VMware ESXi バージョン 3.5 Update 1 Installable | 2008 年 4 月 23 日 | ビルド 82664

VMware Infrastructure Management Installer | 2008 年 4 月 23 日 | ビルド 85606

VirtualCenter Server 2.5 Update 1 | 2008 年 4 月 23 日 | ビルド 85606

VMware Infrastructure Client | 2008 年 4 月 23 日 | ビルド 85586

VMware Consolidated Backup 1.1 | 2007年12月10日 | ビルド 64559

最新アップデート:2008 年 4 月 23 日

本リリース ノートに対する追加情報およびアップデートを適宜確認してください。

このリリース ノートには、次のトピックが含まれています。

注:多くの公開ドキュメントには、VMware ESX 3.5はVMware ESX 3.5として、VMware ESXiはVMware ESXi 3.5として知られています。このリリース ノートには、インターフェイスとドキュメントを一致させるために、旧規則の使用を続行します。将来のリリース ノートには製品名をアップデートします。

新機能

VMware Infrastructure 3 のこのリリースでは、次の点が改善されました。

VMware High Availability (HA)

VirtualCenter 2.5 Update 1はESXiホストのVMware High Availability(HA)のサポートを拡張します。詳細については、 次の内容を参照してください。

ハードウェア管理

ESXi バージョン 3.5 Update 1 Installable では、次の点が改善されました。

  • CPU、システム メモリ、ファン、電源、センサー、およびベース サーバに対し、ハードウェアの監視および警告のサポートの強化。ハードウェアの稼動状態に関する情報は、HP Insight Manager 8.0 などのサード パーティ製管理製品が使用します。
  • IPMI(Intelligent Platform Management Interface)の同時サポート。
  • WS-MAN(Web Services for Management)プロトコルのサポートの更新。

対応ハードウェア

ESXi バージョン 3.5 Update 1 Installable の対応ハードウェアは、主に次の点が改善されました。

MSCS(Microsoft Cluster Service)のサポート

VMware ESXi バージョン 3.5 Update 1 Installable では、Microsoft Cluster Server がサポートされています。サポート内容は ESX 3.0.1 に似ていますが、次の追加機能があります。

  • MSCS で 64 ビットおよび 32 ビットの Windows 2003 のゲストがサポートされます。
  • MSCS を使用する仮想マシンを SAN から起動できるようになりました。
  • アプリケーション レベルのレプリケーション(たとえば Exchange 2007 クラスタ連続レプリケーション(CCR)を使用する MNS(Majority Node Set)クラスタがサポートされるようになりました。

重要な制限事項を含む MSCS のサポートの詳細については、『 Microsoft Cluster Service のセットアップ』を参照してください。サポート対象のストレージ アレイについては、『 ESX 3.5 および ESXi ストレージ/SAN 互換性ガイド』を参照してください。

バックアップ ソフトウェアのサポート

サード パーティ ベンダー製の次のバックアップ ソフトウェアのサポートが追加されました。

  • Tivoli Storage Manager 5.5
  • EMC (Legato) Networker 7.4.1

ゲスト OS のサポート

次のゲスト OS が新しくサポートされるようになりました。

  • Red Hat Enterprise Linux 5.1
  • Red Hat Enterprise Linux 4 Update 6
  • SUSE Linux Enterprise Server 9 SP4
  • Ubuntu 7.10

管理エージェントのサポート

次のバージョンの管理エージェントが新しくサポートされるようになりました。

  • Dell OpenManage 5.4
  • HP Insight Manager 8.0

プラグインのアップデート

このリリースの VMware Infrastructure 3 ソフトウェア スイートには、次の機能も含まれます。

ページの先頭へ

以前のリリースの VMware Infrastructure 3

ESXi バージョン 3.5 と VirtualCenter 2.x の各リリースを含む以前のリリースの VMware Infrastructure 3 の機能および既知の問題点については、各リリースのリリース ノートで説明しています。次に示すリンクをクリックすると、それぞれ以前のリリースの VMware Infrastructure 3 コンポーネントのリリース ノートが表示されます。

ESXi Installable のリリース

VirtualCenter のリリース

ページの先頭へ

はじめに

ESX 、VirtualCenter、および VMware Infrastructure Client の互換性

ESX 、VirtualCenter、および VMware Infrastructure Client の互換性マトリックスが記載されたガイドに、ESX 、VirtualCenter、VI Client などの VMware Infrastructure 3 コンポーネントの最新バージョンと以前のバージョンの互換性に関する詳細情報が記載されています。

今回のリリースの構成に関する注意点

ESXi の構成と VirtualCenter ソフトウェアのインストールを行う前に、ESX の各システム互換性ガイドを参照してください。サーバ、I/O、ストレージ、ゲスト OS、管理エージェント、およびバックアップ ソフトウェアに互換性があることを確認する必要があります。また、これらのガイドでは、今回のリリースでの最小要件やスケーリング制限の問題も扱っていま す。

  • 『ESX 3.5 および ESXi システム互換性ガイド』( PDF
  • 『ESX 3.5 および ESXi I/O 互換性ガイド』( PDF
  • 『ESX 3.5 および ESXi ストレージ/SAN 互換性ガイド』( PDF
  • 『ESX 3.5 および ESXi バックアップ ソフトウェア互換性ガイド』( PDF

ESXi と VirtualCenter の構成の具体的な手順については、『 ESXi Installable セットアップ ガイド』を参照してください。

VirtualCenter 2.5 Update 1 へのアップグレードまたは移行

また、VirtualCenter 1.4.1 から、VirtualCenter 2.0.2 (Update 1、Update 2 および Update 3 を含む)、または VirtualCenter 2.5 から VirtualCenter 2.5 Update 1 へアップグレードもサポートされています。『 アップグレード ガイド』に記載されているアップグレードおよび移行方法の詳細とガイドラインをお読みください。

ESXi バージョン 3.5 Update 1 へのアップグレードまたは移行

このリリースでは、仮想マシンの ESX 2.x 以降のバージョン(ESX 3.0.x を含む)から ESXi への移行がサポートされています。インストールおよびアップグレード方法の詳細については、『 アップグレード ガイド』を参照してください。

ページの先頭へ

このリリースに含まれるパッチ

このリリースには、この製品のリリース日より前にリリースされた、ESX ソフトウェアのすべてのパッチが含まれます。各パッチの詳細については、 ESXi のパッチのダウンロード ページを参照してください。

ESXi バージョン 3.5 Update 1 Installable には、次のパッチが含まれます。

以前にリリースされたバンドル:

  • ESXe350-200802401-O-BG
  • ESXe350-200712401-O-BG

ESXi バージョン 3.5 Update 1 Installableとともにリリースされたバンドル:

  • ESXe350-200803201-O-UG

各パッチの内容の詳細については、ダウンロード ページに記載されたドキュメントを参照してください。

ページの先頭へ

既知の問題点

既知の問題点でナレッジベースの記事へのリンクがあるものは、次のパスを使用して記事にアクセスできます。

http://kb.vmware.com/>ナレッジベース番号<

既知の問題点は次のように分類されています。

アップグレードおよびインストールの問題

ネットワークの問題

ストレージの問題

バックアップの問題

VMware High Availability(HA) の問題

サーバ構成の問題

VirtualCenter と VI Client、Web Access の問題

仮想マシンの管理の問題

VMotion による移行の問題

ゲスト OS の問題

リモート CLI(コマンドライン インターフェイス)の問題

ESXi バージョン 3.5 とともにリリースされたリモート CLI(コマンドライン インターフェイス)アプライアンスで、構成に関する問題が見つかっています。リモート CLI 仮想アプライアンスは、製品を簡単にデプロイし、その機能をテストするための便利な方法として提供されています。当社は、本番環境でのこのアプライアンス を使用することは推奨していません。このアプライアンスの今後のリリースでは、本番環境でも使用できるようになります。現時点では、Windows と Linux にインストール可能なバージョンのリモート コマンドライン インターフェイスを本番環境に使用してください。

その他の問題

ページの先頭へ

解決した問題

このリリースは、 ESX 3.5 Update 1およびESXi Update 1(EmbeddedおよびInstallable)に解決した問題(KB 1004689)のナレッジ ベースの記事に説明した問題、パッチのドキュメントに説明した問題、次のすべての問題を修正します。

アップグレードおよびインストールの問題

ネットワークの問題

VirtualCenter と VI Client、Web Access の問題

  • ソケット関連のエラーで VirtualCenter サーバから ESX ホストへの接続が切断される(KB 1004300)
  • iSCSI を有効にする場合、ファイアウォールのiSCSI ポートが自動的に構成されない
    以前のリリー スでは、VI Clientを使用してiSCSIを有効にする場合は、ESX Serverファイアウォールは、iSCSI通信を可能にするように自動的に構成されません。このリリースでは、VI Client から iSCSI が有効にされると、ESX ファイアウォールは、iSCSI 通信を可能にするように自動的に構成されます。

  • ESX 3.0.2. Update 1 ホストを VirtualCenter 2.5に追加できない
    以前のリリースでは、ESX 3.0.2 Update 1 ホストの追加に失敗し、次のエラーが報告されます。「指定されたホストにアクセスできません....」このリリースでは、この問題は解決済みで、 VirtualCenter 2.5 Update 1 に、ESX 3.0.2 Update 1 ホストが成功に追加できました。

  • License Server との接続が失われると、VirtualCenter の反応が鈍くなり、ホストがVirtualCenterから切断された
    こ のリリースでは、以前のリリースで検出された、次の問題を解決します。License Server と VirtualCenter との接続が失われると、VirtualCenter サーバの反応が鈍くなり、または VirtualCenter Server Service が再起動される場合は ESX ホストが切断されます。旧バージョンでこの問題を解決するには、License Server を再起動します。

仮想マシンの管理の問題

VMotion による移行の問題

 

ページの先頭へ

国際化に関する既知の問題点

このリリースの VMware Infrastructure 3 には、英語以外の言語のサポートに役立つ機能拡張や修正が含まれます。このセクションでは、英語以外のロケールのサポートに関する既知の問題点について説明します。

ASCII 以外の文字の入力制限

  • Virtual Infrastructure 3 またはそのコンポーネントのいずれかをインストールするコンピュータの名前には、ASCII 以外の文字を使用しないでください。
  • VirtualCenter サーバをインストールするコンピュータまたは仮想マシンの名前に ASCII 以外の文字があった場合、VirtualCenter サーバのインストールに失敗します。
  • すべてのコンポーネントについて、インストーラで指定されたデフォルトのインストール パス名を使用するようにします。インストーラは ASCII 以外の文字を含むインストール パス名をサポートしないため、インストール パスを、ASCII 以外の文字を含むパスに設定する等の変更をしないでください。
  • DRS クラスタの [設定の編集(Edit Settings)] の下にある、[仮想マシンのルール(Virtual Machine Rule)] の名前フィールドに ASCII 以外の文字を入力しないでください。ASCII 以外の文字を入力すると、VirtualCenter サーバが起動しなくなります。
  • DRS クラスタの [設定の編集(Edit Settings)] の下にある [詳細オプション(Advanced Options)] のフィールドでは、いずれも ASCII 以外の文字を入力しないでください。ASCII 以外の文字を入力すると、VirtualCenter サーバが起動しなくなります。
  • データストア名、仮想ネットワーク名、およびイメージ ファイル名(CD、DVD、およびフロッピー ドライブ)は、ASCII 文字にのみ制限されます。
  • [今日のメッセージ(Message of the Day)] には ASCII 文字のみを使用するようにします。
  • VirtualCenter サーバへのログインは、ユーザー名(Windows のログイン アカウント名)に ASCII 文字のみを使用している場合にサポートされます。
  • ASCII 以外の文字を使用すると、イメージのカスタマイズが失敗する場合があります。(ベータ版の場合のみ)
  • カスタム属性の名前と値には、ASCII 文字のみを使用する必要があります。
  • 一般的なインターネットの運用およびプロトコルに適合させるため、次の項目は ASCII 文字を含むことができません。ホスト名、ワークグループ名、ドメイン名、URL、E メール アドレス、SMTP サーバ名、SNMP コミュニティー文字列。
  • ASCIIエンコーディングを使用するゲストOSのカスタマイズがサポートされていますが、UTF-8エンコードの日本語、中国語またはドイツ語 のネイティブ文字を使用するカスタマイズのサポートが制限されています。非ASCIIエンコードの所有者、組織、ユーザー名、またはパスワードを使用する カスタマイズの場合、VirtualCenterおよびsysprepツールがゲストOSと同じロケールにホストされる必要があります。このシナリオには UTF-8回答ファイルの使用が含まれます。

ASCII 以外の文字の表示制限

  • VirtualCenter サーバを言語が異なる Windows で実行中の VI Client で管理する場合、Windows における言語固有のサポート状況の違いが原因で、文字が正常に表示されない場合があります。
  • ASCII 以外の文字を含むログの場所またはユーザー名がエラー メッセージに含まれる場合、ローカライズされた環境では正常に表示されません。
  • VMware Converter のインポート ウィザードを使用する場合、日時書式が現在のロケールと異なる場合があります。
  • ロケールが日本語の場合、[タスク ビュー(Task View)] タブの [ステータス(Status)] コラムおよび [タスク詳細(Task Details)] では、Unicode 文字は 「???」 で表示されます。
  • [概要(Summary)] タブの [コマンド(Commands)] セクションは適切に表示されません。
  • デフォルト エンコードを正しく使用して、ASCII以外のデータストア パス名がサポートおよび表示されていません。ただし、UTF-8にwebブラウザ デコードを手動で変更することで、一部のASCIIパス名以外を表示することができます。

Guided Consolidation の制限

[Guided Consolidation] タブは、en_US ロケールでのみ使用できます。

翻訳の問題

このリリースでの翻訳に関する既知の問題点は次のとおりです。

  • アップグレード ウィザードが翻訳されていません。
  • ESX ホストから送信される一部のメッセージが翻訳されていません。
  • ローカライズされた一部のインタフェースのレイアウトがまだ完成していません。

国際化に関するその他の問題点

次の追加の問題点が見つかっています。

  • VMware Infrastructure Client のホストのオペレーティング システムの言語と、VirtualCenterサーバまたはデータベースのホストのオペレーティング システムの言語が異なる場合、アラームの [スクリプトの実行(Run a Script)] アクションで使用される値が VirtualCenterサーバの再起動後に正しく表示されない場合があります。
  • 簡体中国語バージョンのVI Web Accessに[キャンセル]ボタン出のテキストが正しくない、文字化けされます。

ページの先頭へ