VMware Player 5.0 | 2012 年 8 月 23 日 | ビルド 812388

最終更新日:2012 年 8 月 23 日

これらのリリース ノートへの追加や更新を確認してください。

これらのリリース ノートの内容は次のとおりです。

新機能

このリリースの VMware Player では、次の新機能とサポートが追加されています。

Windows ベースの VMware Player におけるユーザー インターフェイスの改善

VMware Player のユーザー インターフェイスは、抜本的に改善されています。 新しいユーザー インターフェイスは Windows の標準に適合しており、メニューは更新され、ツールバーは通常モードおよびフル スクリーン モードの Workstation に合致するものになり、新しいデバイス アイコンも追加されるなど、さまざまな改善が施されました。

仮想ハードウェアの改良

このバージョンの VMware Player には、Workstation での仮想ハードウェアの改良と同じ改良が含まれています。 「 VMware Workstation 9.0 リリース ノート」 を参照してください。新しいハードウェア機能を試すには、仮想マシンのハードウェア バージョンをアップグレードするか、最新の仮想ハードウェア バージョンを使用する仮想マシンを新しく作成する必要があります。

営利目的の使用

また、VMware Player を営利目的に使用できるようになりました。 VMware Player 5 の商用ライセンスは VMware Fusion 5 Professional に含まれており、お客様は 1 つのライセンス キーを使用して、Windows、Linux のPC 、および Mac で仮想マシンを実行できます。

ネットワーク アダプタの構成

以前のスタンドアロン バージョンの VMware Player では、どのアダプタを仮想マシンに対して使用するかを選択する方法はありませんでした。 スタンドアロンの VMware Player では、メニュー バーから [VM] > [設定] > [ネットワーク] を選択し、「ブリッジ」 のとなりにある 「アダプタの構成」 ボタンを使用します。

管理者権限がない状態で VMware Player を起動した場合、このボタンによって UAC シールドが表示されます。 ボタンをクリックして、UAC プロンプトに対処可能です。 このボタンは、どのアダプタが自動ブリッジで使えるかを指定するダイアログ ボックスを表示します。 これは Workstation で現在使用されているダイアログ ボックスと同じで、Virtual Network Editor では、[ブリッジ] > [自動設定] 以下にあります。

インストール要件

VMware Player のインストール時、インストーラによって、ホスト システムが次の要件を満たすプロセッサを搭載しているかどうかが確認されます。 ホスト システムがこれらの要件を満たしていない場合は、VMware Player をインストールすることはできません。

  • 64 ビット x86 CPU
  • LAHF/SAHF のロング モードでのサポート

CPU-Z または類似のユーティリティを使用して、ホスト システムの CPU が 64 ビット対応かどうかを判定できます。 CPU-Z では、プロセッサが 64 ビット対応の場合、EM64T (Intel) または AMD64 (AMD) と表示されます。

仮想マシンに 64 ビット ゲスト オペレーティング システムをインストールする予定の場合、ホスト システムには以下のいずれかのプロセッサが必要になります。 ホスト システムに次のいずれかのプロセッサがない場合、VMware Player では 64 ビット ゲスト オペレーティング システムをインストールできません。

  • ロング モードでのセグメント制限をサポートしている AMD 製 CPU。
  • VT-x をサポートしている Intel 製 CPU。 ホスト システムの BIOS で VT-x サポートが有効になっている必要があります。 VT-x のサポートを有効にするために必要な BIOS 設定は、システム ベンダーによって異なります。 VT-x サポートが有効になっているかどうかを確認する方法については、 VMware KB の記事 1003944 を参照してください。

ページのトップへ