VMware のソリューションで Windows 10 の最新の管理を実現するメリット

クラウドからのリアルタイムの管理

クラウドネイティブな PC ライフサイクル管理により、あらゆるネットワーク内のすべての PC を可視化できます。単なる MDM にとどまらず、クラウドからの包括的な PC ワークロードの管理と自動化を提供し、Windows 10 のモダナイゼーションを加速させます。

IT 運用の簡素化

業界をリードする統合エンドポイント管理(UEM)により、エンドユーザー コンピューティング(EUC)のあらゆる要素(モバイル、デスクトップ、仮想、高耐久性、IoT などの各種デバイス)を広範にカバーするとともに、それらの個々のプラットフォームにおいて詳細な管理を実現します。

Windows のセキュリティの強化

ハードウェアからソフトウェアまで保護するエンタープライズクラスのセキュリティと、コンプライアンス確保のための自動修正機能により、あらゆるエンドポイントにおいて最新の脅威の侵入を阻止します。

従業員体験の向上

すべての業務アプリケーションとサービスを対象とする、最新の展開オプションとセルフサービス型のサービス カタログを提供することで、新規の従業員が場所を問わず勤務初日から業務開始できる環境を提供します。

展開方法の柔軟なオプション

優れた柔軟性により、あらゆるデバイスやクラウドに対して、場所を問わず Windows 10 をデスクトップ上でネイティブに提供したり、仮想インスタンス内で提供したりできます。

自動化と分析

インテリジェンスに基づくインサイト、高度なカスタマイズが可能な自動化機能、EUC の投資分野全体にまたがる IT オーケストレーション ワークフローにより、常にコンテキストが認識され、生産性を維持できます。

工場直送型オンボーディング

IT 部門による作業が不要で従業員がすぐに業務開始できる、より簡素化された PC セットアップが実現します。アプリケーションは工場で事前にインストール済みで、イメージ作成も不要のため、IT コストを削減しつつ従業員の生産性を勤務初日から確保することができます。

運用管理とセキュリティ

Win32 を含むあらゆるアプリケーションの包括的なライフサイクル管理が可能なうえ、サーバの設置が不要で、ピアツーピア配信も可能です。自動化されたきめ細かいコンプライアンス管理により、自動で迅速に修正を行えるほか、コンプライアンス レポート作成のためのセンサーを利用できます。

プロアクティブなサポート

クラウドベースのインテリジェンスにより日常的な IT タスクを簡素化し、従業員のデジタル体験をプロアクティブに改善できます。機密データの保護においてリモート サポート、ユーザーへのセルフサービス オプションの提供、ゼロタッチ リカバリを活用することで、ユーザーと IT 部門の作業時間を短縮できます。

最新の管理を実現するためのスマートな選択肢

従来型の管理と最新の管理の比較

従来型のアプローチを使用している IT 部門は、増加する分散した環境で働く従業員のサポートに苦戦しています。その理由は、旧式のシステムの様々な特性により迅速な対応が妨げられるためです。

インフォグラフィックで具体的なデータをお確かめのうえ、最新の管理への切り替えをぜひご検討ください。

最新の管理およびセキュリティを実現するための 3 段階のアプローチ

最新の管理に移行すれば、分散した環境で働く従業員をより簡単にサポートでき、段階的アプローチによってすぐにそのメリットを確認できます。このホワイトペーパーでは、次のような大小さまざまの目標を達成する方法をご紹介しています。

FAQ

これまで長い間、Windows のデスクトップとラップトップの管理では従来型の PC ライフサイクル管理(PCLM)の方法が取られていました。従来型の PCLM では、企業のインフラストラクチャにおいてオンプレミスで作業が行われており、本質的な制約があるとともに、IT 管理者の柔軟性と効率性にも制限が課されていました。最新の管理とは、Windows OS の管理プロセスにおける新しいアプローチであり、ポリシー、パッチ、アプリケーションをクラウドから配信することができます。

統合エンドポイント管理(UEM)を使用すると、IT スタッフは企業のリソースやアプリケーションを単一のコンソールからあらゆるデバイスに展開し、管理、保護できるようになります。UEM は、従来行われてきた PCLM と MDM の進化形と言えます。ダウンタイムだけでなくモバイル デバイスを使用してテレワークを行うユーザーが増加し、企業では IoT などの新しいテクノロジーの導入が進むなか、これらの環境を接続および保護するにあたって IT 部門が新たに直面している課題を解決するために、統合エンドポイント管理は進化を遂げています。

モバイル デバイス管理はすでに何年も前から、MDM ツールを使用してクラウドから行われています。最新の管理とは、同様の方法を Windows OS の管理プロセスに適用するアプローチであり、ポリシー、パッチ、アプリケーションのクラウドからの提供をサポートします。MDM とクラウドベースのシステムがもたらす効率性を活用できる、場所を問わないあらゆるネットワークでの Windows 管理が可能になります。高額なサーバやネットワーク インフラストラクチャの構築も不要です。

はい。Workspace ONE は、macOS、iOS、Android、Linux などほとんどのオペレーティング システムをサポートしており、デスクトップ、モバイル、高耐久性および IoT デバイスに対応しています。Workspace ONE では、OS を問わずあらゆるデバイスを単一の管理画面で管理できます。

概要

2021 年の Gartner Peer Insights は VMware を UEM 部門のカスタマーズ チョイスに認定

Gartner Peer Insights における、Workspace ONE に対するお客様からの評価をご紹介します。

Windows 10 の最新の管理に関する詳細情報

Workspace ONE

Windows 10 の最新の管理にご興味を持たれた方は、ほかのソリューションとは一線を画する、卓越したデジタルワークスペースを実現する製品の詳細をご覧ください。

あらゆる未来に対応する業務環境の実現に向けて

将来の変化に備えるためのガイダンスを用意しました。最新の管理への移行を開始することで、今後の新しい課題に備えることができます。

Workspace ONE を無償で試用する

Workspace ONE を無償でご試用いただけます。導入の支援が必要な場合は、VMware の担当者にお問い合わせください。

ご興味をお持ちの方は、今すぐお問い合わせください。