VMware ACE バージョン 2.7 | 2010 年 5 月 25 日 | Build 261024

ドキュメント最終更新日:2010 年 6 月 1 日

これらのリリース ノートへの追加や更新を頻繁に確認してください。
これらのリリース ノートの内容は以下のとおりです。

新機能

このリリースの VMware ACE では、以下の新しい機能とサポートが追加されています。

32 ビットおよび 64 ビット オペレーティング システムの新規サポート

このリリースでサポートされるホスト OS およびゲスト OS は以下のとおりです。

オペレーティング システム

ホストおよびゲストのサポート

Ubuntu 8.04.4 ホストおよびゲスト
Ubuntu 10.04 ホストおよびゲスト
OpenSUSE 11.2 ホストおよびゲスト
Red Hat Enterprise Linux 5.5 ホストおよびゲスト
Fedora 12 ゲスト
Debian 5.0.4 ゲスト
Mandriva 2009.1 ゲスト

VMware ACE の新機能

  • Windows 7 および Windows Vista ゲストでの OpenGL 2.1 のサポート 仮想マシンでグラフィックス ベースのアプリケーションを実行する能力が向上します。
  • 向上したグラフィックス パフォーマンス Windows 7 および Windows Vista ゲストでのベンチマーク、フレーム レート、およびレンダリングの向上によりパフォーマンスが向上し、グラフィックス ベースのさまざまなアプリケーションを実行できるようになりました。また、ビデオ再生に関する大きな機能強化により、高解像度のビデオを仮想マシンで再生できるようになりました。
  • ソフトウェアの自動更新 VMware Tools をダウンロードおよびインストールし、メンテナンス リリースの更新がある場合に受け取ります。
  • 8 ウェイ SMP のサポート 最大で合計 8 個のプロセッサ コアを備える仮想マシンを作成して実行できます。
  • 2TB の仮想ディスクのサポート 仮想ディスクおよび Raw ディスクの最大サイズが、950GB から 2TB に増えました。
  • 暗号化の強化 VMware Workstation では Intel の Advanced Encryption Standard 命令セット (AES-NI) がサポートされ、仮想マシンを暗号化および復号化するときのパフォーマンスが向上しており、新しいプロセッサでは暗号化された仮想マシンへの実行時アクセスが高速化されています。
  • メモリ管理 ユーザー インターフェイスの改良により、拡大された仮想メモリ容量の取り扱いが簡単になりました。
  • ユーザー エクスペリエンス改善プログラム ユーザー エクスペリエンス改善プログラムに参加して、製品の今後のバージョンでの向上に協力してください。プログラムへの参加は任意であり、いつでも参加を取りやめることができます。ユーザー エクスペリエンス改善プログラムに参加すると、ユーザーのコンピューターから VMware に匿名情報が送信されます。この情報には、製品の構成、使用状況およびパフォーマンスのデータ、仮想マシンの構成、使用状況およびパフォーマンスのデータ、ホスト システムの仕様と構成などが含まれます。

    ユーザー エクスペリエンス改善プログラムでは、ユーザーの身元がわかったり、ユーザーに連絡したりできるようなユーザーの氏名、住所、電話番号、電子メール アドレスなどの個人データは 収集されません。VMware に送信されるのは、製品のライセンス キーや MAC アドレスなどの、ユーザーを識別できないデータです。収集されるデータには、ユーザーの IP アドレスは含まれません。

    ユーザー エクスペリエンス改善プログラムの詳細については、インストールの間に、または VMware Workstation の [ 環境設定] メニューから、[ 詳しい情報] リンクをクリックしてください。

既知の問題

VMware Workstation 7.1 リリース ノート』に記載されている既知の問題は、VMware ACE にも適用されます。