アプリケーションの移行とは

 

アプリケーションの移行とは、あるコンピューティング環境から別の環境にソフトウェア アプリケーションを移動させるプロセスのことです。これには、パブリッククラウドからプライベートクラウドへ、企業のオンプレミス サーバからクラウド プロバイダーの環境へなど、データセンター間でのアプリケーションの移行が含まれます。

 

企業はアプリケーションをクラウドに移行することで、コスト構造を改善し、即応性の高いスケーラビリティを獲得できるほか、変化するニーズに応じてアプリケーションを迅速にアップデートできる体制を実現できます。

VMware Cloud on AWS:入門ハンズオン ラボ

ここをクリック 

クラウドへのアプリケーション移行プロセスを簡素化するための 3 つのステップ

移行プロセスは、特にアプリケーションをクラウドに移行した経験のない企業にとって、複雑なものになる可能性があります。しかし計画と実行を適切に行うことで、スムーズな移行を実現できます。ここでは、そのための 3 つのステップをご紹介します。

  1. 適切なチームを編成します。移行プロジェクトに関与する各ビジネス部門から、主な代表者を募集します。このメンバーがプロジェクトに情報を提供し、その進行をサポートしていくことになります。サードパーティのパートナーと協力している場合でも、移行の各段階を支援する社内の技術エキスパートのチームは編成することが重要です。

  2. ステークホルダーを納得させます。移行の投資対効果を明示します。これはコスト削減、運用の効率化、市場での競争力、またはそのすべてなどの場合があります。経営陣の承認を得るにあたっては、プロジェクトの目標、予算、スケジュールについて合意をとっておかなければなりません。ステークホルダーには常に、プロジェクトの進捗状況や各段階についての最新情報を伝えてください。

  3. アプリケーションの監査を行います。アプリケーション環境を監査する際は、次の基準に従ってアプリケーションを評価し、分類します。
    • これはビジネス アプリケーションか、それとも技術アプリケーションか。
    • モダン アプリケーションか、レガシー アプリケーションか。
    • リファクタリングや書き換えは必要か。
    • このアプリケーション周辺のダウンタイムへの感度はどうか。
    • このアプリケーションは社内で開発されたものか、それともサードパーティ製か。

個々のアプリケーションを評価するときは、依存関係、統合、技術要件を特定することも重要です。アプリケーションのアーキテクチャやセキュリティ ポリシーのほか、アクセス、パフォーマンス、トラブルシューティングを管理するためのツールやソフトウェアについても理解しなければなりません。こうした基準に加え、ビジネス ニーズや予算も基準としながら、移行の優先順位を決めていきます。そして次に、移行先とするクラウドをアプリケーションごとに決定します。アプリケーションを論理的に分類し、各アプリケーションの移行先を理解することができたら、アプリケーションの移行計画は完了です。

アプリケーション移行のベスト プラクティス

アプリケーションの移行を計画し実施する際のベスト プラクティスには、次のようなものがあります。

  • すべての関係者に対し、ビジネス目標と最終的な目的を常に明確にしておく。移行の目的、メリット、および最終結果を設定し再確認することで、皆がやる気と集中力を維持しやすくなります。
  • まず小規模に開始して、リスクを最小限に抑える。1 つのアプリケーション(または重要でない少数のアプリケーション)から作業を始めることで、チームメンバーが自信をつけ、潜在的な問題を特定し、結果を出すことができるようになります。リスクを最小限に抑えるもう 1 つの方法は、テスト環境内のテスト アプリケーションで移行の練習をしてみることです。
  • 外部の専門家やサードパーティ製ツールを導入して、社内の能力を補完する。アプリケーションの移行は複雑なプロセスであり、適切に実行しないと、コストのかかるエラーやデータ損失につながる恐れがあります。追加のツールや専門知識に投資して、十分な準備体制を整えておくことが賢明です。

一般的なアプリケーション移行戦略

アプリケーションを効果的にクラウドに移行するには、さまざまな戦略があります。どれを選択するのが適切かは、ビジネス ニーズ、予算の制約、その他の要因によって異なります。ここではいくつかの代表的な選択肢をご紹介します。

 

変更を加えずに移行する。Web サイトなどの主要なアセットを、オンプレミス環境からパブリッククラウドに、一切変更を加えずに移動すると、大幅なコスト削減が可能になります。さらにパブリッククラウドでは、ディザスタ リカバリやオンデマンドの容量拡張などという、組み込みのクラウド最適化機能による追加サポートも利用できます。

 

代わりに SaaS を選択する。マーケットプレイスで必要な機能を備えた既存の SaaS サービスを見つけることで、移行プロセスの負担を軽減し、オンプレミスのリソースを解放してほかのワークロードに割り当てられるようになります。

 

代わりに PaaS を選択する。アーキテクチャを調整せずに既存の PaaS を採用することで、高価なオンプレミス サーバの必要性をなくし、サブスクリプションベースのサービスに置き換えることができます。PaaS に切り替えると、需要が高い時期の俊敏性を高められることがよくあります。

 

再設計を行う。クラウドへの移行を通じてアプリケーションやサービスをモダン化することで、新しい改善された機能を追加し、具体的な製品価値を高め、古くても価値のある製品に新たな命を吹き込むことができます。

 

運用を終了する。特定のワークロードがビジネス価値をもたらしておらず、別のワークロードに含まれてもいない場合は、その運用を終了します。

 

アプリケーション移行のプロセスとは

標準的なアプリケーションの移行には、次のようなステップがあります。

  1. 計画:アプリケーション、ビジネス目標、およびチームを見直し、評価して、移行のための計画を作成します。また、追加のツールについても検討します。サードパーティによるアプリケーション移行ソフトウェアやサービスには、さまざまな選択肢があります。そうしたツールはプラットフォーム間でのデータの管理や移動に役立つだけでなく、詳細なデータ分析やモニタリングにも利用できます。
  2. テスト:実際の移行を行う前に、模擬の移行を実施して、プロセスを完成させます。そして実際の移行時には、各段階が終了するごとに、新しい環境に移行されたものをすべてテストし、その結果を記録します。定期的なテストとサンドボックス化を行うことで、チームは問題を早期に発見し、データが失われて進捗が無駄になる前に再分類や方向転換を検討することができます。
  3. 断続的な移行:アプリケーションを分類してから、段階的に移行を実施することをおすすめします。プロジェクト管理ツールを利用して各段階を記録し、ステークホルダーを含むすべての関係者に常に最新情報を提供するとともに、裏付けとなる資料も収集します。
  4. フォローアップ:移行が完了したら、フォローアップ テストを実施して、クラウドへの移行が正しく行われたかどうかを確認します。これにはアプリケーションのパフォーマンス分析、潜在的な障害の有無の確認、データベース セキュリティの見直しなどが含まれます。

クラウドへのアプリケーション移行が成功するとどうなるか

クラウドへのアプリケーション移行を成功させた企業は、次のようなメリットを得ることができます。

  • ビジネス目標を達成するためのソリューションが改善されモダン化される
  • 新入社員のトレーニングにかかる時間が短縮される
  • 分散したアプリケーションに幅広くアクセスできる
  • 複雑さとコストを低減できる
  • アプリケーションの統合を実現できる
  • セキュリティと管理性が強化される
  • 生産性が向上する
  • IT 投資の価値が高まる

個々のアプリケーションを評価するときは、依存関係、統合、技術要件を特定することも重要です。アプリケーションのアーキテクチャやセキュリティ ポリシーのほか、アクセス、パフォーマンス、トラブルシューティングを管理するためのツールやソフトウェアについても理解しなければなりません。こうした基準に加え、ビジネス ニーズや予算も基準としながら、移行の優先順位を決めていきます。そして次に、移行先とするクラウドをアプリケーションごとに決定します。アプリケーションを論理的に分類し、各アプリケーションの移行先を理解することができたら、アプリケーションの移行計画は完了です。

アプリケーションの移行に関連する VMware の製品、ソリューション、リソース

ThinApp によるアプリケーションの仮想化

ThinApp は、基盤となるオペレーティング システムからアプリケーションを分離してアプリケーションの競合を回避し、展開と管理を効率化することで、アプリケーションの展開にかかる時間の短縮とアプリケーションの移行の簡素化を実現します。

VMware Cloud on AWS

オンプレミスの vSphere 環境を AWS クラウドへと拡張して、シームレスなハイブリッドクラウドを実現できます。AWS は、すべての vSphere ベースのワークロードに対応した、VMware の重要なパブリッククラウド パートナーです。

仮想マシンのライブ マイグレーション

VMware vSphere vMotion のライブ マイグレーションにより、仮想マシンを別の物理サーバへダウンタイムなしで移行できます。

仮想マシンのライブ マイグレーションの概要と仕組み

アプリケーションのダウンタイムは許されませんが、その種類によっては、確実に回避できるダウンタイムもあります。VMware vSphere vMotion を使用すると、ダウンタイムなしでワークロードを別のサーバへライブ マイグレーションできます。

VMware Cloud

ハイブリッドクラウドとネイティブのパブリッククラウドにわたる、アプリケーション ポートフォリオ全体を管理できます。

クラウドへの移行

使い慣れた VMware のツールとこれまで習得されてきたスキルを活用して、ワークロードを簡単にクラウドに移行できます。VMware のソリューションでクラウドに移行するメリットをご確認ください。