Horizon が選ばれる理由

効率性とスピードを重視した最新のプラットフォーム

VMware Horizon は、柔軟なライセンス モデルで利用できる、統合管理機能を備えた最新のデスクトップ仮想化プラットフォームとして設計されています。管理者は Horizon 制御プレーンを使用して、あらゆる場所からオンプレミスまたはクラウド(またはその両方)のデスクトップを提供および管理できます。また、すべてのデスクトップに対して次のような機能を同じように利用できます。

  • アプリケーションとイメージの管理の簡素化
  • すべてのワークロードに対する Universal Broker
  • クラウドベースの監視

信頼の実績を誇るプロバイダーによるエンドツーエンドのセキュリティ

Horizon はもちろん、高い信頼性で知られるインフラストラクチャに至るまで、VMware が提供するすべてのテクノロジーには、ミッションクリティカルなアプリケーションやサービスを保護するための本質的なセキュリティが組み込まれています。VMware にはセキュリティにおける豊富な実績と優れたツール セットがあり、これらを活用することで以下のような価値を実現できます。

  • エンドポイントのデータ損失の防止
  • BYO デバイスのセキュアなサポート
  • 包括的なアクセス コントロール
  • 脆弱性に対する一元化されたパッチ適用

最高クラスのデジタルワークスペース体験

Workspace ONE Access、VMware Blast プロトコル、Horizon Client を連携させることで、次のような機能をユーザーに提供します。

  • あらゆるデバイスやブラウザーから利用できる単一のインターフェイスを介した、すべてのアプリケーションおよびデスクトップへのアクセス
  • ID プロバイダーとの連携によるシングル サインオン(SSO)のサポート
  • ネットワークの状態の変化に対応して最適な使用環境を維持する高度なリモート プロトコル

基盤となるプラットフォームとの独自性の高い連携機能

VMware Horizon では、対応するプラットフォームとの強力な連携を実現する独自性の高い機能(一部は専有の機能)を利用できます。たとえば VMware SDDC では、VMware Instant Clone テクノロジーを使用して、イメージのクローンを非常にスピーディに作成できます。Horizon Cloud on Microsoft Azure では、Windows 10 Enterprise のマルチセッションなど、Azure Virtual Desktop の機能を活用できます。

  • アプリケーションとイメージの管理の簡素化
  • すべてのワークロードに対する Universal Broker
  • クラウドベースの監視

ハイブリッド機能の活用による複雑性の低減

Instant Clone テクノロジーを使用すると、パーソナライズされたフル機能の仮想デスクトップ/アプリケーションを迅速にプロビジョニングできるとともに、イメージ、アプリケーション、プロファイル、ポリシーの展開後の管理を簡素化して時間とコストを削減できます。

VMware Explore 2022 Japan
オンデマンド配信

11月28日(月)から12月23日(金)まで!会場限定セッションを含む約 150 の多彩なセッションをオンラインでお届けします。見逃しセッション視聴や資料ダウンロードもぜひご活用ください。

レガシー環境からの移行に向けて

ユーザーのニーズに応じて、仮想デスクトップおよび仮想アプリケーションをユーザーの求めるスピードで提供するテレワーク環境を実現できます。