VMware のクラウド管理プラットフォームは、異種混在のハイブリッド クラウドを管理するための最も包括的なソリューションを提供します。

VMware は、異種混在のハイブリッド クラウドを管理するための業界で最も包括的なソリューションを提供します。vRealize Suite として提供する VMware のクラウド管理プラットフォームは、ハイブリッドおよび異種混在の IT 環境全体にわたるコンピューティング、ストレージ、ネットワーク、およびアプリケーション レベルのリソースについて、導入初日とそれ以降の IT 運用要件に対応する企業をサポートします。

(2:23)

VMware のクラウド管理プラットフォーム: ビジネス ニーズに応えるクラウドの実現

VMware のクラウド管理プラットフォームによって、ビジネス ニーズに応えるクラウドを実現する方法をご確認ください。

IT 管理の進化

IT 組織には、技術的なコストを最小に抑制しながら新しいテクノロジーを迅速に導入したり、ビジネス目標に対して戦略的に注力しながら運用効率を維持したり、技術革新を促進する一方でセキュリティとコンプライアンスを確保したりという矛盾する優先事項が存在することに現代の CIO は気づいています。

 

スピードと俊敏性の実現というビジネス ニーズに対応しながら、管理性を維持し、IT コストを削減することが、クラウド時代の主な課題なのです。

 

今後、Software-Defined Data Center の大部分がハイブリッド環境となっていきます。ワークロードに、従来型と最新型のアプリケーション アーキテクチャが混在しても、これらのワークロードは、物理環境と仮想環境が混在し、仮想化が進む環境でプロビジョニングされ、オンプレミスとパブリック クラウドの両方で管理されるようになります。

 

このような管理に対する複雑な要件に合わせて、クラウド管理プラットフォームの概念が進化しました。vRealize クラウド管理プラットフォームの管理機能を使用すると、ハイブリッド IT 環境で提供するサービスのライフサイクル全体を効果的に管理できます。

VMware のクラウド管理プラットフォームの資料 (英語)

IT の成果の実現

VMware の IT がもたらす成果のプログラムによって、IT 部門が広範囲にわたる高価値の IT イニシアティブに対応できるよう、取り組んでいます。VMware のクラウド管理プラットフォームは、データセンターの運用の効率化と自動化、およびアプリケーションとインフラストラクチャの提供の自動化という、2 つの主な IT イニシアティブに対応するための、基盤となる管理機能を提供します。

IT の詳細情報

完全なクラウド管理ソリューション

クラウド管理プラットフォームを提供する VMware のアプローチでは、単一のソリューションによって導入初日とそれ以降の両方の運用に包括的に対応できます。自動化、運用、およびビジネス管理に関連するさまざまな要件に対処するための主要な機能を備えています。また、導入初日向けの機能によって、IT 部門は、コンピューティング、ストレージ、およびネットワーク インフラストラクチャに加えて、アプリケーション コンポーネントを含む、完全なサービス スタックを迅速にプロビジョニングできます。 それ以降は、適切なサイジングから運用終了までのすべてを含む、サービス スタックに対する変更を完全に管理できます。また、実行中のサービスに関連する QOS の要件にも完全に対応できます。 導入初日とそれ以降の両方の機能によって、IT 部門はハイブリッド IT 環境全体でサービスを管理できます。

(3:31)

完全なクラウド管理ソリューション

IT 運用を簡素化および自動化する方法をご確認ください

インフラストラクチャとアプリケーションの提供

今日の IT 部門にとって、アプリケーション開発チームによる開発期間の要件を満たすことは重要な懸念事項です。IT 部門は、アプリケーション、コンピューティング、ストレージ、ネットワークなどの、開発者に必要なリソースへの迅速なアクセスを提供する手段として、クラウドを構築または利用しています。vRealize クラウド管理プラットフォームの機能によって、IT 部門はクラウド間でサービスを迅速にプロビジョニングできるだけでなく、これらのサービスを、ライフサイクル全体を通して管理できます。IT 部門は、サービスが優れた信頼性と可用性を備え、運用とセキュリティの要件を満たすために必要な、ポリシーとプロセスの管理を維持しながら、ユーザーにセルフ サービス機能を提供できます。このようにして、開発期間の要件を満たすために必要な俊敏性と、運用の効率性の確保に必要な管理性および予測性を実現できます。

(3:38)

インフラストラクチャとアプリケーションの提供

VMware がどのようにアプリケーションとインフラストラクチャの提供を自動化しているのかをご確認ください

データセンター運用の効率化および自動化

IT 部門が管理するサーバの台数は、以前は数百台でしたが、仮想化テクノロジーの出現によって、オンプレミスとオフプレミスの両方の環境にわたって数万台にまで増加しました。運用部門は、この複雑さの増加と規模の拡大に効果的に対処する方法を模索しています。vRealize クラウド管理プラットフォームは、インテリジェントな運用を実現します。ハイブリッド環境全体において、アプリケーションからインフラストラクチャ全体 (コンピューティング、ストレージ、およびネットワーク) まですべてを管理するというニーズを満たすことができます。VMware は、パフォーマンスの管理、キャパシティの最適化、およびリアルタイムのログ分析を行う統合管理環境を提供しています。構造化されたデータと構造化されていないデータの両方を活用した予測分析により、プロアクティブに問題を回避し、迅速な問題解決を可能にします。

(3:22)

データセンター運用の効率化および自動化

VMware がどのように効率化および自動化されたデータセンターの運用を実現しているのかをご確認ください

製品 

vSphere with Operations Management

vSphere with Operations Management は、キャパシティ管理やパフォーマンス監視など、vRealize Operations の重要な機能を追加して、効率的なサーバ仮想化管理のために最適化された vSphere を提供します。

vCloud Suite

業界をリードする VMware の vSphere ハイパーバイザーと VMware vRealize Suite を、単一のパッケージへと統合しました。VMware の新しい Portable License Unit によって、vRealize Suite の機能を、vSphere のワークロード、vSphere 以外のワークロード、およびパブリック クラウドのワークロードの管理に容易に活用できます。

vRealize Suite

エンタープライズ対応のクラウド管理プラットフォームであり、異種混在のハイブリッド クラウドを管理するための業界で最も包括的なソリューションを提供します。vRealize Suite は Standard、Advanced、および Enterprise の 3 つのエディションで提供され、企業固有のニーズを満たすように設計されています。インテリジェントな運用や IT の自動化から、IaaS および DevOps のニーズに対応した IT 環境実現のユースケースにまで対応しています。

仮想化管理

VMware の仮想化管理ソリューションは、一貫した管理、インテリジェントな運用、組み込みの自動化などの機能を提供します。

仮想化管理の詳細情報