Windows ストア版 Horizon Client 2.4 | 2014 年 6 月 19 日

最終更新日: 2014 年 6 月 19 日

このリリース ノートの内容は次のとおりです。

主な特長

Windows ストア版 Vmware Horizon Client では、PCoIP 表示プロトコルを使用して Windows 仮想デスクトップに簡単にアクセスできます。 ローカル エリア ネットワーク (LAN) または ワイド エリア ネットワーク (WAN) に接続してください。

  • ユーザーの希望とおりに動作します - Windows タブレット、ラップトップ、デスクトップを使用して、どこからでも Windows ベースのリモート デスクトップ上で作業することができます。 VMware は PCoIP 表示プロトコルをサポートしており、それは、あなたがどこにいるかにかかわらず、デスクトップが高速で応答性が良いことを意味します。
  • シンプルな接続 - Horizon Client は、シンプルなセットアップと接続のために、VMware Horizon (with View) に密接に統合されています。 デスクトップ セレクタ リストから選択することにより、デスクトップに迅速に再接続します。
  • マルチタスキング Wi-Fi ネットワークでは、Horizon Client はバックグラウンドで短時間稼働し続けます。 リモート デスクトップを起動した後に、リモート デスクトップが別のアプリケーションの隣で画面上の一部を占めるようにクライアント アプリケーションをスナップすることができます。
  • 任意の場所から安全 あなたの机あるいはオフィスの外からでも、あなたのデータは常に安全です。 Wi-Fi または 3G 回線を介して View デスクトップにアクセスします。 あなたがどこにいようとも、あなたの View デスクトップは、安全に配信されます。 拡張証明書確認がクライアントで実行されます。 クライアント アプリケーションは VMware View 5.1 以降のリリースに対するオプションの RADIUS および RSA SecurID 認証もサポートしています。

ページのトップへ

本リリースの新機能

Windows ストア版 VMware Horizon Client のこのリリースは次の新機能を含んでいます。

  • ローカル入力バッファ - 日本語、韓国語、または中国語文字などのダブルバイト文字の入力に関する問題を解決するために、ローカル入力バッファ機能が追加されています。 画面の下部にあるアプリケーション コマンドから、入力コマンドをタップしてローカル入力バッファを表示できます。 テキスト ボックスに入力した文字列は、[送信] をタップするまでアプリケーションに送信されません。
  • クリップボードのサポート - ASCII 以外の文字を含む最大で 64KB のプレーン テキストまたは書式付きテキストを、Horizon Client からリモート デスクトップまたはその逆方向にコピーできます。 貼り付けられたテキストは、プレーン テキストになります。
  • オンスクリーン キーボードの自動調整 - オンスクリーン キーボードがリモート デスクトップまたはアプリケーションの一部に重なっている場合は、キーボードが重ならないように、指でアプリケーションを上にスクロールするできるようになりました。

ページのトップへ

国際化

Windows ストア版 Horizon Client では、英語、日本語、フランス語、ドイツ語、簡体中国語、繁体中国語、および韓国語でのユーザー インターフェイスとドキュメントが利用可能です。

ページのトップへ

お使いになる前に

  • CVE-2014-0224 と CVE-2014-3470 の脆弱性に対処するため、OpenSSL ライブラリはバージョン openssl-0.9.8za に更新されました。
  • Windows ストア版 VMware Horizon Client では、Window 8.1、Windows 8.1 RT、または Windows 8.1 Pro オペレーティング システムが必要です。 これらのオペレーティング システムでは、Windows 8.1 Update もサポートされています。
  • Windows ストア版 Horizon Client は、VMware View 5.0.x または 5.1.x、Horizon View 5.2.x または 5.3、または VMware Horizon 6 の最新のメンテナンス リリースでサポートされます。
  • 他の Windows ストア アプリと同様に、Windows ストア版 Horizon Client をインストールします。 たとえば、Windows ストアから、または http://www.vmware.com/go/viewclients の VMware Horizon Client ダウンロード サイトから、アプリケーションの最新バージョンを入手できます。

    注: 現在、Horizon View Client の以前のバージョンである Tech Preview をインストールしている場合は、最新バージョンをインストールする前にこの以前のバージョンをアンインストールしてください。 バージョン 2.0 または 2.1 をアンインストールしないと、アップグレード時に一部の設定が正しく変更されない可能性があります。
  • システム要件およびインストール方法については、『  Windows ストア版 VMware Horizon Client の使用』を参照してください。

ページのトップへ

解決された問題

Horizon Client 2.4 で解決された問題

  • このリリースでは、Alt キーが [組み合わせキー] アプリケーション コマンドに追加され、Alt キーをリモート デスクトップで使用できるようになりました。

Horizon View Client 2.3 で解決された問題

  • 以前は、マルチ モニタ環境で、Windows 8 や Windows 8.1 の View デスクトップを使用している場合、[フル画面 - すべてのモニタ] から [フル画面 - このモニタ] に変更すると、自動調整機能が正しく動作しないことがありました。 この問題は修正されました。

Horizon View Client 2.2 で解決された問題

  • これまで、PCoIP クライアントのイメージ キャッシュのサイズがクライアント システム上で利用可能なメモリよりも大きくなると、PCoIP のセッションを開始できないという問題がありました。 この問題は、シン クライアントを使用した場合、または 1 度に複数の View デスクトップに接続した場合に発生する可能性が高くなりました。 この問題は修正されました。

ページのトップへ

既知の問題

  • クライアント デバイスでプロキシが使用される場合に、リモート デスクトップに接続しようとすると、「サーバへの接続が失われました」というメッセージが取得されることがあります。
    回避策:次の対処法を試してみてください。
    • プロキシを設定してローカル アドレスをバイパスするのではなく、ローカル アドレスを例外として追加します。 アスタリスク (*) を使用して、一連の IP を表現できます。 たとえば、 10.*は 10 で始まるすべての IP を無視します。
    • プロキシを使用せずにリモート デスクトップに接続できる場合、プロキシ設定は無効になります。
  • Windows ストア版 Horizon View Client 2.4 は、スマート カードの使用をサポートしません。
  • 国際キーボードではいくつかの問題が発生する可能性があります。 大部分は、日本語、韓国語、中国語の文字など、ダブルバイト文字に関連する問題です。 問題を解決するには、ローカル入力バッファ機能を使用します。 手順については、『  Windows ストア版 VMware Horizon Client の使用』の「文字列の送信」を参照してください。

ページのトップへ