VMware Fusion 4.1.3 | 2012 年 6 月 13 日 | ビルド 730298

最終アップデート:2012 年 6 月 13 日

リリース ノートの内容は次のとおりです。

新機能

VMware Fusion 4.1.3 はメンテナンス リリースであり、いくつかの既知の問題が 解決されています。すべての VMware Fusion 4 ユーザーは無料でアップグレードいただけます。

以前のリリースの VMware Fusion 4

以前のリリースの VMware Fusion の機能は、各リリースのリリース ノートに既存の既知の問題と一緒に記載されています。さらに、このリリース ノートには システム要件とインストールについての情報が含まれます。以前のリリースの VMware Fusion 4 のリリース ノートについては、次のリンクをクリックしてください。

解決した問題

このリリースでは、次の問題が解決されています。

全般的な問題

  • Mac OS X の未リリース版で中断が発生する問題が解決しました。
  • 一部の OpenSUSE 仮想マシンで VMware Tools を起動した時のレース コンディションが解決しました。

セキュリティ問題

  • VMware ホストのチェックポイント ファイル メモリの損傷
    チェックポイント ファイルのロード時に入力データが正しく検証されませんでした。この問題によって、特に作成されたチェックポイント ファイルをロードできる 攻撃者がホストで任意のコードを実行することを可能にしていました。
    CVE(Common Vulnerabilities and Exposures)プロジェクト( cve.mitre.org)では、この問題に CVE-2012-3288 という名前が割り当てられています。
  • VMware フロッピー デバイスのアウト オブ バウンズ メモリの書き込み。
    仮想フロッピー構成の不具合のため、アウト オブ バウンド メモリの書き込みを実行することが可能でした。この 脆弱性のため、ゲスト ユーザが VMX プロセスをクラッシュさせたり、ホストでコードを実行することが可能でした。
    CVE(Common Vulnerabilities and Exposures)プロジェクト( cve.mitre.org)では、この問題に CVE-2012-2449 という名前が割り当てられています。

VMware Security Advisory VMSA-2012-0009 および VMware Security Advisory VMSA-2012-0011 に、これらの解決された問題の回避策および軽減策が記載されています。

ページのトップへ

既知の問題

以下の問題が VMware Fusion 4.1.3 で発生する場合があります。 以前のリリースの VMware Fusion 4 の既知の問題も VMware Fusion 4.1.3 に適用される場合があります。

  • ATI Radeon HD 3870 GPU が装備されているホストを使用して VMware Fusion の Windows XP ゲストで 3DMark06 を実行している場合、仮想マシンがディープ フリーズのテスト中に応答しなくなります。
    回避策: ありません。

ページのトップへ