VMware Infrastructure 3 リリース ノート

本リリース ノートに対する追加情報およびアップデートを適宜確認してください。

VMware ESXバージョン 3.0.1 | 2006年10月02日 | ビルド32039

VirtualCenter バージョン 2.0.1 | 2006年10月02日 | ビルド32344_JA

最新アップデート : 10/24/06

リリース ノートの内容

リリース ノートには、次のトピックが含まれています。

新機能

このリリースのVMware Infrastructureは、VMware ESXおよびVirtualCenterが含まれており、以下の強化機能を提供しています。

  • 64ビット ゲスト オペレ-ティング システムをサポート。詳細については、『 Systems Compatibility Guide For VMware ESX 3.x』を参照してください。
  • Virtual Infrastructure 2からVMware Infrastructure 3へのアップグレード サポートの充実。 詳細については、『 インストールおよびアップグレード ガイド』を参照してください。
  • アップグレード導入用の esxupdateユーティリティのサポート。詳細については、『 インストールおよびアップグレード ガイド』を参照してください。
  • AMD Opteron 2000/8000およびIntel Xeon 7100 (コード ネームはTulsa)シリーズのプロセッサをベースとするサーバのサポート。
  • QLogic QLA 4050/4052ハードウェアiSCSI HBAのサポート。このリリースノートの発行時には、まだテストおよび認定が完了していないため、最新のサポート状況については、『 I/O Compatibility Guide For VMware ESX 3.x』および『 Storage/SAN Compatibility Guide For VMware ESX 3.x』を参照してください。
  • EqualLogic PS300およびNetApp FAS3000などのiSCSIアレイのサポート。
  • Windows XP仮想マシンでのSymmetric Multiprocessing (SMP)のサポート。
  • VMware ESX 3.0およびVirtualCenter 2.0に関連する重大なバグの修正。
  • ドイツ語版および日本語版のリリース。

    注:VMware Infrastructure のテクニカル サポートについては、現在は英語でのサポートとなります。ドイツ語、および日本語でのエンジニアによるサポートは、VMware Global Support Services より、現地サポートセンターの営業時間内であれば利用可能です。また、英語以外の言語でのサポートは、VMware のパートナーよりご利用いただけます。詳細については、 VMware Support Offerings を参照してください。

始める前に

VMware ESX、VirtualCenter、およびGSX Serverの互換性

このリリースでは、次に示すバージョンのサーバが必要、またはこれらとともに機能します。

 VirtualCenterのバージョン  VMware ESXのバージョン  GSX Serverのバージョン  VMware Serverのバージョン

2.0.1

2.0.1、2.1.x、2.5.x、3.0、3.0.1

 

 

2.0

2.0.1、2.1.x、2.5.x、3.0

 

 

1.4

2.0.1、2.0.2、2.1.x、2.5.x

3.1、3.2

1.0

1.3、1.3.1

2.0.1、2.1、2.1.1、2.1.2、2.5.x

3.1、3.2

 

1.2

2.0.1、2.1、2.1.1、2.1.2、2.5.0、2.5.1

3.1、3.2

 

1.1

2.0.1、2.1、2.1.1

3.1

 

1.0.1

2.0.1、2.1

 

 

1.0

2.0.1

 

 

<!--Doc bug# 120113-->

VMware ESXと管理エージェントの互換性

管理エージェントの互換性に関する最新情報については、『 Systems Compatibility Guide For VMware ESX 3.x』を参照してください。

追加情報

追加情報については、次の情報源を使用してください。

  • SDKドキュメント パッケージが更新されています。詳細については、 「VMware Infrastructure SDK」ページを参照してください。 </L>
  • Windows 2000は、Service Pack 4 Rollup 1にアップデートする必要があります(このRollupは、 www.microsoft.com/windows2000/server/evaluation/news/bulletins/rollup.mspxからダウンロードできます)。詳細については、 support.microsoft.com/kb/816542/を参照してください。VirtualCenterサーバが正常に機能するには、この修正が不可欠です。
  • サード パーティ製のソフトウェア、および新しいVMwareサービス コンソールのファイアウォールについては、 KB 2143を参照してください。

このリリースのインストールに関する情報

VMware Infrastructure 3へのアップグレードまたは移行

このリリースは、VMware ESX 2.xおよびVirtualCenter 1.xから、VMware ESX 3.xおよびVirtualCenter 2.xを含むVMware Infrastructure 3へのアップグレードをサポートしています。アップグレードの詳細な手順とガイドラインについては、『 インストールおよびアップグレード ガイド』を必ずお読みください。

VMware ESX 3.0.1およびVirtualCenter 2.0.1の既知の問題

既知の問題は、次のように分類されています。

インストール

 

アップグレードに関する問題

バックアップに関する問題

サーバ構成に関する問題

 

VirtualCenter、VIクライアント、およびWeb Accessに関する問題

仮想マシンの管理上の問題

ゲスト オペレーティング システムに関する問題

その他の問題

 

<h2VMware ESX 3.0およびVirtualCenter 2.0の既知の問題</h2>

このリリースのセキュリティ警告

VMware製品のセキュリティ警告については、 KB 1107を参照してください。

既知の問題は、次のように分類されています。

インストール

 

アップグレードに関する問題

セキュリティ

ライセンス

VMware Consolidated Backup(VCB)に関する問題

サーバ構成に関する問題

 

ネットワーク

 

ストレージ

VirtualCenter、VIクライアント、およびWeb Accessに関する問題

仮想マシンの管理上の問題

ゲスト オペレーティング システム

『ゲストOSインストールガイド』の最新版は次のリンクに従って参照できます。 HTML | PDF | PDF(日本語)

その他の問題

 

修正済みの問題

ここでは、Virtual Infrastructure 3.0の既知の問題であったが、このバージョンで修正された問題を示します。

インストールに関する問題

アップグレードに関する問題

ライセンス

VMware Consolidated Backup(VCB)に関する問題

サーバ構成に関する問題

 

ネットワーク

 

ストレージ

VirtualCenter、VIクライアント、およびWeb Accessに関する問題

仮想マシンの管理上の問題

ゲスト オペレーティング システム

 

その他の問題

 

ローカライズに関する問題

  • VMware ESXコンソールで、また、esxtopコマンドの使用時に、ASCII以外の文字を表示できない。コンソールでUTF-8の文字を取り扱えない。

  • 回避策:すべての仮想マシン名および設定に、ASCII文字を使用してください。または、UTF-8の文字を表示する構成が可能な端末を使用してください。
  • [日本語のみ] 仮想スイッチ名では、すべての日本語の文字を正しく取り扱えない。

  • 回避策:仮想スイッチ名には、すべてASCII文字を使用してください。
  • Guest Customization Wizard で「会社名」「ユーザ名」に日本語を入力すると、ウィザード終了後のデプロイメントタスクが失敗する。

  • 回避策:会社名、ユーザー名は英語にて入力し、VMデプロイ後に日本語名に変更してください。
  • アラーム名を日本語にするとエラーが発生し、その後作成した仮想マシンは電源を入れられなくなる。

  • 回避策:デフォルトで作成されているアラームを編集しないで下さい。また新規で作成するアラーム名は英語を用いて下さい。
  • 日本語VirtualCenter環境にて、クラスター・リソースプール・仮想マシン名等を日本語で作成すると、DRS を構築する際に新しい仮想マシンを作成できない場合がある。

  • 回避策:クラスター・リソースプール・仮想マシン名は英語で作成してください。
  • データストア名に日本語を入れた状態で VC のサービスを再起動するとデータストア名の最後の一文字が消えてしまう場合がある。

  • 回避策:データストア名は、英語で入力してください。
  • 日本語VirtualCenterから送出されるアラーム名が日本語になっている。

  • 回避策:英語版VirtualCenterにてアラームを取得しているアプリケーションをお持ちの場合は、英語版VirtualCenterを継続利用してください。
  • 仮想マシン名、データセンター、クラスター、リソースプール名に日本語がある場合、VCBで取得したバックアップデータのリストアが出来ない場合がある。

  • 回避策:上記名称を英語で記述してください。
 
VMware Infrastructure 3 リリース ノート 本リリース ノートに対する追加情報およびアップデートを適宜確認してください。 VMware ESXバージョン 3.0.1 | 2006年10月02日 | ビルド32039 VirtualCenter バージョン 2.0.1 | 2006年10月02日 | ビルド32344_JA 最新アップデート : 10/24/06 リリース ノートの内容 リリース ノートには、次のトピックが含まれています。 新機能 始める前に このリリースのインストールに関する情報 VMware Infrastructure 3へのアップグレードまたは移行 VMware ESX 3.0.1およびVirtualCenter 2.0.1の既知の問題 VMware ESX 3.0およびVirtualCenter 2.0の既知の問題 修正済みの問題 ローカライズに関する問題 新機能 このリリースのVMware Infrastructureは、VMware ESXおよびVirtualCenterが含まれており、以下の強化機能を提供しています。 64ビット ゲスト オペレ-ティング システムをサポート。詳細については、『 Systems Compatibility Guide For VMware ESX 3.x』を参照してください。 Virtual Infrastructure 2からVMware Infrastructure 3へのアップグレード サポートの充実。 詳細については、『 インストールおよびアップグレード ガイド』を参照してください。 アップグレード導入用の esxupdateユーティリティのサポート。詳細については、『 インストールおよびアップグレード ガイド』を参照してください。 AMD Opteron 2000/8000およびIntel Xeon 7100 (コード ネームはTulsa)シリーズのプロセッサをベースとするサーバのサポート。 QLogic QLA 4050/4052ハードウェアiSCSI HBAのサポート。このリリースノートの発行時には、まだテストおよび認定が完了していないため、最新のサポート状況については、『 I/O Compatibility Guide For VMware ESX 3.x』および『 Storage/SAN Compatibility Guide For VMware ESX 3.x』を参照してください。 EqualLogic PS300およびNetApp FAS3000などのiSCSIアレイのサポート。 Windows XP仮想マシンでのSymmetric Multiprocessing (SMP)のサポート。 VMware ESX 3.0およびVirtualCenter 2.0に関連する重大なバグの修正。 ドイツ語版および日本語版のリリース。 注:VMware Infrastructure のテクニカル サポートについては、現在は英語でのサポートとなります。ドイツ語、および日本語でのエンジニアによるサポートは、VMware Global Support Services より、現地サポートセンターの営業時間内であれば利用可能です。また、英語以外の言語でのサポートは、VMware のパートナーよりご利用いただけます。詳細については、 VMware Support Offerings を参照してください。 始める前に VMware ESX、VirtualCenter、およびGSX Serverの互換性 このリリースでは、次に示すバージョンのサーバが必要、またはこれらとともに機能します。  VirtualCenterのバージョン  VMware ESXのバージョン  GSX Serverのバージョン  VMware Serverのバージョン 2.0.1 2.0.1、2.1.x、2.5.x、3.0、3.0.1     2.0 2.0.1、2.1.x、2.5.x、3.0     1.4 2.0.1、2.0.2、2.1.x、2.5.x 3.1、3.2 1.0 1.3、1.3.1 2.0.1、2.1、2.1.1、2.1.2、2.5.x 3.1、3.2   1.2 2.0.1、2.1、2.1.1、2.1.2、2.5.0、2.5.1 3.1、3.2   1.1 2.0.1、2.1、2.1.1 3.1   1.0.1 2.0.1、2.1     1.0 2.0.1     VMware ESXと管理エージェントの互換性 管理エージェントの互換性に関する最新情報については、『 Systems Compatibility Guide For VMware ESX 3.x』を参照してください。 追加情報 追加情報については、次の情報源を使用してください。 SDKドキュメント パッケージが更新されています。詳細については、 「VMware Infrastructure SDK」ページを参照してください。 Windows 2000は、Service Pack 4 Rollup 1にアップデートする必要があります(このRollupは、 www.microsoft.com/windows2000/server/evaluation/news/bulletins/rollup.mspxからダウンロードできます)。詳細については、 support.microsoft.com/kb/816542/を参照してください。VirtualCenterサーバが正常に機能するには、この修正が不可欠です。 サード パーティ製のソフトウェア、および新しいVMwareサービス コンソールのファイアウォールについては、 KB 2143を参照してください。 このリリースのインストールに関する情報 このソフトウェアをインストールする前に、『VMware ESX互換性ガイド』を参照してください。お使いのサーバ、I/O、ストレージ、ゲスト オペレーティング システム、管理エージェント、バックアップ ソフトウェアに互換性があるかどうかを確認することは重要です。これらのガイドには、このリリースに関する最低要件と拡張制限も記載されています。次のリンクをクリックすると、ドキュメントを参照できます。 『Systems Compatibility Guide For VMware ESX 3.x』 『I/O Compatibility Guide For VMware ESX 3.x』 『Storage / SAN Compatibility Guide For VMware ESX 3.x』 『Backup Software Compatibility for VMware ESX 3.x』 VMware ESXおよびVirtualCenterをインストールして構成する際は、『 インストールおよびアップグレード ガイド』を必ずお読みください。このドキュメントでは、その方法について順を追って説明しています。 インストール手順は単純ですが、そのあとでいくつかの構成作業を行う必要があります。特に、次の項目をお読みください。 『 インストールおよびアップグレード ガイド』の「ライセンス」 『 サーバ構成ガイド』の「ネットワーク」 『 サーバ構成ガイド』の「セキュリティ」(ファイアウォール ポートに関する記述) 既存のVMware ESX(およびVirtualCenter環境を)アップグレードしている場合、『 インストールおよびアップグレード ガイド』の「アップグレード」の章をよくお読みください。 VMware Infrastructure 3へのアップグレードまたは移行 このリリースは、VMware ESX 2.xおよびVirtualCenter 1.xから、VMware ESX 3.xおよびVirtualCenter 2.xを含むVMware Infrastructure 3へのアップグレードをサポートしています。アップグレードの詳細な手順とガイドラインについては、『 インストールおよびアップグレード ガイド』を必ずお読みください。 VMware ESX 3.0.1およびVirtualCenter 2.0.1の既知の問題 既知の問題は、次のように分類されています。 インストールに関する問題 アップグレードに関する問題 バックアップに関する問題 サーバ構成に関する問題 VirtualCenter、VIクライアント、およびWeb Accessに関する問題 仮想マシンの管理上の問題 ゲスト オペレーティング システムに関する問題 その他の問題 インストール   ccissドライバを使用するSCSIコントローラへのVMware ESX 3.0.1のスクリプト インストールで、VMFS3ボリュームが正しく作成されない場合がある(KB 8577703) VMware ESXのインストール時に、一部のUSBデバイスに障害が生じる(KB 3655619) ルートのパーティションを100GB以上に指定すると、VMware ESXのインストールに失敗する(KB 3950560) ストレージ コントローラがLUNの回復不能エラーを返す場合に、VMware ESXインストーラが、VMFSファイル システムをフォーマットできない(KB 1476874) スクリプト インストール時に、キーボードと言語を選択するよう要求される(KB 7997330) ライセンス サーバによってログ データが、ユーザー ディレクトリに書き込まれる (KB 8019937) アップグレードに関する問題 レガシーGSX Serverまたはワークステーション テンプレートのアップグレードを行うとエラー メッセージが表示される(KB 9889961) 新規 VMotionを使用する移行アップグレードは、特定のバージョンのESX Server 2.xからの場合のみサポートされる(KB 8479101) 新規 ESX Server 2.xシステムにあるレガシー仮想マシンのハードウェアをアップグレードするのに、Virtual Center 2.0.1 UIオプションを使用することができない(KB 132194) 更新 仮想マシンの移行アップグレードで、RDMが重複して作成される場合がある(KB 8188562) 互換性のないVMware ESXホストとVMFSバージョン間で、テンプレートのアップグレードに失敗する(KB 218402) VirtualCenter 2.0.1にアップグレードしたあと、積み重ね表示グラフ チャートに仮想マシンのパフォーマンス データが表示されない(KB 6247518) VMware ESX 3.0でpreupgrade.plスクリプトを実行すると警告が表示される(KB 538417) Oracleデータベースのアップグレード時に、データベースのアップグレードに失敗したというエラーメッセージが表示される場合がある(KB 2040533) アップグレードの前に、SQLサーバ データベースの[Bulk-Logged]オプションを有効にする必要がある(KB 2603739) 待機しているレガシー テンプレート アップグレードによって、次のタスクの実行が妨げられる(KB 9297677) CDのRPMバージョン番号と、tarballアップグレードの番号が一致しない(KB 747254) NetWare仮想マシンの自動アップグレード ツールを使用するとエラーが表示される(KB 3431060) VirtualCenterのアップグレードのあと、一部のパフォーマンス データが表示されない(KB 5211358) アップグレード中にMBR 内での位置を変更すると、起動情報が失われる(KB 5089096) スクリプト アップグレードでMBRを変更すると、エラー メッセージが表示される(KB 7926780) ディスク容量の不足が原因でデータベースのアップグレードに失敗する(KB 7434572) ESX Server 2.5.xからVMware ESX 3.0.1にアップグレードしたあと、CPUハイパースレッドが無効になる場合がある(KB 8451742) Red Hat Enterprise Linux 3.0 AS ゲスト オペレーティング システムのrpm -Uhvコマンドを使用してVMwareツールをアップグレードすると、エラー メッセージが表示される場合がある(KB 1032429) VirtualCenter 1.xから2.0.1へのデータベースのアップグレード時に、1.xシステムにMSDEデータベースおよび本番データベースの両方がある場合、データベースのアップグレードに失敗する場合がある(KB 3438229) GSXテンプレートのアップグレードに失敗し、無効なデータストア形式であるという意味のメッセージが表示される(KB 1797556) ESX Server 2.xホストからアップグレードVMotionを使用してVMware ESX 3.0.1ホストにRDM仮想マシンを移行したあと、RDM仮想マシンがVMFS仮想マシンであると表示される(KB 3461997) 仮想マシンまたはホスト システムのCPU使用率またはI/O負荷が非常に高い場合、VMotionを含む移行アップグレードに失敗することがある(KB 7136768) バックアップに関する問題 構成ファイルにエラーがあると、Veritas NetBackupとサービス コンソール間で通信障害が発生する(KB 9480977) VCBプロキシのドライブ レター マウント ポイントが、NT4仮想マシンから見られるドライブ レターと一致しない(KB 1389121) バックアップ エージェントのインストール後、サービス コンソールのファイアウォール設定を変更する必要がある(KB 3319174) サーバ構成に関する問題   ソフトウェアiSCSI設定を変更する場合にホストの再起動が必要(KB 7372490) iSCSIストレージ アダプタを再スキャン時に、誤解を招くタイム アウト エラーが発生する(KB 47205) データストアのISOファイルに仮想CD-ROMデバイスを接続しようとするときに、読み取り専用NFSデータストアのISOイメージを参照できない(KB 2827628) iSCSIからのVMware ESXの起動時に、検出アドレスを削除すると問題が発生する(KB 3217572) セキュリティ プロファイルの仮想マシン代行に変更を加えた場合、再起動するまでそれが表示されない (KB 282669) サポートされていないiSCSIターゲットを使用するとデータが破壊される場合がある(KB 1405590) 名前解決の構成に誤りがあるとVMware ESXが複数のライセンスをチェック アウトする(KB 9950090) VirtualCenter、VIクライアント、およびWeb Accessに関する問題 複数のクローン、移行、または電源操作が実行されていると、VMware ESX 3.0ホストが応答しないことがある(KB 7298369) 長い名前のユーザーまたはグループに、VirtualCenterのアクセス権を追加できない(KB 2589144) 切断中のホストを右クリックしたり、削除したりするとエラー メッセージが表示される(KB 6588824) Web Accessで、vmimagesフォルダの参照がサポートされない(KB 294251) VIクライアント メニューに、予期した選択肢が表示されないことがある(KB 1900576) VI Web Accessの[CD/DVDの構成]画面に、[この仮想マシンに独占的に接続します]オプションが表示されない(KB 8582994) 仮想マシンが配布またはクローン化されているときに、Web Accessを使用して仮想マシンを参照できない(KB 7194279) Internet ExplorerでWeb Accessを使用しているとき、パワーオンの操作でエラーが発生しても警告が表示されない(KB 525306) Web Access GUIの[CD/DVDの構成]ページである特定の操作を行うと、[システムの再起動]ダイアログボックスが表示されることがある(KB 8464334) 仮想マシンの管理上の問題 サスペンド状態の仮想マシンのスナップショットを複数作成するとエラーが発生する(KB 1424776) テンプレートから配布された仮想マシンのBIOS設定が失われることがある(KB 8808589) 物理モードまたは仮想モードの、「ホット アド」されたRDM仮想ディスクがある仮想マシンのスナップショットまで戻ると、仮想マシンが停止する(KB 9729125) 仮想マシンに、別の場所に保存された、同じ名前のファイルがある2つのディスクがあると、その仮想マシンのスナップショットを削除できない(KB 5096672) Rev EとRev F AMD CPU間のVMotionに失敗する(KB 3700586) ゲスト オペレーティング システムに関する問題 SLES 10 Linuxゲスト オペレーティング システムを使用すると、仮想マシンでのネットワーク パフォーマンスが悪くなることがある(KB 461197) 新規 電源を入れたときに、SMPのSolaris 10ゲストが停止することがある(KB 4484334) Netware5およびNetware6.5ゲスト オペレーティング システムで、[リセット]および[再起動]オプションが機能しない(KB 2050857) SMP仮想マシンでSolaris 10 GAまたはSolaris 10 U1を実行していると、ゲスト カーネルが障害を報告する(KB 3605018) SunのパッチによるSolaris 10ゲストのパフォーマンスの改善(KB 9876622) ある特定のCPUコマンドを実行すると、32ビット仮想SMP Solarisゲスト オペレーティング システムが応答しない(KB 5365186) ゲストを停止してもツールのインストールが無効にならない(KB 5498908) AMDカーネルでRed Hat Linuxに割り当てられたメモリが有効にならない(KB 630279) Solaris 10u2のインストール時に、ディスク エラーが発生する(KB 3174163) その他の問題 4G Brocade スイッチ バージョン5.0.4を使用すると、VMware ESXでフェイルオーバー障害になる(KB 3641217) MSCSには、2 GBファイバ チャネル ドライバが必要(KB 1560391) VMware HAによる一時的なホスト ネットワーク隔離の取り扱いが正しくない場合がある(KB 2956923) 英語以外のロケールに設定されているシステムで、インストール パスに英語以外の文字が含まれていると、VirtualCenterが正しくインストールされない(KB 2302421)   このリリースのセキュリティ警告 VMware製品のセキュリティ警告については、 KB 1107を参照してください。 既知の問題は、次のように分類されています。 インストールに関する問題 アップグレードに関する問題 バックアップに関する問題 サーバ構成に関する問題 VirtualCenter、VIクライアント、およびWeb Accessに関する問題 仮想マシンの管理上の問題 ゲスト オペレーティング システムに関する問題 その他の問題 インストール   RSAII アダプタを使用するBM x445サーバで、グラフィカル インストーラのロードに失敗することがある(KB 2148) Intel Bladeサーバにリモート インターフェイスを使用してインストールするときに画面に何も表示されない(KB 2149) VirtualCenterサーバのアップグレードまたはインストール後に、VIクライアントを使用してVirtualCenterサーバにログオンできない(KB 2150) IBM e326またはDell-1850にVMware ESX 3.0をインストールすると、キーボードが反応しなくなる(KB 2152) LPe1150を使用してBootFromSanを実行しようとするとき、HBAのリンクが起動しない(KB 2288) 128を超えるLUNが接続されたVMware ESX 3.0システムをインストールできない(KB 2154) VMware ESX 3.0サーバをインストールして再起動したあと、USBキーボードおよびマウスが使用できない(KB 2280) 仮想マシンのRawディスクの、アップグレード スクリプトによるRDMへのアップグレードができない(KB 2168) アップグレードに関する問題 サード パーティ製のソフトウェアと新しいVWwareサービス コンソール ファイアウォール(KB 2143) ホストでESX Server 2.xが実行されていると、テンプレート アップグレードが機能しない(KB 2189) 仮想マシンにレガシー仮想ディスクを追加すると、レガシー仮想マシンにダウングレードされる(KB 2137) レガシー仮想マシンから既存のディスクを使用して仮想マシンを作成すると、正常に完了しないことがある(KB 2134) ESX Server 2.xから3.0へのアップグレード中に、RPMトランザクションでインストーラがクラッシュする(KB 2195) VMware ESX 3.0で、マルチブート インストールのアップグレードが適切にサポートされない(KB 2199) VMFS2からVMFS3へのアップグレード中に、追加のVIクライアントがVMware ESXのホストに接続できない(KB 2236) ESX Server 2.xからVMware ESX 3.0への移行またはアップグレード時に、トラフィック シェーピング設定が失われる(KB 2164) セキュリティ service iptables startを実行するとファイアウォールが無効になる(KB 2160) Nessusで、VERITAS Backup Exec Security Advisory for Windows Serversを示す警告が表示される(KB 2206) Nessusで、Ascendルータのあるポート9の脆弱性に関する警告が表示される(KB 2299) ライセンス 事前にチェックされた一部のアイテムをライセンス プールに戻すように指定できない(KB 2170) VMware Consolidated Backup(VCB)に関する問題 複数の仮想マシンをバックアップしたあと、Legato Networker IM GUIに仮想マシンが1つしか表示されない(KB 2144) 初期化していないディスクがある仮想マシンの、ファイル レベルのバックアップに失敗する(KB 2147) VirtualCenterサーバからVCBを切断したときに表示される警告(KB 2151) サーバ構成に関する問題   ネットワーク VMware ESXをアップグレードしたあと、ネットワーク アダプタ チームが動作しない(KB 2201) VMware VirtualCenterおよびVMware VMware ESXが、異なる形式のデータストアURLを示す(KB 2305) 断続的なVMotion、NFS、またはISCSIの障害によって、ネットワークのIPアドレスに重複が発生することがある(KB 2253) I/OがEMC Symmetrixsで停止する(KB 2287) NFS共有のサービス コンソールからISOイメージを使用しているときに、仮想マシンまたはプロセスが停止する(KB 2296) VirtualCenterとesxcfg-vswitch - lコマンドとで、異なるポート数が表示される(KB 2091) VMware ESX 3.0のアップグレードのあとで、仮想マシンが起動できない(KB 2237) Broadcomネットワーク アダプタ5700 Rev 14および5701 Rev 15を大量のトラフィックで使用すると、伝送が停止する(KB 2242) 新しいネットワーク アダプタを追加したあと、VMware ESXシステムのホストへのVIクライアントの接続が失われる(KB 2243)   ストレージ iSCSIソフトウェアのイニシエータの検出プロセスを続けて実行できない(KB 3344257) サード パーティ製のソフトウェアと新しいVWwareサービス コンソール ファイアウォール(KB 2143) RDMディスクのある仮想マシンで使用できるのは、インプレイス アップグレードのみ(KB 2204) MSCSクラスタリングによって、IBM FastTシリーズのアレイで、バックアップ サーバへの不必要なフェイルオーバーが起こることがある(KB 2161) SANのLUNが、VirtualCenter UIには表示されないが、MUIには表示される(KB 2278) VMware ESX が、HP Insight Manager 7.5.1aにストレージ コントローラを報告しない(KB 2223) ディスク容量の不足が原因でVMFS-2ボリュームのアップグレードに失敗する(KB 2210) 複数のvmfsのアップグレード(KB 2211) VMFS2からVMFS3へのアップグレード中に、追加のVIクライアントがVMware ESXのホストに接続できない(KB 2236) VirtualCenter 2.0、Managed ESX Server 2.xホストにISOイメージをマウントしようとするときに、/vmimagesデータストア ディレクトリを参照できない(KB 2162) 名前付きパイプに接続しているシリアル ポートを使用しているときに、VMFSでパスや場所を相対的に指定できない(KB 2192) ディスクにVMware ESXのサービス コンソール ファイル システムが含まれていると、データストアの作成操作に失敗することがある(KB 2240) ディスク バッキング ファイルの削除時に、パワーオフしている別の仮想マシンによってそれが使用されていても保護されない(KB 2245) BIOSのQlogic PCIデバイスを無効にするとPSODになる(KB 2209) NFSマウントがデフォルトで8に制限されている(KB 2239) iSCSIからのVMware ESXの起動時に、qla4010カードの構成で問題が発生する(KB 2207) iSCSIソフトウェアのシステム時間が正しくない(KB 2208) VirtualCenter、VIクライアント、およびWeb Accessに関する問題 アクセスできない仮想マシンの名前が[不明な仮想マシン]になる(KB 2172) VirtualCenter 2.0による管理を行うと、VirtualCenter 1.xのホストでリアルタイムの統計情報のデータに差異が生じる(KB 2198) ログオフする間に、断続的にSSL警告が表示される(KB 2169) ローカライズ版のオペレーティング システムのサーバが、特定のロケールを認識できない(KB 2178) クラスタの外にホストを移動したあと、VIクライアントのインベントリにホストの仮想マシンが表示されない(KB 2165) VIクライアントで、esx.conf.WRITELOCKが取得できないというエラー メッセージが表示される(KB 2183) ホストの障害後、起動したときにHAサービスが起動せず、ホストでHAエラーが発生する(KB 2300) VIクライアントの[データストアの参照]オプションで、vmkfstoolsで作成した.vmdkファイルが認識されない(KB 2171) VIクライアントにログオンできない(KB 2184) [構成]ウィザードに不正なテキストを入力すると処理不能な例外が発生することがある(KB 2186) VIクライアントの[診断データのエクスポート]オプションで、ほかのドメインのホスト名の解決に失敗することがある(KB 2187) VIクライアントがホストを追加できない(KB 2257) 仮想マシンの管理上の問題 同じイベントで異なるエラー メッセージが表示される(KB 2174) ある特定のファイバ チャネル環境で、VMotionが成功せず、仮想マシンが元のマシンで実行されたままになる(KB 2265) 一部の仮想マシンで、予約容量が、その親のリソース プールの予約されていない容量よりも小さいにもかかわらず、パワーがオンにならないことがある(KB 2158) アップグレードされた、読み取り専用モードの仮想マシンのスナップショット作成が許可されない(KB 2175) [ハードウェア]オプションを切り替えるとき、[フロッピー]と[CD-ROM]設定がグレー表示で使用できない(KB 2179) [仮想マシン起動/停止]のホスト設定で、アクションと遅延の指定が必要(KB 2190) [仮想マシン起動/シャットダウン]のホスト設定で、仮想マシンの設定に変更が反映されない(KB 2194) vmware-cmdが、VMFS3へのシンボリック リンクを認識しない(KB 2122) 新しい仮想ディスクへの、はじめての書き込み処理が遅い(KB 2191) ESX Server 2.xでバックアップした仮想マシンをVMware ESX 3.xに復元するときに、誤ったエラー メッセージが表示される(KB 2307) VmPerl::VM::stopおよびvmware-cmd stopから復帰/完了しても、仮想マシンがまだ実行されていることがある(KB 2295) パワーオンになっている仮想マシンのSCSIデバイスに接続しようとすると、仮想マシンがパワーオフになる(KB 2248) 仮想インフラストラクチャ クライアントからVMware ToolsをインストールするとSolarisゲストからCD-ROMが取り出されない(KB 2157) 不正なパスが原因でCD-ROMに接続できない(KB 2303) 以前の編集を完了しないと仮想マシンを再編集できない(KB 2205) 仮想マシンがパワーオンのとき、仮想マシンで[電源]オプションの変更を行うとエラー メッセージが表示される(KB 2251) Tools Upgrader for Autotools Installationを実行してアップグレードすることができない(KB 2121) NISを有効化したVMware ESXのホストでの断続的な仮想マシンの障害(KB 2255) 仮想マシンのパラレル ポートに出力ファイルへの書き込みが設定されていると、VMotionが90%進んだところで失敗する(KB 2284) 仮想マシンによってVMware Toolsがインストールされているように見えるが、実際にはインストールされていない(KB 2277) ゲスト オペレーティング システム 『ゲストOSインストールガイド』の最新版は次のリンクに従って参照できます。 HTML | PDF | PDF(日本語) Solaris 10およびSolaris 10 Update1オペレーティング環境のSMC2.1で、ディスク サイズとして負の数が表示される場合がある(KB 2215) 仮想マシンに標準でない BootExecute値があると、Windows仮想マシンのクローンの作成に失敗することがある(KB 2246) 大量のネットワーク転送を行うと、Solaris 10仮想マシンのネットワーク接続が停止することがある(KB 2176) Solaris 10 Update 1仮想マシンでは、仮想フロッピー デバイス、仮想パラレル ポート、または仮想シリアル ポートを適切に検出および構成できないことがある(KB 2270) Windows仮想マシンがカスタマイズされているときにDHCPサーバを使用できないと、仮想マシンがドメインに加われないことがある(KB 2262) EMC CLARiiONシリーズおよびSymmentrixシリーズのストレージアレイで、Solaris 10 U1ゲスト オペレーティング システムがサポートされていない(KB 2289) Linuxゲストで、仮想マシンのカスタマイズに失敗することがある(KB 2301) 古いゲスト オペレーティング システムが異常な動作をする(KB 2225) [Stopped tracking Time of Day Clock]というSolarisの警告(KB 2250) VMware ESX 3.0を実行するDell PowerEdge 6850ホストで、64ビット ゲストをインストールするにはA03 BIOSが必要(KB 2087) Solaris 10仮想マシンでの表示およびマウスの問題(KB 2254) Solaris 10仮想マシンで、非常に多くのネットワーク エラーが検出される(KB 2258) 64 ビットRed Hat Enterprise Linux、Updates 3、5、6、7、および8のSMPカーネルのインストールに失敗することがときどきある。その際にAnacondaのImportErrorメッセージが表示される(KB 2260) Red Hat Enterprise Linux Advanced Server 3.0 64ビット ゲストが、Intel VTホストでエラーを生成する(KB 2263) 4 GBより大きなメモリを使用するコンピュータの64ビットLinuxゲストで、パニックが起こる(KB 2269) その他の問題 Hewlett Packard DL760 G2サーバでは、VMkernelをロードすると警告が表示される(KB 2145) VirtualCenterのデータストア ブラウザに、ESX Server 2.xホストの仮想マシンの仮想ディスク ファイルが表示されない(KB 2203) メンテナンス モードのホストを手動で再起動する場合、自動起動は実行されない(KB 2214) ホストを切断したり削除したりするとスケジュール設定タスクが削除される(KB 2180)   修正済みの問題 ここでは、Virtual Infrastructure 3.0の既知の問題であったが、このバージョンで修正された問題を示します。 インストールに関する問題 ML570 G4またはDL580 G4で、iLO2仮想メディアまたはIRC (リモート コンソール)を使用できない(KB 2285) SASおよびSCSIコントローラの両方を使用している場合、VMware ESXインストーラでディスクを参照できない(KB 2167) WorkStation 5.x、VMI 1.5、またはVCBがVirtualCenter Server 2.xと同じマシンにインストールされているとカスタマイズが中断する(KB 2297) アップグレードに関する問題 ESX Server 2.xから3.0への仮想マシンのコールド移行に失敗する(KB 2182) 自動開始を使用していた仮想マシンが自動開始しなくなる(KB 2232) 別のホストから、共有LUNをVMFS-3にアップグレードしたあと、レガシー テンプレートを使用できない(KB 2235) 仮想マシンのレイアウト変更のアップグレード処理に失敗する(KB 2181) Oracle 10.2.0.1を使用してVirtualCenter 1.x からVirtualCenter 2.0にデータベースをアップグレードするときに失敗することがある(KB 2304) VMFS-2からVMFS-3へのアップグレードの際に、VMware ESXのVIクライアントが応答しなくなることがある(KB 2233) VMFS-2からVMFS-3にアップグレードしたVMFSボリュームが、アップグレード後に読取り専用と表示されることがある(KB 2197) ライセンス VMware ESXのホスト設定よりも、VCライセンス サーバ設定が優先されることがある(KB 2212) VMware Consolidated Backup(VCB)に関する問題 pre-command.batおよびpost-command.batを、VCBのNetbackup統合モジュールのREADMEにある説明どおりに使用しても予期どおりに動作しない(KB 2249) バックアップ プロキシに6以上の仮想ディスクがある場合、VCBでのファイル レベル バックアップに失敗する(KB 2185) ESXサービス コンソールからの vcbMounterを使用した仮想マシンのバックアップに失敗する VMware ESXのサービス コンソール上で、異なるVMware ESXシステムがホストする仮想マシンのバックアップを作成するための vcbMounterの実行を妨害していたバグは修正されました。これによって、同じ VirtualCenterインスタンスによって管理されるVMware ESXシステムのファーム内の、また、仮想ディスク イメージの共通のプールを共有する、すべての仮想マシンについてバックアップを作成できるようになりました。ファーム内のVMware ESXシステムのどのサービス コンソールからでも、 vcbMounterを実行することによって仮想マシンのバックアップを作成できます。VMware ESX 3.0.1でこの機能を使用するには、ファームを管理するVirtualCenterサーバに対して vcbMounterを実行します。 サーバ構成に関する問題   ネットワーク vmxnet_consoleを使用してるとき、および ESX Server 2.xから3にアップグレードしているときに、サービス コンソールのネットワークが機能しない(KB 2202) ユーザーがデータベース接続の最大数を10未満の値に設定しているにもかかわらず、データベース サーバで11の接続が表示される(KB 2302) ある特定のPCI IDでIntel e1000 NICを使用すると、カーネル パニックが起こる場合がある(KB 2221) ネットワーク接続が失われ、ログに[WARNING: Uplink: 1925: Couldn't allocate pkt for frame copy]と記録される(KB 2274) VMotionに重複したIPアドレスが設定されると、エラーが発生する(KB 2224)   ストレージ ESX Server 2.1.xおよび2.0.xで、予期どおりの構成またはRawディスク情報が提供されない(KB 2133) 仮想マシンに追加されたマップ済みのSANのLUNがリストに表示されない(KB 2216) 共有LUNを、別のホストからVMFS-3にアップグレードしたあと、レガシー テンプレートを使用できない(KB 2235) 極端なフェイルオーバーの状態にあるときにEmulexファイバ チャネル カードを使用すると問題が発生する(KB 2244) VirtualCenter、VIクライアント、およびWeb Accessに関する問題 仮想マシンをパワーオンしたときに、VIクライアント インターフェイスで[特定のパラメータが正しくありません。]というエラーが発生する(KB 2173) VIクライアントで[データベース パスワード]または[作成されるデータベース接続の最大数]に加えた変更が、VirtualCenterサービスを再起動するまで反映されない(KB 2218) 仮想マシンの管理上の問題 CPUが2個以上ある仮想マシンをパワーオンできない(KB 2159) 262GBより大きな仮想マシンを作成しようとすると、ホスト クライアントでの仮想マシンまたは仮想ディスクの作成に失敗する(KB 2177) iSCSIソフトウェアを使用している場合に、LUNへのすべてのパスにアクセスできなくなり、Abort無限ループになる(KB 2298) 1つのネットワークに接続されている2つのネットワーク アダプタがある仮想マシンで、仮想マシンのクローン作成およびカスタマイズ処理に失敗する(KB 2200) システムの停止を示す[Spin count exceeded (EventQueue, 448) - possibile deadlock]というエラーメッセージ(KB 2306) Latency-SensitiveなI/O作業負荷を伴うWindows仮想マシンで、4-waySMP構成の速度が遅くなることがある(KB 2231) ゲスト オペレーティング システム   Solaris 10 Update 1オペレーティング環境で、リモート フロッピーが機能しない(KB 2220) インストール中に64ビットRed Hat Enterprise Linux 4が停止する(KB 2229) Windows XPで、VMware LSILogicストレージ アダプタ用ストレージ ドライバが使用できない(KB 2241) ボリュームのマウント時にWindows 2003 SP1でブルー スクリーンが表示される(KB 2267) その他の問題 VMware ESXのバージョン 2.xおよび3.xから、VMotionを使用して仮想マシンを移行できない(KB 2155) [すべてのスナップショットの削除]の処理中に、仮想マシンのモードが[スナップショット統合]に変わる(KB 2222) HAクラスタの構成時に、HA構成タスクに失敗し、エラー メッセージが表示される(KB 2135) HA構成タスクに失敗する、または仮想マシンのフェイルオーバーが行われない(KB 2259) テンプレートのアップグレードに失敗し、名前がすでに存在するというエラーが表示される(KB 2196) 有効にしなおしてもそれが反映されない(KB 2279)   ローカライズに関する問題 VMware ESXコンソールで、また、esxtopコマンドの使用時に、ASCII以外の文字を表示できない。コンソールでUTF-8の文字を取り扱えない。 回避策:すべての仮想マシン名および設定に、ASCII文字を使用してください。または、UTF-8の文字を表示する構成が可能な端末を使用してください。 [日本語のみ] 仮想スイッチ名では、すべての日本語の文字を正しく取り扱えない。 回避策:仮想スイッチ名には、すべてASCII文字を使用してください。 Guest Customization Wizard で「会社名」「ユーザ名」に日本語を入力すると、ウィザード終了後のデプロイメントタスクが失敗する。 回避策:会社名、ユーザー名は英語にて入力し、VMデプロイ後に日本語名に変更してください。 アラーム名を日本語にするとエラーが発生し、その後作成した仮想マシンは電源を入れられなくなる。 回避策:デフォルトで作成されているアラームを編集しないで下さい。また新規で作成するアラーム名は英語を用いて下さい。 日本語VirtualCenter環境にて、クラスター・リソースプール・仮想マシン名等を日本語で作成すると、DRS を構築する際に新しい仮想マシンを作成できない場合がある。 回避策:クラスター・リソースプール・仮想マシン名は英語で作成してください。 データストア名に日本語を入れた状態で VC のサービスを再起動するとデータストア名の最後の一文字が消えてしまう場合がある。 回避策:データストア名は、英語で入力してください。 日本語VirtualCenterから送出されるアラーム名が日本語になっている。 回避策:英語版VirtualCenterにてアラームを取得しているアプリケーションをお持ちの場合は、英語版VirtualCenterを継続利用してください。 仮想マシン名、データセンター、クラスター、リソースプール名に日本語がある場合、VCBで取得したバックアップデータのリストアが出来ない場合がある。 回避策:上記名称を英語で記述してください。 本リリース ノートに対する追加情報およびアップデートを適宜確認してください。 VMware ESXバージョン 3.0.1 | 2006年10月02日 | ビルド32039 VirtualCenter バージョン 2.0.1 | 2006年10月02日 | ビルド32344_JA 最新アップデート : 10/24/06
本リリース ノートに対する追加情報およびアップデートを適宜確認してください。 VMware ESXバージョン 3.0.1 | 2006年10月02日 | ビルド32039 VirtualCenter バージョン 2.0.1 | 2006年10月02日 | ビルド32344_JA 最新アップデート : 10/24/06
2.0.1
2.0.1、2.1.x、2.5.x、3.0、3.0.1
 
 
VMware Infrastructure 3 リリース ノート 本リリース ノートに対する追加情報およびアップデートを適宜確認してください。 VMware ESXバージョン 3.0.1 | 2006年10月02日 | ビルド32039 VirtualCenter バージョン 2.0.1 | 2006年10月02日 | ビルド32344_JA 最新アップデート : 10/24/06 リリース ノートの内容 リリース ノートには、次のトピックが含まれています。 新機能 始める前に このリリースのインストールに関する情報 VMware Infrastructure 3へのアップグレードまたは移行 VMware ESX 3.0.1およびVirtualCenter 2.0.1の既知の問題 VMware ESX 3.0およびVirtualCenter 2.0の既知の問題 修正済みの問題 ローカライズに関する問題 新機能 このリリースのVMware Infrastructureは、VMware ESXおよびVirtualCenterが含まれており、以下の強化機能を提供しています。 64ビット ゲスト オペレ-ティング システムをサポート。詳細については、『 Systems Compatibility Guide For VMware ESX 3.x』を参照してください。 Virtual Infrastructure 2からVMware Infrastructure 3へのアップグレード サポートの充実。 詳細については、『 インストールおよびアップグレード ガイド』を参照してください。 アップグレード導入用の esxupdateユーティリティのサポート。詳細については、『 インストールおよびアップグレード ガイド』を参照してください。 AMD Opteron 2000/8000およびIntel Xeon 7100 (コード ネームはTulsa)シリーズのプロセッサをベースとするサーバのサポート。 QLogic QLA 4050/4052ハードウェアiSCSI HBAのサポート。このリリースノートの発行時には、まだテストおよび認定が完了していないため、最新のサポート状況については、『 I/O Compatibility Guide For VMware ESX 3.x』および『 Storage/SAN Compatibility Guide For VMware ESX 3.x』を参照してください。 EqualLogic PS300およびNetApp FAS3000などのiSCSIアレイのサポート。 Windows XP仮想マシンでのSymmetric Multiprocessing (SMP)のサポート。 VMware ESX 3.0およびVirtualCenter 2.0に関連する重大なバグの修正。 ドイツ語版および日本語版のリリース。 注:VMware Infrastructure のテクニカル サポートについては、現在は英語でのサポートとなります。ドイツ語、および日本語でのエンジニアによるサポートは、VMware Global Support Services より、現地サポートセンターの営業時間内であれば利用可能です。また、英語以外の言語でのサポートは、VMware のパートナーよりご利用いただけます。詳細については、 VMware Support Offerings を参照してください。 始める前に VMware ESX、VirtualCenter、およびGSX Serverの互換性 このリリースでは、次に示すバージョンのサーバが必要、またはこれらとともに機能します。  VirtualCenterのバージョン  VMware ESXのバージョン  GSX Serverのバージョン  VMware Serverのバージョン 2.0.1 2.0.1、2.1.x、2.5.x、3.0、3.0.1     2.0 2.0.1、2.1.x、2.5.x、3.0     1.4 2.0.1、2.0.2、2.1.x、2.5.x 3.1、3.2 1.0 1.3、1.3.1 2.0.1、2.1、2.1.1、2.1.2、2.5.x 3.1、3.2   1.2 2.0.1、2.1、2.1.1、2.1.2、2.5.0、2.5.1 3.1、3.2   1.1 2.0.1、2.1、2.1.1 3.1   1.0.1 2.0.1、2.1     1.0 2.0.1     <!--Doc bug# 120113--> VMware ESXと管理エージェントの互換性 管理エージェントの互換性に関する最新情報については、『 Systems Compatibility Guide For VMware ESX 3.x』を参照してください。 追加情報 追加情報については、次の情報源を使用してください。 SDKドキュメント パッケージが更新されています。詳細については、 「VMware Infrastructure SDK」ページを参照してください。 </L> Windows 2000は、Service Pack 4 Rollup 1にアップデートする必要があります(このRollupは、 www.microsoft.com/windows2000/server/evaluation/news/bulletins/rollup.mspxからダウンロードできます)。詳細については、 support.microsoft.com/kb/816542/を参照してください。VirtualCenterサーバが正常に機能するには、この修正が不可欠です。 サード パーティ製のソフトウェア、および新しいVMwareサービス コンソールのファイアウォールについては、 KB 2143を参照してください。 このリリースのインストールに関する情報 このソフトウェアをインストールする前に、『VMware ESX互換性ガイド』を参照してください。お使いのサーバ、I/O、ストレージ、ゲスト オペレーティング システム、管理エージェント、バックアップ ソフトウェアに互換性があるかどうかを確認することは重要です。これらのガイドには、このリリースに関する最低要件と拡張制限も記載されています。次のリンクをクリックすると、ドキュメントを参照できます。 『Systems Compatibility Guide For VMware ESX 3.x』 『I/O Compatibility Guide For VMware ESX 3.x』 『Storage / SAN Compatibility Guide For VMware ESX 3.x』 『Backup Software Compatibility for VMware ESX 3.x』 VMware ESXおよびVirtualCenterをインストールして構成する際は、『 インストールおよびアップグレード ガイド』を必ずお読みください。このドキュメントでは、その方法について順を追って説明しています。 インストール手順は単純ですが、そのあとでいくつかの構成作業を行う必要があります。特に、次の項目をお読みください。 『 インストールおよびアップグレード ガイド』の「ライセンス」 『 サーバ構成ガイド』の「ネットワーク」 『 サーバ構成ガイド』の「セキュリティ」(ファイアウォール ポートに関する記述) 既存のVMware ESX(およびVirtualCenter環境を)アップグレードしている場合、『 インストールおよびアップグレード ガイド』の「アップグレード」の章をよくお読みください。 VMware Infrastructure 3へのアップグレードまたは移行 このリリースは、VMware ESX 2.xおよびVirtualCenter 1.xから、VMware ESX 3.xおよびVirtualCenter 2.xを含むVMware Infrastructure 3へのアップグレードをサポートしています。アップグレードの詳細な手順とガイドラインについては、『 インストールおよびアップグレード ガイド』を必ずお読みください。 VMware ESX 3.0.1およびVirtualCenter 2.0.1の既知の問題 既知の問題は、次のように分類されています。 インストールに関する問題 アップグレードに関する問題 バックアップに関する問題 サーバ構成に関する問題 VirtualCenter、VIクライアント、およびWeb Accessに関する問題 仮想マシンの管理上の問題 ゲスト オペレーティング システムに関する問題 その他の問題 インストール   ccissドライバを使用するSCSIコントローラへのVMware ESX 3.0.1のスクリプト インストールで、VMFS3ボリュームが正しく作成されない場合がある(KB 8577703) VMware ESXのインストール時に、一部のUSBデバイスに障害が生じる(KB 3655619) ルートのパーティションを100GB以上に指定すると、VMware ESXのインストールに失敗する(KB 3950560) ストレージ コントローラがLUNの回復不能エラーを返す場合に、VMware ESXインストーラが、VMFSファイル システムをフォーマットできない(KB 1476874) スクリプト インストール時に、キーボードと言語を選択するよう要求される(KB 7997330) ライセンス サーバによってログ データが、ユーザー ディレクトリに書き込まれる (KB 8019937) アップグレードに関する問題 レガシーGSX Serverまたはワークステーション テンプレートのアップグレードを行うとエラー メッセージが表示される(KB 9889961) 新規 VMotionを使用する移行アップグレードは、特定のバージョンのESX Server 2.xからの場合のみサポートされる(KB 8479101) 新規 ESX Server 2.xシステムにあるレガシー仮想マシンのハードウェアをアップグレードするのに、Virtual Center 2.0.1 UIオプションを使用することができない(KB 132194) 更新 仮想マシンの移行アップグレードで、RDMが重複して作成される場合がある(KB 8188562) 互換性のないVMware ESXホストとVMFSバージョン間で、テンプレートのアップグレードに失敗する(KB 218402) VirtualCenter 2.0.1にアップグレードしたあと、積み重ね表示グラフ チャートに仮想マシンのパフォーマンス データが表示されない(KB 6247518) VMware ESX 3.0でpreupgrade.plスクリプトを実行すると警告が表示される(KB 538417) Oracleデータベースのアップグレード時に、データベースのアップグレードに失敗したというエラーメッセージが表示される場合がある(KB 2040533) アップグレードの前に、SQLサーバ データベースの[Bulk-Logged]オプションを有効にする必要がある(KB 2603739) 待機しているレガシー テンプレート アップグレードによって、次のタスクの実行が妨げられる(KB 9297677) CDのRPMバージョン番号と、tarballアップグレードの番号が一致しない(KB 747254) NetWare仮想マシンの自動アップグレード ツールを使用するとエラーが表示される(KB 3431060) VirtualCenterのアップグレードのあと、一部のパフォーマンス データが表示されない(KB 5211358) アップグレード中にMBR 内での位置を変更すると、起動情報が失われる(KB 5089096) スクリプト アップグレードでMBRを変更すると、エラー メッセージが表示される(KB 7926780) ディスク容量の不足が原因でデータベースのアップグレードに失敗する(KB 7434572) ESX Server 2.5.xからVMware ESX 3.0.1にアップグレードしたあと、CPUハイパースレッドが無効になる場合がある(KB 8451742) Red Hat Enterprise Linux 3.0 AS ゲスト オペレーティング システムのrpm -Uhvコマンドを使用してVMwareツールをアップグレードすると、エラー メッセージが表示される場合がある(KB 1032429) VirtualCenter 1.xから2.0.1へのデータベースのアップグレード時に、1.xシステムにMSDEデータベースおよび本番データベースの両方がある場合、データベースのアップグレードに失敗する場合がある(KB 3438229) GSXテンプレートのアップグレードに失敗し、無効なデータストア形式であるという意味のメッセージが表示される(KB 1797556) ESX Server 2.xホストからアップグレードVMotionを使用してVMware ESX 3.0.1ホストにRDM仮想マシンを移行したあと、RDM仮想マシンがVMFS仮想マシンであると表示される(KB 3461997) 仮想マシンまたはホスト システムのCPU使用率またはI/O負荷が非常に高い場合、VMotionを含む移行アップグレードに失敗することがある(KB 7136768) バックアップに関する問題 構成ファイルにエラーがあると、Veritas NetBackupとサービス コンソール間で通信障害が発生する(KB 9480977) VCBプロキシのドライブ レター マウント ポイントが、NT4仮想マシンから見られるドライブ レターと一致しない(KB 1389121) バックアップ エージェントのインストール後、サービス コンソールのファイアウォール設定を変更する必要がある(KB 3319174) サーバ構成に関する問題   ソフトウェアiSCSI設定を変更する場合にホストの再起動が必要(KB 7372490) iSCSIストレージ アダプタを再スキャン時に、誤解を招くタイム アウト エラーが発生する(KB 47205) データストアのISOファイルに仮想CD-ROMデバイスを接続しようとするときに、読み取り専用NFSデータストアのISOイメージを参照できない(KB 2827628) iSCSIからのVMware ESXの起動時に、検出アドレスを削除すると問題が発生する(KB 3217572) セキュリティ プロファイルの仮想マシン代行に変更を加えた場合、再起動するまでそれが表示されない (KB 282669) サポートされていないiSCSIターゲットを使用するとデータが破壊される場合がある(KB 1405590) 名前解決の構成に誤りがあるとVMware ESXが複数のライセンスをチェック アウトする(KB 9950090) VirtualCenter、VIクライアント、およびWeb Accessに関する問題 複数のクローン、移行、または電源操作が実行されていると、VMware ESX 3.0ホストが応答しないことがある(KB 7298369) 長い名前のユーザーまたはグループに、VirtualCenterのアクセス権を追加できない(KB 2589144) 切断中のホストを右クリックしたり、削除したりするとエラー メッセージが表示される(KB 6588824) Web Accessで、vmimagesフォルダの参照がサポートされない(KB 294251) VIクライアント メニューに、予期した選択肢が表示されないことがある(KB 1900576) VI Web Accessの[CD/DVDの構成]画面に、[この仮想マシンに独占的に接続します]オプションが表示されない(KB 8582994) 仮想マシンが配布またはクローン化されているときに、Web Accessを使用して仮想マシンを参照できない(KB 7194279) Internet ExplorerでWeb Accessを使用しているとき、パワーオンの操作でエラーが発生しても警告が表示されない(KB 525306) Web Access GUIの[CD/DVDの構成]ページである特定の操作を行うと、[システムの再起動]ダイアログボックスが表示されることがある(KB 8464334) 仮想マシンの管理上の問題 サスペンド状態の仮想マシンのスナップショットを複数作成するとエラーが発生する(KB 1424776) テンプレートから配布された仮想マシンのBIOS設定が失われることがある(KB 8808589) 物理モードまたは仮想モードの、「ホット アド」されたRDM仮想ディスクがある仮想マシンのスナップショットまで戻ると、仮想マシンが停止する(KB 9729125) 仮想マシンに、別の場所に保存された、同じ名前のファイルがある2つのディスクがあると、その仮想マシンのスナップショットを削除できない(KB 5096672) Rev EとRev F AMD CPU間のVMotionに失敗する(KB 3700586) ゲスト オペレーティング システムに関する問題 SLES 10 Linuxゲスト オペレーティング システムを使用すると、仮想マシンでのネットワーク パフォーマンスが悪くなることがある(KB 461197) 新規 電源を入れたときに、SMPのSolaris 10ゲストが停止することがある(KB 4484334) Netware5およびNetware6.5ゲスト オペレーティング システムで、[リセット]および[再起動]オプションが機能しない(KB 2050857) SMP仮想マシンでSolaris 10 GAまたはSolaris 10 U1を実行していると、ゲスト カーネルが障害を報告する(KB 3605018) SunのパッチによるSolaris 10ゲストのパフォーマンスの改善(KB 9876622) ある特定のCPUコマンドを実行すると、32ビット仮想SMP Solarisゲスト オペレーティング システムが応答しない(KB 5365186) ゲストを停止してもツールのインストールが無効にならない(KB 5498908) AMDカーネルでRed Hat Linuxに割り当てられたメモリが有効にならない(KB 630279) Solaris 10u2のインストール時に、ディスク エラーが発生する(KB 3174163) その他の問題 4G Brocade スイッチ バージョン5.0.4を使用すると、VMware ESXでフェイルオーバー障害になる(KB 3641217) MSCSには、2 GBファイバ チャネル ドライバが必要(KB 1560391) VMware HAによる一時的なホスト ネットワーク隔離の取り扱いが正しくない場合がある(KB 2956923) 英語以外のロケールに設定されているシステムで、インストール パスに英語以外の文字が含まれていると、VirtualCenterが正しくインストールされない(KB 2302421)   <h2VMware ESX 3.0およびVirtualCenter 2.0の既知の問題</h2> このリリースのセキュリティ警告 VMware製品のセキュリティ警告については、 KB 1107を参照してください。 既知の問題は、次のように分類されています。 インストールに関する問題 アップグレードに関する問題 バックアップに関する問題 サーバ構成に関する問題 VirtualCenter、VIクライアント、およびWeb Accessに関する問題 仮想マシンの管理上の問題 ゲスト オペレーティング システムに関する問題 その他の問題 インストール   RSAII アダプタを使用するBM x445サーバで、グラフィカル インストーラのロードに失敗することがある(KB 2148) Intel Bladeサーバにリモート インターフェイスを使用してインストールするときに画面に何も表示されない(KB 2149) VirtualCenterサーバのアップグレードまたはインストール後に、VIクライアントを使用してVirtualCenterサーバにログオンできない(KB 2150) IBM e326またはDell-1850にVMware ESX 3.0をインストールすると、キーボードが反応しなくなる(KB 2152) LPe1150を使用してBootFromSanを実行しようとするとき、HBAのリンクが起動しない(KB 2288) 128を超えるLUNが接続されたVMware ESX 3.0システムをインストールできない(KB 2154) VMware ESX 3.0サーバをインストールして再起動したあと、USBキーボードおよびマウスが使用できない(KB 2280) 仮想マシンのRawディスクの、アップグレード スクリプトによるRDMへのアップグレードができない(KB 2168) アップグレードに関する問題 サード パーティ製のソフトウェアと新しいVWwareサービス コンソール ファイアウォール(KB 2143) ホストでESX Server 2.xが実行されていると、テンプレート アップグレードが機能しない(KB 2189) 仮想マシンにレガシー仮想ディスクを追加すると、レガシー仮想マシンにダウングレードされる(KB 2137) レガシー仮想マシンから既存のディスクを使用して仮想マシンを作成すると、正常に完了しないことがある(KB 2134) ESX Server 2.xから3.0へのアップグレード中に、RPMトランザクションでインストーラがクラッシュする(KB 2195) VMware ESX 3.0で、マルチブート インストールのアップグレードが適切にサポートされない(KB 2199) VMFS2からVMFS3へのアップグレード中に、追加のVIクライアントがVMware ESXのホストに接続できない(KB 2236) ESX Server 2.xからVMware ESX 3.0への移行またはアップグレード時に、トラフィック シェーピング設定が失われる(KB 2164) セキュリティ service iptables startを実行するとファイアウォールが無効になる(KB 2160) Nessusで、VERITAS Backup Exec Security Advisory for Windows Serversを示す警告が表示される(KB 2206) Nessusで、Ascendルータのあるポート9の脆弱性に関する警告が表示される(KB 2299) ライセンス 事前にチェックされた一部のアイテムをライセンス プールに戻すように指定できない(KB 2170) VMware Consolidated Backup(VCB)に関する問題 複数の仮想マシンをバックアップしたあと、Legato Networker IM GUIに仮想マシンが1つしか表示されない(KB 2144) 初期化していないディスクがある仮想マシンの、ファイル レベルのバックアップに失敗する(KB 2147) VirtualCenterサーバからVCBを切断したときに表示される警告(KB 2151) サーバ構成に関する問題   ネットワーク VMware ESXをアップグレードしたあと、ネットワーク アダプタ チームが動作しない(KB 2201) VMware VirtualCenterおよびVMware VMware ESXが、異なる形式のデータストアURLを示す(KB 2305) 断続的なVMotion、NFS、またはISCSIの障害によって、ネットワークのIPアドレスに重複が発生することがある(KB 2253) I/OがEMC Symmetrixsで停止する(KB 2287) NFS共有のサービス コンソールからISOイメージを使用しているときに、仮想マシンまたはプロセスが停止する(KB 2296) VirtualCenterとesxcfg-vswitch - lコマンドとで、異なるポート数が表示される(KB 2091) VMware ESX 3.0のアップグレードのあとで、仮想マシンが起動できない(KB 2237) Broadcomネットワーク アダプタ5700 Rev 14および5701 Rev 15を大量のトラフィックで使用すると、伝送が停止する(KB 2242) 新しいネットワーク アダプタを追加したあと、VMware ESXシステムのホストへのVIクライアントの接続が失われる(KB 2243)   ストレージ iSCSIソフトウェアのイニシエータの検出プロセスを続けて実行できない(KB 3344257) サード パーティ製のソフトウェアと新しいVWwareサービス コンソール ファイアウォール(KB 2143) RDMディスクのある仮想マシンで使用できるのは、インプレイス アップグレードのみ(KB 2204) MSCSクラスタリングによって、IBM FastTシリーズのアレイで、バックアップ サーバへの不必要なフェイルオーバーが起こることがある(KB 2161) SANのLUNが、VirtualCenter UIには表示されないが、MUIには表示される(KB 2278) VMware ESX が、HP Insight Manager 7.5.1aにストレージ コントローラを報告しない(KB 2223) ディスク容量の不足が原因でVMFS-2ボリュームのアップグレードに失敗する(KB 2210) 複数のvmfsのアップグレード(KB 2211) VMFS2からVMFS3へのアップグレード中に、追加のVIクライアントがVMware ESXのホストに接続できない(KB 2236) VirtualCenter 2.0、Managed ESX Server 2.xホストにISOイメージをマウントしようとするときに、/vmimagesデータストア ディレクトリを参照できない(KB 2162) 名前付きパイプに接続しているシリアル ポートを使用しているときに、VMFSでパスや場所を相対的に指定できない(KB 2192) ディスクにVMware ESXのサービス コンソール ファイル システムが含まれていると、データストアの作成操作に失敗することがある(KB 2240) ディスク バッキング ファイルの削除時に、パワーオフしている別の仮想マシンによってそれが使用されていても保護されない(KB 2245) BIOSのQlogic PCIデバイスを無効にするとPSODになる(KB 2209) NFSマウントがデフォルトで8に制限されている(KB 2239) iSCSIからのVMware ESXの起動時に、qla4010カードの構成で問題が発生する(KB 2207) iSCSIソフトウェアのシステム時間が正しくない(KB 2208) VirtualCenter、VIクライアント、およびWeb Accessに関する問題 アクセスできない仮想マシンの名前が[不明な仮想マシン]になる(KB 2172) VirtualCenter 2.0による管理を行うと、VirtualCenter 1.xのホストでリアルタイムの統計情報のデータに差異が生じる(KB 2198) ログオフする間に、断続的にSSL警告が表示される(KB 2169) ローカライズ版のオペレーティング システムのサーバが、特定のロケールを認識できない(KB 2178) クラスタの外にホストを移動したあと、VIクライアントのインベントリにホストの仮想マシンが表示されない(KB 2165) VIクライアントで、esx.conf.WRITELOCKが取得できないというエラー メッセージが表示される(KB 2183) ホストの障害後、起動したときにHAサービスが起動せず、ホストでHAエラーが発生する(KB 2300) VIクライアントの[データストアの参照]オプションで、vmkfstoolsで作成した.vmdkファイルが認識されない(KB 2171) VIクライアントにログオンできない(KB 2184) [構成]ウィザードに不正なテキストを入力すると処理不能な例外が発生することがある(KB 2186) VIクライアントの[診断データのエクスポート]オプションで、ほかのドメインのホスト名の解決に失敗することがある(KB 2187) VIクライアントがホストを追加できない(KB 2257) 仮想マシンの管理上の問題 同じイベントで異なるエラー メッセージが表示される(KB 2174) ある特定のファイバ チャネル環境で、VMotionが成功せず、仮想マシンが元のマシンで実行されたままになる(KB 2265) 一部の仮想マシンで、予約容量が、その親のリソース プールの予約されていない容量よりも小さいにもかかわらず、パワーがオンにならないことがある(KB 2158) アップグレードされた、読み取り専用モードの仮想マシンのスナップショット作成が許可されない(KB 2175) [ハードウェア]オプションを切り替えるとき、[フロッピー]と[CD-ROM]設定がグレー表示で使用できない(KB 2179) [仮想マシン起動/停止]のホスト設定で、アクションと遅延の指定が必要(KB 2190) [仮想マシン起動/シャットダウン]のホスト設定で、仮想マシンの設定に変更が反映されない(KB 2194) vmware-cmdが、VMFS3へのシンボリック リンクを認識しない(KB 2122) 新しい仮想ディスクへの、はじめての書き込み処理が遅い(KB 2191) ESX Server 2.xでバックアップした仮想マシンをVMware ESX 3.xに復元するときに、誤ったエラー メッセージが表示される(KB 2307) VmPerl::VM::stopおよびvmware-cmd <vm> stopから復帰/完了しても、仮想マシンがまだ実行されていることがある(KB 2295) パワーオンになっている仮想マシンのSCSIデバイスに接続しようとすると、仮想マシンがパワーオフになる(KB 2248) 仮想インフラストラクチャ クライアントからVMware ToolsをインストールするとSolarisゲストからCD-ROMが取り出されない(KB 2157) 不正なパスが原因でCD-ROMに接続できない(KB 2303) 以前の編集を完了しないと仮想マシンを再編集できない(KB 2205) 仮想マシンがパワーオンのとき、仮想マシンで[電源]オプションの変更を行うとエラー メッセージが表示される(KB 2251) Tools Upgrader for Autotools Installationを実行してアップグレードすることができない(KB 2121) NISを有効化したVMware ESXのホストでの断続的な仮想マシンの障害(KB 2255) 仮想マシンのパラレル ポートに出力ファイルへの書き込みが設定されていると、VMotionが90%進んだところで失敗する(KB 2284) 仮想マシンによってVMware Toolsがインストールされているように見えるが、実際にはインストールされていない(KB 2277) ゲスト オペレーティング システム 『ゲストOSインストールガイド』の最新版は次のリンクに従って参照できます。 HTML | PDF | PDF(日本語) Solaris 10およびSolaris 10 Update1オペレーティング環境のSMC2.1で、ディスク サイズとして負の数が表示される場合がある(KB 2215) 仮想マシンに標準でない BootExecute値があると、Windows仮想マシンのクローンの作成に失敗することがある(KB 2246) 大量のネットワーク転送を行うと、Solaris 10仮想マシンのネットワーク接続が停止することがある(KB 2176) Solaris 10 Update 1仮想マシンでは、仮想フロッピー デバイス、仮想パラレル ポート、または仮想シリアル ポートを適切に検出および構成できないことがある(KB 2270) Windows仮想マシンがカスタマイズされているときにDHCPサーバを使用できないと、仮想マシンがドメインに加われないことがある(KB 2262) EMC CLARiiONシリーズおよびSymmentrixシリーズのストレージアレイで、Solaris 10 U1ゲスト オペレーティング システムがサポートされていない(KB 2289) Linuxゲストで、仮想マシンのカスタマイズに失敗することがある(KB 2301) 古いゲスト オペレーティング システムが異常な動作をする(KB 2225) [Stopped tracking Time of Day Clock]というSolarisの警告(KB 2250) VMware ESX 3.0を実行するDell PowerEdge 6850ホストで、64ビット ゲストをインストールするにはA03 BIOSが必要(KB 2087) Solaris 10仮想マシンでの表示およびマウスの問題(KB 2254) Solaris 10仮想マシンで、非常に多くのネットワーク エラーが検出される(KB 2258) 64 ビットRed Hat Enterprise Linux、Updates 3、5、6、7、および8のSMPカーネルのインストールに失敗することがときどきある。その際にAnacondaのImportErrorメッセージが表示される(KB 2260) Red Hat Enterprise Linux Advanced Server 3.0 64ビット ゲストが、Intel VTホストでエラーを生成する(KB 2263) 4 GBより大きなメモリを使用するコンピュータの64ビットLinuxゲストで、パニックが起こる(KB 2269) その他の問題 Hewlett Packard DL760 G2サーバでは、VMkernelをロードすると警告が表示される(KB 2145) VirtualCenterのデータストア ブラウザに、ESX Server 2.xホストの仮想マシンの仮想ディスク ファイルが表示されない(KB 2203) メンテナンス モードのホストを手動で再起動する場合、自動起動は実行されない(KB 2214) ホストを切断したり削除したりするとスケジュール設定タスクが削除される(KB 2180)   修正済みの問題 ここでは、Virtual Infrastructure 3.0の既知の問題であったが、このバージョンで修正された問題を示します。 インストールに関する問題 ML570 G4またはDL580 G4で、iLO2仮想メディアまたはIRC (リモート コンソール)を使用できない(KB 2285) SASおよびSCSIコントローラの両方を使用している場合、VMware ESXインストーラでディスクを参照できない(KB 2167) WorkStation 5.x、VMI 1.5、またはVCBがVirtualCenter Server 2.xと同じマシンにインストールされているとカスタマイズが中断する(KB 2297) アップグレードに関する問題 ESX Server 2.xから3.0への仮想マシンのコールド移行に失敗する(KB 2182) 自動開始を使用していた仮想マシンが自動開始しなくなる(KB 2232) 別のホストから、共有LUNをVMFS-3にアップグレードしたあと、レガシー テンプレートを使用できない(KB 2235) 仮想マシンのレイアウト変更のアップグレード処理に失敗する(KB 2181) Oracle 10.2.0.1を使用してVirtualCenter 1.x からVirtualCenter 2.0にデータベースをアップグレードするときに失敗することがある(KB 2304) VMFS-2からVMFS-3へのアップグレードの際に、VMware ESXのVIクライアントが応答しなくなることがある(KB 2233) VMFS-2からVMFS-3にアップグレードしたVMFSボリュームが、アップグレード後に読取り専用と表示されることがある(KB 2197) ライセンス VMware ESXのホスト設定よりも、VCライセンス サーバ設定が優先されることがある(KB 2212) VMware Consolidated Backup(VCB)に関する問題 pre-command.batおよびpost-command.batを、VCBのNetbackup統合モジュールのREADMEにある説明どおりに使用しても予期どおりに動作しない(KB 2249) バックアップ プロキシに6以上の仮想ディスクがある場合、VCBでのファイル レベル バックアップに失敗する(KB 2185) ESXサービス コンソールからの vcbMounterを使用した仮想マシンのバックアップに失敗する VMware ESXのサービス コンソール上で、異なるVMware ESXシステムがホストする仮想マシンのバックアップを作成するための vcbMounterの実行を妨害していたバグは修正されました。これによって、同じ VirtualCenterインスタンスによって管理されるVMware ESXシステムのファーム内の、また、仮想ディスク イメージの共通のプールを共有する、すべての仮想マシンについてバックアップを作成できるようになりました。ファーム内のVMware ESXシステムのどのサービス コンソールからでも、 vcbMounterを実行することによって仮想マシンのバックアップを作成できます。VMware ESX 3.0.1でこの機能を使用するには、ファームを管理するVirtualCenterサーバに対して vcbMounterを実行します。 サーバ構成に関する問題   ネットワーク vmxnet_consoleを使用してるとき、および ESX Server 2.xから3にアップグレードしているときに、サービス コンソールのネットワークが機能しない(KB 2202) ユーザーがデータベース接続の最大数を10未満の値に設定しているにもかかわらず、データベース サーバで11の接続が表示される(KB 2302) ある特定のPCI IDでIntel e1000 NICを使用すると、カーネル パニックが起こる場合がある(KB 2221) ネットワーク接続が失われ、ログに[WARNING: Uplink: 1925: Couldn't allocate pkt for frame copy]と記録される(KB 2274) VMotionに重複したIPアドレスが設定されると、エラーが発生する(KB 2224)   ストレージ ESX Server 2.1.xおよび2.0.xで、予期どおりの構成またはRawディスク情報が提供されない(KB 2133) 仮想マシンに追加されたマップ済みのSANのLUNがリストに表示されない(KB 2216) 共有LUNを、別のホストからVMFS-3にアップグレードしたあと、レガシー テンプレートを使用できない(KB 2235) 極端なフェイルオーバーの状態にあるときにEmulexファイバ チャネル カードを使用すると問題が発生する(KB 2244) VirtualCenter、VIクライアント、およびWeb Accessに関する問題 仮想マシンをパワーオンしたときに、VIクライアント インターフェイスで[特定のパラメータが正しくありません。]というエラーが発生する(KB 2173) VIクライアントで[データベース パスワード]または[作成されるデータベース接続の最大数]に加えた変更が、VirtualCenterサービスを再起動するまで反映されない(KB 2218) 仮想マシンの管理上の問題 CPUが2個以上ある仮想マシンをパワーオンできない(KB 2159) 262GBより大きな仮想マシンを作成しようとすると、ホスト クライアントでの仮想マシンまたは仮想ディスクの作成に失敗する(KB 2177) iSCSIソフトウェアを使用している場合に、LUNへのすべてのパスにアクセスできなくなり、Abort無限ループになる(KB 2298) 1つのネットワークに接続されている2つのネットワーク アダプタがある仮想マシンで、仮想マシンのクローン作成およびカスタマイズ処理に失敗する(KB 2200) システムの停止を示す[Spin count exceeded (EventQueue, 448) - possibile deadlock]というエラーメッセージ(KB 2306) Latency-SensitiveなI/O作業負荷を伴うWindows仮想マシンで、4-waySMP構成の速度が遅くなることがある(KB 2231) ゲスト オペレーティング システム   Solaris 10 Update 1オペレーティング環境で、リモート フロッピーが機能しない(KB 2220) インストール中に64ビットRed Hat Enterprise Linux 4が停止する(KB 2229) Windows XPで、VMware LSILogicストレージ アダプタ用ストレージ ドライバが使用できない(KB 2241) ボリュームのマウント時にWindows 2003 SP1でブルー スクリーンが表示される(KB 2267) その他の問題 VMware ESXのバージョン 2.xおよび3.xから、VMotionを使用して仮想マシンを移行できない(KB 2155) [すべてのスナップショットの削除]の処理中に、仮想マシンのモードが[スナップショット統合]に変わる(KB 2222) HAクラスタの構成時に、HA構成タスクに失敗し、エラー メッセージが表示される(KB 2135) HA構成タスクに失敗する、または仮想マシンのフェイルオーバーが行われない(KB 2259) テンプレートのアップグレードに失敗し、名前がすでに存在するというエラーが表示される(KB 2196) 有効にしなおしてもそれが反映されない(KB 2279)   ローカライズに関する問題 VMware ESXコンソールで、また、esxtopコマンドの使用時に、ASCII以外の文字を表示できない。コンソールでUTF-8の文字を取り扱えない。 回避策:すべての仮想マシン名および設定に、ASCII文字を使用してください。または、UTF-8の文字を表示する構成が可能な端末を使用してください。 [日本語のみ] 仮想スイッチ名では、すべての日本語の文字を正しく取り扱えない。 回避策:仮想スイッチ名には、すべてASCII文字を使用してください。 Guest Customization Wizard で「会社名」「ユーザ名」に日本語を入力すると、ウィザード終了後のデプロイメントタスクが失敗する。 回避策:会社名、ユーザー名は英語にて入力し、VMデプロイ後に日本語名に変更してください。 アラーム名を日本語にするとエラーが発生し、その後作成した仮想マシンは電源を入れられなくなる。 回避策:デフォルトで作成されているアラームを編集しないで下さい。また新規で作成するアラーム名は英語を用いて下さい。 日本語VirtualCenter環境にて、クラスター・リソースプール・仮想マシン名等を日本語で作成すると、DRS を構築する際に新しい仮想マシンを作成できない場合がある。 回避策:クラスター・リソースプール・仮想マシン名は英語で作成してください。 データストア名に日本語を入れた状態で VC のサービスを再起動するとデータストア名の最後の一文字が消えてしまう場合がある。 回避策:データストア名は、英語で入力してください。 日本語VirtualCenterから送出されるアラーム名が日本語になっている。 回避策:英語版VirtualCenterにてアラームを取得しているアプリケーションをお持ちの場合は、英語版VirtualCenterを継続利用してください。 仮想マシン名、データセンター、クラスター、リソースプール名に日本語がある場合、VCBで取得したバックアップデータのリストアが出来ない場合がある。 回避策:上記名称を英語で記述してください。 本リリース ノートに対する追加情報およびアップデートを適宜確認してください。 VMware ESXバージョン 3.0.1 | 2006年10月02日 | ビルド32039 VirtualCenter バージョン 2.0.1 | 2006年10月02日 | ビルド32344_JA 最新アップデート : 10/24/06
本リリース ノートに対する追加情報およびアップデートを適宜確認してください。 VMware ESXバージョン 3.0.1 | 2006年10月02日 | ビルド32039 VirtualCenter バージョン 2.0.1 | 2006年10月02日 | ビルド32344_JA 最新アップデート : 10/24/06 2.0.1、2.1.x、2.5.x、3.0、3.0.1
2.0.1
2.0.1、2.1.x、2.5.x、3.0、3.0.1
  2.0
  2.0.1、2.1.x、2.5.x、3.0
本リリース ノートに対する追加情報およびアップデートを適宜確認してください。 VMware ESXバージョン 3.0.1 | 2006年10月02日 | ビルド32039 VirtualCenter バージョン 2.0.1 | 2006年10月02日 | ビルド32344_JA 最新アップデート : 10/24/06
 VirtualCenterのバージョン 2.0.1
 VMware ESXのバージョン 2.0.1、2.1.x、2.5.x、3.0、3.0.1
 GSX Serverのバージョン  
 VMware Serverのバージョン  
 VirtualCenterのバージョン 2.0.1 2.0
 VMware ESXのバージョン 2.0.1、2.1.x、2.5.x、3.0、3.0.1 2.0.1、2.1.x、2.5.x、3.0
 GSX Serverのバージョン  
 VMware Serverのバージョン  
 VirtualCenterのバージョン 2.0.1 1.4
 VMware ESXのバージョン 2.0.1、2.1.x、2.5.x、3.0、3.0.1 2.0.1、2.0.2、2.1.x、2.5.x
 GSX Serverのバージョン   3.1、3.2
 VMware Serverのバージョン   1.0
 VirtualCenterのバージョン 2.0.1 1.3、1.3.1
 VMware ESXのバージョン 2.0.1、2.1.x、2.5.x、3.0、3.0.1 2.0.1、2.1、2.1.1、2.1.2、2.5.x
 GSX Serverのバージョン   3.1、3.2
 VMware Serverのバージョン  
 VirtualCenterのバージョン 2.0.1 1.2
 VMware ESXのバージョン 2.0.1、2.1.x、2.5.x、3.0、3.0.1 2.0.1、2.1、2.1.1、2.1.2、2.5.0、2.5.1
 GSX Serverのバージョン   3.1、3.2
 VMware Serverのバージョン  
 VirtualCenterのバージョン 2.0.1 1.1
 VMware ESXのバージョン 2.0.1、2.1.x、2.5.x、3.0、3.0.1 2.0.1、2.1、2.1.1
 GSX Serverのバージョン   3.1
 VMware Serverのバージョン  
 VirtualCenterのバージョン 2.0.1 1.0.1
 VMware ESXのバージョン 2.0.1、2.1.x、2.5.x、3.0、3.0.1 2.0.1、2.1
 GSX Serverのバージョン  
 VMware Serverのバージョン  
 VirtualCenterのバージョン 2.0.1 1.0
 VMware ESXのバージョン 2.0.1、2.1.x、2.5.x、3.0、3.0.1 2.0.1
 GSX Serverのバージョン  
 VMware Serverのバージョン  
このソフトウェアをインストールする前に、『VMware ESX互換性ガイド』を参照してください。お使いのサーバ、I/O、ストレージ、ゲスト オペレーティング システム、管理エージェント、バックアップ ソフトウェアに互換性があるかどうかを確認することは重要です。これらのガイドには、このリリースに関する最低要件と拡張制限も記載されています。次のリンクをクリックすると、ドキュメントを参照できます。 『Systems Compatibility Guide For VMware ESX 3.x』 『I/O Compatibility Guide For VMware ESX 3.x』 『Storage / SAN Compatibility Guide For VMware ESX 3.x』 『Backup Software Compatibility for VMware ESX 3.x』 VMware ESXおよびVirtualCenterをインストールして構成する際は、『 インストールおよびアップグレード ガイド』を必ずお読みください。このドキュメントでは、その方法について順を追って説明しています。 インストール手順は単純ですが、そのあとでいくつかの構成作業を行う必要があります。特に、次の項目をお読みください。 『 インストールおよびアップグレード ガイド』の「ライセンス」 『 サーバ構成ガイド』の「ネットワーク」 『 サーバ構成ガイド』の「セキュリティ」(ファイアウォール ポートに関する記述) 既存のVMware ESX(およびVirtualCenter環境を)アップグレードしている場合、『 インストールおよびアップグレード ガイド』の「アップグレード」の章をよくお読みください。