Software-Defined Data Center(SDDC)の説明

コンピュートの仮想化

コンピュートの仮想化

最新のソフトウェアベースのコンピュートは「仮想化」とも呼ばれ、これを実装することが Software-Defined Data Center 実現の第一歩となります。CPU とメモリを物理ハードウェアから分離して、リソース プールを作成し、必要に応じて使用します。各仮想アプリケーションとそのオペレーティング システムは、仮想マシンと呼ばれる独立した個別のソフトウェア コンテナにカプセル化されます。仮想マシンは 1 台のサーバ上で多数を同時に実行できるため、ハードウェア キャパシティのほとんどを有効に利用できるようになります。

Software-Defined Networking

Software-Defined Networking

ネットワーク仮想化テクノロジーでは、基盤となるハードウェアからネットワーク リソースを分離することで Software-Defined Networking(SDN)をより高いレベルに引き上げます。サーバ仮想化が物理サーバをソフトウェア内で再現するのと同じように、ネットワーク仮想化は、ネットワークおよびセキュリティ サービスのコンポーネントをソフトウェアで再現します。これにより、仮想化ネットワークのプロビジョニングと管理はハードウェアから独立して行われ、物理ネットワーク デバイスはパケット転送用の単なる経路になります。

ソフトウェアで構成されたネットワークのアップグレード

NSX Data Center を導入することにより、セキュリティとスケーラビリティが向上します。

ネットワークの仮想化により数百万ドルを節約

Forrester が NSX を使用したネットワーク仮想化による組織全体の財務面での効果を推定しています。

30 分間を有効活用

新しい NSX ライトニング ラボでは、わずか 30 分で NSX のエッセンスを体験できます。インストールは不要です。

Software-Defined Storage

Software-Defined Storage

VMware の Software-Defined Storage(SDS)戦略は、広範に使用されているハイパーバイザーによってストレージ アーキテクチャを発展させ、サーバ仮想化がコンピュートにもたらした簡易性、効率性、コストの削減というメリットをストレージでも実現することを目指しています。Software-Defined Storage は、仮想データ プレーンを通じて基盤となるストレージを抽象化します。異種混在のストレージ システム全体において、仮想マシンとアプリケーションが、プロビジョニングと管理の基本単位となります。アプリケーションと使用可能なリソースを柔軟に分離することで、ハイパーバイザーは、アプリケーションが必要とするコンピュート、メモリ、ストレージ、ネットワークなどのすべての IT リソースを調整できます。

アプリケーション単位のストレージ サービス

Software-Defined Storage は仮想マシン レベルで適用されるため、アプリケーションの厳密な要件に合わせたストレージ サービスを実現できます。ストレージ サービスは、隣接するアプリケーションに影響を与えることなく、アプリケーションごとに必要に応じて調整されます。管理者は、どのストレージ サービスがどのアプリケーションによって使用され、コストが発生しているのかを包括的に管理することができます。

変化に俊敏に対応するストレージ インフラストラクチャ

SDS は、コンピュートの仮想化と同様に、ダウンタイムのない動的なモデルを採用しています。IT 管理者はアプリケーションの要求を的確に満たし、適切なタイミングでリソースを提供できます。あるアプリケーションに一時的にリソースを追加し、別のアプリケーションでは削減するといった調整ができるため、柔軟性の高いストレージ サービスを提供可能です。

異種混在のストレージのサポート

SDS は、SAN、NAS、業界標準の x86 ハードウェアに直接接続されたストレージなどの既存のストレージ ソリューションを活用できます。ハイパーコンバージド インフラストラクチャの基盤である業界標準のサーバを使用して、ストレージの特定のニーズや変化し続けるニーズに容易に対応できる、低コストで拡張性の高いストレージ環境を設計できます。

Software-Defined Storage が最適か見極める

VMware vSAN が選ばれる理由をご確認ください。

データセンターの統合管理ソフトウェア

Software-Defined Networking

高度に仮想化されたデータセンターは、ポリシーベースのインテリジェントなデータセンター管理ソフトウェアによって自動化および管理されるため、ガバナンスと運用が大幅に簡素化されます。単一の統合された管理プラットフォームによって、地理的に分散しているサイト、異種混在のインフラストラクチャ、およびハイブリッドクラウドにまたがるすべてのアプリケーションを一元的に監視、管理できます。物理的環境、仮想環境、およびクラウド環境下のワークロードを統合された管理操作で展開および管理できます。これまでは実現できなかった、俊敏性、伸縮性、および即応性に優れた IT 運用が可能となります。

クラウドの自動化

インフラストラクチャやアプリケーションのサービスは、セルフサービス ポータルからリクエストします。このポータルでは、権限を持つ管理者、開発者、またはビジネス ユーザーが、事前定義済みのビジネス ポリシーに準拠したサービスを選択できます。サービス デリバリは高度に自動化されています。論理インフラストラクチャやアプリケーションのブループリントによってサービスがモデル化され、承認された任意のクラウド環境にサービスを展開できます。ビジネス ニーズやサービス レベルの要件に基づいて、適切なレベルのリソースが自動的に割り当てられます。利用パターンの変化に合わせて、ワークロードのオーケストレーションと調整が動的かつ継続的に実行されます。

クラウド運用

拡張性と耐障害性に優れた運用プラットフォームにより、パフォーマンス、キャパシティ、および構成管理を制御できます。予測分析機能 Predictive DRS とスマート アラート機能 Proactive HA により、サービス品質に影響が及ぶ前に、潜在的な問題を特定および修正できます。直感的に操作できるダッシュボードにより、物理環境、仮想環境、およびクラウド環境において、アプリケーションからストレージまでの視認性が得られます。また、ログ管理機能により、非構造化データまで分析が可能になるため、視認性が高まり、問題を迅速に解決できます。プロビジョニングが過剰または過小な仮想マシンは、サービス レベル要件とリソース使用率のバランスが取れるよう、適切にサイジングされます。強力なキャパシティ モデリングにより「What-if」シナリオを特定して、今後のインフラストラクチャ関連のコストを予測および最適化できます。

クラウド ビジネス

CIO および IT 部門の責任者は、プライベートおよびパブリッククラウドを含む複雑なイニシアティブや投資のコストを明確化し、比較できます。また、サービス カタログでサービスのコストを確認できます。ビジネス部門が使用する IT サービスのタイプ、コスト、および品質を可視化、透明化し、使用された IT サービスの量やタイプを把握してチャージバックできます。業界のベンチマーク評価データとレポートを活用して、同業他社やクラウド サービス プロバイダーと自社の IT コストを比較することにより、リソース コスト削減のための意思決定を情報に基づいて行うことができます。

包括的なクラウド管理ソリューション

クラウド管理プラットフォームを提供する VMware のアプローチでは、単一のソリューションによって導入初日とそれ以降の両方の運用に包括的に対応できます。

Ovum が VMware をマルチクラウド管理のリーダーに選出

Ovum の独立系アナリストによる評価で VMware Cloud Management Platform がマルチクラウド管理の総合的なリーダーに選出されました。その理由をご紹介します。

提供オプション:プライベートクラウドまたは IaaS

VMware のソフトウェアベースのアーキテクチャは、企業のデータセンターにプライベートクラウドとして展開できます。また、VMware や VMware の認定パートナーが運営する、オフサイトの安全な IaaS として使用することも可能です。ほとんどの企業はオンプレミスと IaaS プラットフォームを併用するハイブリッド型を選択しています。これらの 3 つの選択肢はいずれも VMware の Software-Defined Data Center テクノロジーを基盤としているため、クラウド間でのワークロードの移行、およびハイブリッド環境の制御と管理を、単一の管理インターフェイスから容易に実行できます。

ソフトウェアベースのプライベートクラウド:オンプレミス データセンター

VMware は、社内の物理インフラストラクチャ上にソフトウェアベースのプライベートクラウドを導入するためのさまざまな方法を提供しています。通常は、VMware vSphere を導入してから、お客様のペースに合わせて、ソフトウェアベースのネットワークおよびストレージや、包括的な管理レイヤーのさまざまな要素を追加していきます。あるいは、vSphere から直接、包括的なインフラストラクチャ ソリューションである VMware vCloud Suite にアップグレードすることも可能です。また、ハイブリッドクラウド専用に設計された VMware vRealize Suite を使用して Software-Defined Data Center の管理機能を拡張し、ほかのハイパーバイザー プラットフォームやパブリッククラウド サービスを組み込むことも可能です。

VMware のパートナーが提供するクラウドサービス

VMware の認定パートナーは、グローバルな一貫性と柔軟性を備え、お客様に合わせたクラウドサービスを提供しています。それらのクラウドサービスも VMware のソフトウェアベースのテクノロジーを基盤としているため、社内のデータセンターとの互換性が保たれるほか、サービス レベルの確保、監査可能なセキュリティの実現、コンプライアンスの維持が可能になります。

VMware のクラウド管理プラットフォームを見る

VMware のクラウド管理プラットフォームを見る

業界でもっとも包括的な CMP ソリューションを使用して、複数のプライベートクラウドおよびパブリッククラウドにまたがるコンピュート、ストレージ、ネットワーク、アプリケーション サービスを、プロビジョニングして管理できます。

関連リソース

ハイブリッドクラウド戦略を支える Software-Defined Data Center

VMware の Software-Defined Data Center によるハイブリッドクラウドの活用と、モバイル クラウド時代への対応についてご紹介します。

Rethink IT ブログ

仮想化、データセンターの変革、クラウドの導入に関する VMware の見解をお読みいただけます。

ご興味をお持ちの方はこちら