VMware Player 4.0.1 | 2011 年 11 月 17 日 | ビルド 528992

最終更新日:2011 年 11 月 17 日

これらのリリース ノートへの追加や更新を確認してください。

これらのリリース ノートの内容は以下のとおりです。

新機能

VMware Player 4.0.1 は、すべての VMware Player 4 ユーザーのための無償アップデートです。VMware Player 4.0.1 の特長は、 次のとおりです。

  • グラフィック パフォーマンスと互換性を改良しました。
  • Ubuntu 11.10 がゲスト OS として公式にサポートされるようになりました。
  • ディスクとメモリ管理の問題が解決されました。
  • お客様から報告された問題の多くが解決されています。

VMware Player の以前のリリース

VMware Player の以前のリリースからの既知の問題については、各リリースのリリースノートで説明されています。VMware Player の以前のリリースのリリースノートを確認するには、 VMware Player 4を参照してください。

解決された問題

次の問題は、VMware Player 4.0.1 で修正されています。

  • 仮想マシンをパワーオン後、Windows 7 のゲスト インストールをしようとすると、次のエラー メッセージが表示されてインストールが失敗しました: A required CD/DVD drive device driver is missing. If you have a driver floppy disk, CD, DVD, or USB flash drive, please insert it now (必要な CD/DVD ドライブのデバイス ドライバが見つかりません。ドライバが入ったフロッピー ディスク、CD、DVD または USB フラッシュ ドライブがあれば、挿入してください)。
  • 次のエラー メッセージが表示されて VMware Tools が失敗しました: VMware Tools unrecoverable error (VMware Tools に回復不能なエラーが発生しました)
  • VMware Tools で Fedora 15 ゲストを起動できませんでした。
  • VMware Tools をインストールまたはアップグレードすると、シグナル 11 エラーが発生して Ubuntu 11.10 ゲストがクラッシュしました。
  • Nvidia GeForce または Quadro ビデオ カードを装備しているホストで、 Unigine Heaven Benchmark アプリケーションの一部のクラウドが真っ黒に表示されました。
  • Ubuntu 11.10 では簡易インストール機能が正常に動作しませんでした。
  • Ubuntu 11.10 ゲストでの VMware Tools のインストール中に、CD/DVD のマウント ファイル Linux.iso がマウントできませんでした。
  • ホストとゲストのキーボードが両方とも AltGr キーが含まれるレイアウトに設定されていた場合、Ubuntu ゲストではユニティ モードで AltGr キーが機能しませんでした。

ページのトップへ

既知の問題

既知の問題は以下のように分類されます。

VMware Tools の問題

  • Workstation 8.0 または Player 4.0 にアップグレードした後、Workstation 2011 Beta 上で Windows Vista の仮想マシンを作成し、VMware Tools をアップデートしようとすると( [VM] > [VMware Tools のアップデート])、「vmware-update-agent.exe has stopped working (vmware-update-agent.exe は動作を停止しました)」という警告メッセージが表示されます。ただし、VMware Tools は正常にアップグレードされます。
    対処法:この警告メッセージが表示されないようにするには、Windows Vista [プログラムと機能の一覧] から VMware Update Agent を削除してください。

表示と入力の問題

  • Fedora 15 ホストで、DirectX 9 グラフィックス アクセラレーションが有効になった仮想マシンをパワー オンすると、「Unable to change virtual machine power state: Cannot find a valid peer process to connect to (仮想マシンの電源状態を変更できません: 接続先の有効なピア プロセスが見つかりません)」というエラーメッセージが表示され失敗します。
    対処法: [3D グラフィックスのアクセラレーション] 設定 ( [VM] > [設定] > [ハードウェア] > [ディスプレイ]) を無効にして、仮想マシンの DirectX 9 グラフィックス アクセラレーションを無効にしてください。
  • Ubuntu 11.04 ゲストでユニティ モードに入ると、ユニティ モードに入る前に開いていたアプリケーションのアプリケーション メニューが表示されません。ユニティ モードに入ってからユニティ起動メニューから開いたアプリケーションについては、アプリケーション メニューが正常に表示されます。
    対処法:Ubuntu 11.04 ゲストの APPMENU (グローバル メニュー) を無効にしてください。詳細は、Ubuntu のマニュアルを参照してください。

デバイスの問題

  • Windows ホストで、コンソールが表示される前に [取外し可能デバイス] メニューの [接続] または [切断] をクリックすると、Player がクラッシュします。

ページのトップへ