VMware Workstation 11.1.2 | 2015 年 6 月 15 日

最終更新日: 2015 年 6 月 15 日

これらのリリース ノートへの追加や更新を確認してください

VMware Workstation では、技術者が複数の x86 ベースの Windows、Linux、および他のオペレーティング システムを同じ PC で同時に実行してソフトウェアを開発、テスト、デモ、および導入できます。

仮想マシンが個人用 PC またはプライベート エンタープライズ クラウドのいずれにあっても、仮想マシンでサーバー、デスクトップ、およびタブレット環境を複製し、複数のプロセッサ コア、数 GB のメイン メモリとグラフィック メモリを各仮想マシンに割り当てることができます。

これらのリリース ノートの内容は次のとおりです。

新機能

VMware Workstation のこのリリースでは、いくつかのバグが修正されています。

ページのトップへ

以前のリリース

以前にリリースされた VMware Workstation の機能と既知の問題は、各リリース ノートに記載されています。 以前のリリースの VMware Workstation 11 のリリース ノートについては、次のリンクをクリックしてください。

既知の問題

以下の問題が VMware Workstation 11.1.2 で発生する場合があります。

  • 共有仮想マシンの権限を編集できないことがある
    共有仮想マシンに新しい仮想マシン ユーザを追加して設定を保存した後、権限を再度更新できなくなることがあります。
    回避策: [ワークステーション構成の保存] 画面で [VMware Workstation 構成] チェックボックスの選択を解除してワークステーションをアンインストールし、再度インストールします。

  • Windows 10 システムで Workstation の製品内ヘルプを起動できない
    Windows 10 システムで、ワークステーションの [ヘルプ] > [ヘルプ トピック] を選択しても機能しません。
    回避策[ヘルプ] > [オンライン ドキュメント] と選択してオンライン ヘルプにアクセスします、

  • 32 ビット モードの Fedora 20 をインストールしたシステムに VMware Tools をインストールすると、エラー メッセージが表示されることがある
    Fedora 20 を 32 ビット モードで実行中に、次のエラー メッセージが表示されることがあります: 「no valid kernel headers found...(有効なカーネル ヘッダが見つかりません)」
    回避策: VMware ツールをインストールする前に、必ず「kernel-PAE-devel」と呼ばれる特別な RPM をインストールしてください。これはインストール メディアから利用可能です。

  • Windows 8 以降のゲスト OS で USB ヘッドセットを使用すると、動作しない
    多くの USB ヘッドセットは USB 2.0 コントローラを使用していますが、Windows 8 以降のゲスト OS では、USB 3.0 コントローラがデフォルトで使用されているため、Windows 8 以降のゲストでは USB ヘッドセットを使用できません。
    回避策: ゲストの USB コントローラを USB 3.0 から USB 2.0 に変更します。

  • vCloud Air にアップロードした仮想マシンがインターネットにアクセスできない
    VMware vCloud Air ポータルを使用して、インターネットへの接続を構成する必要があります。
    回避策: ナレッジベースの記事「 VMware vCloud Air にある仮想マシンへのインターネット接続の許可 (2053464)」(英語) の手順に従って操作します。

ページのトップへ

解決した問題

次の問題は、VMware Workstation 11.1.2 で解決されました。

  • [アクセス コントロール] 画面で 2 つのインターフェイス アイテムが同じホットキーの組み合わせを使用する
    仮想マシンの [アクセス コントロール] 画面( [VM] > [設定] > [オプション] > [アクセス コントロール])の [暗号化] ボタンと [この仮想マシンの移動またはコピー時に暗号パスワードの変更を要求する] チェックボックスの両方で同じホットキーの組み合わせが使用されました。
    この問題は解決されています。 現在、これら 2 アイテムでは異なるホットキーの組み合わせを使用します。

  • Sensor Diagnostic Tool を実行中の Windows 仮想マシンのサスペンドを試行すると、仮想マシンが応答しなくなる
    Sensor Diagnostic Tool を実行中の Windows 仮想マシンのサスペンドを試行すると、画面が黒くなり、仮想マシンの終了オプションやパワーオフのオプションが表示されなくなりました。
    この問題は解決されています。

  • Windows 8 ゲスト OS でオーディオ コンファレンスのソフトウェアを使用すると、ビデオ通話中と音声通話中の両方でひどいエコーが発生していた
    Windows 8 ゲストでオーディオ コンファレンス ソフトウェアを使用すると、内蔵スピーカを使用した参加者に、ビデオ通話中および音声通話中の両方で、ひどいエコーが発生していました(ヘッドフォンの場合はなし)。
    この問題は解決されています。

  • Windows 95 のゲストオペレーティング システムで、マウス カーソルがジャンプする
    Windows 95 ゲスト OS でマウスを動かすと、カーソルが横にジャンプすることがありました。
    この問題は解決されています。 現在、Windows 95 ゲストでカーソルはスムーズに動くようになりました。

  • Linux ホスト上の Windows ゲスト オペレーティング システムで作成したシンボリック リンクで、サブディレクトリ内のファイルが表示されない
    Linux ホスト上の Windows ゲストで、 mklinkコマンドなどを使用して、ローカル ディスクから共有フォルダへのシンボリック リンクを作成した際、共有フォルダの下にファイルとサブディレクトリが表示されませんでした。
    この問題はこのリリースで解決されましたが、回避策をとる必要があります。 シンボリック リンクを正常に機能させるには、 .vmxファイルで sharedFolderX.hostDefaultCase = "FALSE"を設定します。ここで、 Xは、使用するシンボリック リンク コマンドのターゲットに使用される共有フォルダの番号です。

  • ワークステーションで VMware vCloud Air Subscription ノード内のリージョンが表示されない
    この問題は解決されています。

  • ワークステーションで Fedora 21 仮想マシンの新規作成時に Fedora 21 ISO を自動的に検出できない
    Fedora 21 ゲスト オペレーティング システムは手動で選択する必要がありました。
    この問題は解決されています。

  • 特定の条件下で、 alipaybsm.exeファイルをワークステーション ホストにインストールすると、ネットワーク サービスが中断される
    alipaybsm.exeファイルは、Alipay.com が開発した Alipay セキュリティ コントロール ソフトウェアに関連付けられています。 この EXE ファイルをワークステーション ホストにインストールすると、ネットワーク サービスに障害が発生することがありました。
    この問題は解決されています。

  • ワークステーションから vCloud Air に接続すると、ワークステーションの仮想マシン ライブラリに仮想マシンが表示されない
    ワークステーションから vCloud Air に接続した後、ワークステーションの仮想マシン ライブラリに仮想マシンが表示されませんでした。
    この問題は解決されています。

  • カーネル 3.19.0-15-generic で Ubuntu 15.04 ゲスト オペレーティング システム にイージー インストールを使用すると、フォルダ共有を有効にできない
    カーネル 3.19.0-15-generic で Ubuntu 15.04 ゲストのインストールにイージー インストールを使用すると、共有フォルダ機能を含まない Open VMware Tools(open-vm-tools)が自動的にインストールされ、フォルダ共有を有効にできませんでした。これは [VM] > [VMware Tools の再インストール] と選択して VMware Tools をインストールした場合もそうなりました。
    この問題は解決されています。 現在、イージー インストールの使用後でも、VMware Tools をインストールしてフォルダ共有を有効にできるようになりました。

  • 特定の手順の後でスナップショットに戻れない
    仮想マシンをパワーオフし、その仮想デバイスのノード設定を変更し、仮想マシンのを再度パワーオンすると、スナップショットに戻れなくなりました。
    この問題は解決されています。

  • Windows 10 ゲスト オペレーティング システムをアイドリングさせると、ワークステーションがクラッシュする
    数時間以上、Windows 10 ゲストをアイドリングさせると、ワークステーションがクラッシュすることがありました。
    この問題は解決されています。

  • イージー インストール オプションを使用して、Ubuntu 14.04 または Ubuntu 15.04 ゲスト オペレーティング システムをインストールすると、VMware Tools のインストールに失敗する
    この問題は解決されています。

ページのトップへ

セキュリティに関する問題

  • VMware Workstation 11.1.2 は OpenSSL のライブラリ バージョン openssl-1.0.1m にアップデートされました。 この OpenSSL ライブラリ バージョンは、CVE-2014-3571、CVE-2015-0206、CVE-2014-3569、CVE-2014-3572、CVE-2015-0204、CVE-2015-0205、 CVE-2014-8275、CVE-2014-3570 を含め、OpenSSL のセキュリティに関する問題のいくつかに対応しています。