VMware Fusion 3.0.2 | 2010 年 2 月 18 日 | ビルド 232708

最終更新日:2010 年 2 月 10 日


リリース ノートの内容は次のとおりです。

新機能

VMware Fusion 3.0.2 は VMware Fusion 3 のメンテナンス リリースです。これは VMware Fusion 3 のすべての顧客向けの無料アップグレードで、以下の修正が行われています。

最新リリースの Mac OS X 10.6 Server(Snow Leopard)を仮想マシンで実行できるように、問題が修正されました。


以前のリリースの VMware Fusion 3

以前のリリースの VMware Fusion 3 の機能は、各リリースのリリース ノートに既存の既知の問題と一緒に記載されています。リリース ノートには、システム要件とインストールについての情報も記載されています。以前のリリースの VMware Fusion 3 のリリース ノートを表示するには、以下のリンクをクリックしてください。

ページのトップへ

解決された問題

このリリースでは次の問題が解決されています。

  • Mac OS X Server オペレーティング システムへ変更する際に、VMware Fusion が仮想マシンの電源を管理する方法を変更する必要があります。
    このリリースによって、Mac OS X Server Snow Leopard の今後のリリースを仮想マシン内のゲスト OS として引き続きサポートできるように、VMware Fusion が変更されます。

VMware Fusion の既知の問題

VMware Fusion 3.0.2 では以下の既知の問題があります。

  • 他社製アプリケーションによって、仮想マシン内でのマウスとキーボードの動作が干渉される場合があります。
    Apple 以外の製造元から提供されるソフトウェアのうち、入力デバイスに機能を追加するソフトウェアが、VMware Fusion によるハードウェアの仮想化と競合する場合があります。その場合、仮想マシンの内部でマウスやキーボードが正常に機能しなくなることがあります。

    回避策:他社製のマウスおよびキーボードのアドオン ソフトウェアをアンインストールするか無効にしてください。
  • 仮想マシン内の 3D アプリケーションが原因で、Mac OS X 10.5 Leopard が動作する Mac が応答しなくなる場合があります。
    Mac OS X 10.5 と NVIDIA GeForce 9400M + 9600M GT チップセットが搭載されている Mac 上の VMware Fusion で、一部のビデオ ゲームやその他の3D アプリケーションを実行すると、Mac が応答しなくなることがあります。

    回避策:原因になっている問題は Mac OS X 10.6 Snow Leopard で修正されています。NVIDIA ハードウェアが搭載されている Mac 上の仮想マシン内で 3D アプリケーションを使用する場合は、Snow Leopard にアップグレードしてください。

ページのトップへ