俊敏性に優れたセキュリティ戦略の実施

ゼロトラスト戦略を実装するには、バラバラになったチーム、プロセス、テクノロジーを適切に連携させる必要があります。分散した環境全体でセキュリティを統合的に管理するためには、リアルタイムのインテリジェンスが不可欠です。セキュリティを既存のインフラストラクチャに組み込むことで、つながり合った制御ポイントを通じて環境に関する信頼性の高いコンテキストを取得し、運用の複雑さを増すことなく攻撃対象領域を縮小できます。
ゼロトラストの制御ポイントをつなぐ

少数のツールでサイロのないゼロトラストを実装

ワークロード、ネットワーク、デバイス、ユーザーを対象とする本質的なセキュリティを確保して、アプリケーションやデータを保護できます。運用上のオーバーヘッドが少ないエンドツーエンドのセキュリティ体制を実現します。

自信を持って、適切なアクションを実施

迅速、正確、確実に必要な規模で対応

環境に関する信頼性の高いコンテキストと、容易に利用できるアクション可能な高価値の情報をもたらす脅威インテリジェンスを得られます。

セキュリティもアセットも俊敏に

組み込み型の分散サービスとしてセキュリティを提供

エージェントの数とネットワークのボトルネックの数を削減するとともに、場所を問わずアセットを保護するセキュリティを提供します。

Leading Change:Anywhere Workspace で信頼を構築する

シームレスで制約のないワークスペースの提供を担う皆様に最適な機会です。5 月 5 日~ 6 日のグローバル ローンチ イベントにぜひご参加ください。

ゼロトラストの制御ポイント

ユーザー

リスクベースの条件に基づいたアクセス、多要素認証、クラウドベースのゼロトラスト ネットワーク アクセスにより、アプリケーションとデータへのセキュアなアクセスを実現します。 

ワークロード

セキュリティの強化に役立つコンテキスト情報、NGAV、高度な脅威検知によって、あらゆる環境でリスクを軽減できます。エージェントを排除し、リスクベースで脆弱性に優先順位を付けて、簡素化を図ります。

デバイス

エンドポイントおよびデバイス全体にわたり、システムと振る舞いに基づいてリアルタイムでの脅威の警告と分析を行うことで、コンプライアンスとセキュリティを確保します。 

アプリケーションとデータ

暗号化、脆弱性スキャン、仮想パッチの適用、統一された DevSecOps により、あらゆるクラウドでアプリケーションとデータの整合性を確保します。

ネットワーク

場所を問わないあらゆるアプリケーションへの安全かつシームレスなアクセスを実現します。ラテラルムーブメントを防止し、アプリケーションとサービス間の通信に最小権限の原則を適用します。

ゼロトラスト セキュリティの VMware 製品

ビジネスの俊敏性を維持しながら、複雑さ、コスト、リスクを低減します。インフラストラクチャを相互接続して活用する製品により、環境全体でゼロトラストのセキュリティを一貫性のある方法で実現できます。

VMware Carbon Black Cloud Workload

ワークロード保護に特化した高度なセキュリティ

Workspace Security

デジタルワークスペースにおけるインサイト、アプリケーションの分析、自動化

VMware SASE Platform

場所を問わない、アプリケーションへの安全で信頼性の高いアクセスの提供

vSAN

フラッシュに最適化された vSphere ネイティブのストレージ

VMware Carbon Black Cloud Endpoint

クラウドネイティブなエンドポイントの保護

NSX Service-Defined Firewall

レイヤー 7 の内部ファイアウォール

CloudHealth Secure State

クラウド セキュリティに関するインサイトとコンプライアンス上のリスクのプロアクティブな管理

Tanzu Advanced

コンテナのセキュアでシンプルなライフサイクル管理を実現し、モダン アプリケーションの大規模なデリバリの加速を支援

関連リソース

ゼロトラストの実装手順

ゼロトラストの実装手順

快適な職場環境の構築など、ゼロトラスト セキュリティの導入に向けた VMware の取り組みをシニア セキュリティ エキスパートが詳しくご紹介します。 

ゼロトラスト モデルの採用によるファイアウォール戦略の再考

ゼロトラスト モデルの採用によるファイアウォール戦略の再考

企業がファイアウォール戦略を見直して、East-West ネットワーク トラフィックの保護に一層力を入れている理由をご覧ください。

 

導入に向けて