カスタマーエクスペリエンスに基づく製品とサービスの向上

 

VMware のカスタマーエクスペリエンス向上プログラム (CEIP) は、製品とサービスの改善、問題の修正、製品の導入と使用の最適な方法についてのアドバイスを行うために必要な情報を収集することを目的としています。

CEIP の仕組み

CEIP の一環として、VMware は、お客様環境での VMware 製品およびサービスの利用状況について、VMware ライセンス キーと関連付けて、技術的な情報を定期的に収集しています。これには、個人を特定できる情報は含まれません。VMware 製品またはサービスによって、収集する技術情報には、次のデータのいずれかまたはすべてが含まれます。

  • 構成データ: お客様環境での VMware 製品およびサービスの構成、技術的なデータ、環境に関連する情報です。たとえば、VMware 製品のバージョン情報、製品の環境についての情報、製品の構成設定、製品やサービスにアクセスするデバイスについての技術的なデータなどが含まれます。
  • 機能の使用についてのデータ: お客様が VMware 製品とサービスをどのように使用しているかについてのデータです。たとえば、お客様が使用して製品機能の詳細なデータや、ユーザー インターフェイスでのアクティビティのメトリックなどが含まれます。
  • パフォーマンス データ: VMware 製品とサービスのパフォーマンスのデータです。VMware 製品およびサービスのパフォーマンスのメトリックと規模、ユーザー インターフェイスの応答時間、API 呼び出しについての詳細情報などが含まれます。


VMware は、製品およびサービスの変更と CEIP の運用の変更のために、この Web ページの情報を随時更新します。定期的に最新情報をご確認ください。

対象製品

CEIP Product Table に記載されている製品は、VMware の標準の CEIP に対応し、前述のプログラムに従って、情報の収集と処理の対象となります。VMware の標準の CEIP より前に開発され、製品の向上を目的として使用状況に関するデータを収集している VMware 製品では、技術的なデータと使用状況に関するデータの収集について、製品および関連するドキュメント内で個別に情報が開示されます。特定の製品について CEIP への参加をご希望されない場合は、製品ドキュメント内のご案内を参照してください。