VMware Cross-Cloud Architecture によって、企業は任意のクラウド内で自由にイノベーションを実現できます。最高水準のコンピューティング、ストレージ、ネットワークの仮想化と、クラウド管理が統合された、業界をリードする VMware の Software-Defined Data Center を基盤として構築されており、VMware が提供する共通の運用基盤によって、複数のクラウドやデバイスで使用されるアプリケーションを迅速に実行、管理、接続、保護できます。

Software-Defined Data Center を最大限に活用

VMware の CEO、パット・ゲルシンガーが語る、CIO が知るべきビジネス チャンスと SDDC の技術力

IT がもたらす成果

データセンターの効率性を向上させ、イノベーションを促進します。 

詳細情報

Software-Defined Data Center を実現する、Validated Design

包括的なシステム レベルの設計とアーキテクチャによって、SDDC を最大限に活用できます。導入初日から、数日間、それ以降の推奨される運用方法が示されます。

詳細情報

Software-Defined Data Center の機能

完全に仮想化されたインフラストラクチャ

ソフトウェア ベースのアプローチにより、業界をリードする vSphere による仮想化をコンピューティングからネットワークやストレージにまで拡張します。データセンターのサービスの構成や管理も、仮想マシンと同じように低コストで容易に実現できます。ハイパー コンバージド インフラストラクチャ アプライアンスである EVO:RAIL は、Software-Defined Data Center の構成要素であり、コンピューティング、ネットワーク、ストレージ、管理機能を提供します。詳細情報

包括的なクラウド管理プラットフォームの利用

統合されたポリシー ベースのテクノロジーにより、異種混在のクラウド環境全体で IT サービスを自動化および管理します。従来のソリューションとは異なり、変化を続けるソフトウェア ベースのワークロードのオーケストレーションに特化したプラットフォームです。詳細情報

プライベート クラウドとハイブリッド クラウドの柔軟な組み合わせ

社内のプライベート クラウドと、セキュアな IaaS (サービスとしてのインフラストラクチャ) プラットフォームの両方で、アプリケーションとサービスをプロビジョニングして実行し、ハイブリッド環境内でワークロードをシームレスに移動できます。事実上すべてのハードウェアを使用できるため、特別なインフラストラクチャの必要性を最小限に抑えることができます。詳細情報

お客様向けにカスタマイズした Software-Defined Data Center ソリューション

新しく発表された Federation Software-Defined Data Center の詳細情報を、VMware {code} でご確認ください。EMC、Pivotal、RSA、VMware の最良のテクノロジーを組み合わせた共同ソリューションで、ミッション クリティカルなエンタープライズ アプリケーションのニーズを満たすように設計されています。この完全に統合された、開発、テスト、検証済みのソリューションは、Software-Defined Enterprise への移行の促進を支援します。詳細情報

メリット

  • 大幅な効率化とコスト削減:IT サービスの仮想化と運用管理の自動化により、リソースの使用率と従業員の生産性を新たなレベルに引き上げます。
  • アプリケーションのプロビジョニングを数分で実行:ポリシー ベースの構成により、ワークロードを数分で提供し、変化するビジネスの要求に合わせてリソースを自動的に調整します。
  • 適切な可用性とセキュリティをすべてのアプリケーションに提供:自動化されたビジネス継続性と仮想化対応のセキュリティを併用することで、比類のない連続稼動時間を実現し、リソースへのアクセスと配置の制御をより向上させることができます。
  • あらゆるワークロードを任意の場所に提供:新規または既存のアプリケーションを複数のプラットフォームやクラウド上で実行し、デスクトップかモバイル デバイスかを問わず、すべてのユーザーに迅速に提供します。

IT ワークフローの自動化

ハードウェア中心のネットワークを、システムを中断することなくソフトウェア中心のネットワークに移行する仕組みについて、3 つのエピソードで解説します。 

Web キャスト シリーズに登録 (英語)

Software-Defined Data Center を実現する、VMware Validated Design 

VMware Validated Design は、Software-Defined Data Center (SDDC) 全体を対象としています。包括的なシステム レベルの設計とアーキテクチャによって、SDDC を最大限に活用できます。導入初日から、数日間、それ以降の推奨される運用方法が示されます。

各設計には、構築の対象と理由が詳細に記載されたリファレンス設計ガイドが付属します。そのほかにも、検証済みの設計の構築手順が詳細に記載された実行ガイド、ソリューション ブループリント、設計のベスト プラクティス、トラブルシューティングのヒントなどが用意されています。VMware のエキスパートが各資料を作成、検証しています。 

VMware Validated Design の詳細をご確認いただけます。

コミュニティに参加 (英語)

早期アクセスに登録

VMware Validated Design について

ブログ記事を読む (英語)

製品 

vSphere と vSphere with Operations Management

vSphere は、VMware の Software-Defined Data Center プラットフォーム全体の基盤です。vSphere により、Software-Defined Data Center への移行を開始できます。vSphere を適切に配置することによって、ストレージとネットワークにまで仮想化をシームレスに拡張し、ポリシー ベースのプロビジョニングと管理を自動化することが可能です。

vCloud Suite

業界をリードする VMware の vSphere ハイパーバイザーと VMware vRealize Suite を、単一のパッケージへと統合しました。VMware の新しい Portable License Unit によって、vRealize Suite の機能を、vSphere のワークロード、vSphere 以外のワークロード、パブリック クラウドのワークロードの管理に容易に活用できます。

NSX

NSX は、VMware のネットワーク仮想化プラットフォームです。既存の物理ネットワーク ハードウェア上に展開可能で、すべてのベンダーが提供する最新のファブリックとジオメトリをサポートします。既存のアプリケーションや監視ツールは、変更を加えることなく NSX とスムーズに連携します。

vRealize Suite

エンタープライズ対応のクラウド管理プラットフォームであり、異種混在のハイブリッド クラウドを管理するための業界でもっとも包括的なソリューションを提供します。vRealize Suite は Standard、Advanced、Enterprise の 3 つのエディションで提供され、企業固有のニーズを満たすように設計されています。インテリジェントな運用と IT の自動化から、IaaS や DevOps のニーズに対応した IT 環境実現のユースケースにまで対応しています。

vCloud Air

VMware vCloud Air は、VMware vSphere 上に構築された、安全な専有型のハイブリッド クラウド プラットフォームです。この IaaS プラットフォームは俊敏性に優れており、既存のワークロードやサードパーティ製アプリケーションに加え、新しいアプリケーションの開発もサポートします。

Virtual SAN

サーバー ベースのストレージから、仮想マシン用の非常にシンプルな共有ストレージを作成します。回復性とパフォーマンスに優れたスケールアウト アーキテクチャを採用し、TCO を最大 50 % 削減します。

関連資料

ハイブリッド クラウド戦略を支える Software-Defined Data Center

VMware の Software-Defined Data Center によって、企業がどのようにハイブリッド クラウドを確実に活用し、モバイル クラウド時代に対応したのかをご確認ください。

データセンター全体に仮想化を拡張する方法について

新しいネットワーク仮想化プラットフォームである VMware NSX について