ライフサイクル ポリシー 

VMware は、サポートおよびサブスクリプションの利用条件に従い、新たなメジャー リリースの一般公開日から所定の年数にわたってサポートを提供します。

 

製品固有のポリシー

 

ジェネラル サポート フェーズ:12 か月
テクニカル ガイダンス フェーズ:なし
詳細
VMware Horizon Agents インストーラー お客様は、過去 12 か月以内にリリースされたバージョンの Horizon Agents インストーラーを実行する必要があります。変更管理の詳細は、VMware の相互運用性マトリックスHorizon Cloud サービス説明書のセクション 2.6 をご参照ください。
この製品には、VMware のテクニカル ガイダンスは提供されません。
ジェネラル サポート フェーズ:18 か月
テクニカル ガイダンス フェーズ:なし
詳細
VMware AirWatch Console
VMware Identity Manager
VMware は、この製品の各メジャー リリースおよびマイナー リリースの一般公開日から 18 か月間にわたってジェネラル サポートを提供します。機能パックには、対象となるメジャー リリースまたはマイナー リリースと同じジェネラル サポート終了日が継承されます。
この製品には、VMware のテクニカル ガイダンスは提供されません。
ジェネラル サポート フェーズ:18 か月
テクニカル ガイダンス フェーズ:ジェネラル サポート フェーズ終了後 1 年
詳細
VMware TrustPoint ジェネラル サポート フェーズの期間中、VMware は、その時点における最新リリースと、順次リリースされているうちのその直前のリリースを、その時点における最新リリースの一般公開日から最長 18 か月間にわたってサポートします。
ジェネラル サポート フェーズ:2 年
テクニカル ガイダンス フェーズ:ジェネラル サポート フェーズ終了後 1 年
詳細
VMware App Volumes -
VMware Horizon DaaS On Prem Platform
VMware Horizon DaaS Bundle
バグおよびセキュリティ問題への対応は、サポート対象メジャー バージョンのうち直近 2 つのマイナー リリースに対して行われます。
VMware User Environment Manager -
ジェネラル サポート フェーズ:3 年
テクニカル ガイダンス フェーズ:ジェネラル サポート フェーズ終了後 2 年
詳細
VMware Horizon Application Manager -
VMware Horizon FLEX Server -
VMware Horizon Mobile -
VMware Mirage -
VMware ThinApp -
ジェネラル サポート フェーズ:5 年
テクニカル ガイダンス フェーズ:ジェネラル サポート フェーズ終了後 2 年
詳細
VMware Horizon View(旧称 VMware View) サポート期間は、View Connection Server のリリースに対して規定されています。ほとんどの View Client は、バージョン管理や出荷が View Connection Server のリリースとは別途行われており、各 View Client が互換性を持つサーバ リリースの条件のみに基づいてサポートされます。あるサーバ リリースのジェネラル サポート フェーズ期間中は、既存クライアントの新しいバージョンについて、サポート対象であるサーバ リリースとの後方互換性が維持されます。ただし、新しいリリースで提供される機能は、旧バージョンを利用する場合にはサポートされませんのでご注意ください。これは、互換性を崩さないよう、もっとも古いバージョンの基本的な機能を維持するためです。

FAQ

エンタープライズ デスクトップ FAQ

View 4.6 のジェネラル サポートは延長されたのですか?

はい。1 つ前のライフサイクル ポリシーの下では、View 4(View 4.6 を含む)のジェネラル サポートは 2012 年 11 月(View 4.0 一般公開日の 3 年後)に終了すると規定されていました。その後、2012 年 7 月に発効したライフサイクル ポリシーが View 4 に対し遡って適用されたことにより、ジェネラル サポート フェーズが 2014 年 11 月まで延長されました。VMware は、この期間が終了するまで、必要に応じて 4.6.x メンテナンス リリースの提供を継続します。ジェネラル サポートの終了後は、現在のポリシーに基づきテクニカル ガイダンスが 2 年間提供されます。

View Client の修正やアップデートはどのような方法で配布されるのですか?

Client の重大なバグやセキュリティに関する修正は、最新バージョンの Client に対するアップデートの形でのみ提供されます。一部の Client は、デバイス固有のアプリケーション ストア経由でのみ提供されることから、そのようなデバイスでは旧バージョンの Client に対するメンテナンスの提供が不可能であることにご注意ください。

新しいクライアント リリースの機能は、旧バージョンのサーバでもすべて利用できますか?

いいえ。既存のクライアントが新バージョンにアップデートされた場合、ジェネラル サポート フェーズが続いている古いサーバ バージョンとの互換性が維持されます。ただし、接続先が古いサーバである場合、新しいクライアントの機能は無効化されることがあります。たとえば、VMware View 5.1 の提供期間中にクライアントがアップデートされた場合、そのクライアントは VMware View 4.6 のサーバに接続しても機能しますが、VMware View 5.1 に新しく導入された機能がそのクライアントで利用できるとは限りません。

新しいタイプのクライアントが最初に提供されるとき、旧バージョンのサーバとの互換性は確保されますか?

新しいタイプのクライアントについて、サーバとの後方互換性を確保するかどうかは VMware の裁量で決定されます。まったく新しいタイプのクライアントが新たにリリースされるとき、そのクライアントは、出荷されている最新バージョンのサーバとの互換性を備えたものとなります。その新しいクライアントが、以前にリリースされたサーバでの利用についてもサポートされるとは限りません。たとえば、まったく新しいタイプのタブレット デバイス(iOS ベースでも Android ベースでもないもの)がハードウェア ベンダーから発売されるとします。このデバイス向けの新しいクライアント タイプを VMware View 5.1 の提供期間中に開発する場合、VMware は VMware View 5.1 との互換性を確保しますが、VMware View 5.0 や VMware View 4.6 との互換性も確保するとは限りません。

新しいマイナー リリースが登場した後、1 つ前のバージョンに対するアップデートの提供はいつまで継続されますか?

ジェネラル サポート フェーズの期間中で、最新マイナー リリース バージョンの一般公開日から 60 日以上が経過している場合、サーバへのアクセス、ゲスト OS のアップデート、バグ修正、セキュリティ修正は、当該マイナー リリースへのソフトウェア アップデートが必要となります。たとえば、VMware View 5.1 の提供開始から 60 日以上経過した後で VMware View 5.0 に重大なバグが見つかった場合、そのバグに対する対策を行うには、VMware View 5.1 またはそれ以降の 5.1.x メンテナンス リリースへのアップデートを適用する必要があります。

メジャー リリースのジェネラル サポートが終了すると、そのメジャー リリースに関連するマイナー リリースやメンテナンス リリースにはどのような影響がありますか?

メジャー リリースのジェネラル サポートが終了すると、そのメジャー リリースのファミリーに属するすべてのマイナー リリースやメンテナンス リリースについても、ジェネラル サポートが終了します。たとえば、2009 年 11 月にリリースされた VMware View 4.0 の場合を考えてみましょう。VMware View 4 ファミリーのジェネラル サポートは、本ポリシーに基づいて 2014 年 11 月に終了します。2012 年 7 月以降も、重大なバグやセキュリティ問題に対応する VMware View 4.6.x メンテナンス リリースが引き続き提供される可能性があります。ただし、2014 年 11 月以降は、VMware View 4 ファミリー全体がジェネラル サポート期間から 2 年間のテクニカル ガイダンス期間に移行します。これにより、VMware View 4.6.x のメンテナンス リリースや 4.6.x に由来するホット パッチが新たに提供されることはなくなります。