Horizon View 5.3 Feature Pack 4 | 2014 年 11 月 25 日

最終更新日: 2014 年 11 月 25 日

これらのリリース ノートの内容は次のとおりです。

本リリースの新機能

Horizon View 5.3 Feature Pack 4 は、旧リリースの一部の既知の問題を解決したメンテナンス リリースです。 詳細については、「 解決された問題」のセクションを参照してください。

VMware Horizon View Feature Pack で提供されるすべての機能についての詳細は、『 VMware Horizon View Feature Pack インストールと管理ガイド』を参照してください。  

解決された問題

  • OpenSSL 1.0.1 Branch Release Notes」に記載されているいくつかのセキュリティ脆弱性に対処するために、必要に応じて OpenSSL ライブラリがバージョン openssl-1.0.1j に更新されています。
  • HTML Access Agent (Remote Experience Agent インストーラを使用してインストール)を使用する場合には、デフォルトで SSLv3 が無効化されるようになりました。 この変更は CVE-2014-3566(一般に プードル アタックと呼ばれる問題)への対処策として行われました。

既知の問題

  • iPad の Safari または Chrome ブラウザで HTML Access を使用したり、View Server が自己署名されたセキュリティ証明書を使用している場合、View デスクトップにアクセスできない場合があります。
    対処法: 有効なセキュリティ証明書を使用してください。

ページのトップへ