ビジネス継続性とは
 

ビジネス継続性とは、緊急事態や障害の発生時に重要な機能を維持することを目的とする、企業の準備体制です。このような事態には、セキュリティ侵害、自然災害、停電、機器の障害のほか、重要な従業員の離職などが含まれます。

 

ビジネス継続性の重要性

緊急事態や障害の発生時に重要な業務を継続できることは、ビジネスの成功に欠かせません。そのため、先進企業はビジネス継続性を重視しています。

ビジネス継続性の実現には、ビジネスへの影響度分析を行ってさまざまな業務の重要性を評価し、問題の発生時に少なくとも最重要な機能を稼動し続けるための計画を立てることが必要です。一般的にビジネス継続性の計画では、耐障害性、リカバリ、危機管理の 3 点を検討します。

 

耐障害性とは、企業が構築するシステムに、災害や障害への対策を組み込んでおくことを指します。システムに組み込みの対策としては、フェイルオーバーや、予備のキャパシティによる冗長性などが挙げられます。

 

重要なビジネス機能が停止した場合、システムを再稼動するまでの回復時間が迅速であることが極めて重要になります。近年はデータ セットのサイズが大きく、バックアップからのリストアには長時間かかります。そのため、推奨されるソリューションはリモート データセンターへのフェイルオーバーです。リカバリ プランには、担当者の役割と責任範囲、リカバリ対象のシステムとリカバリ順序を含める必要があります。

 

耐障害性とリカバリの計画が機能しなかった場合や、予期せぬ事態が発生した場合は、危機管理計画が最後の手段になります。危機管理計画には、サードパーティ ベンダーへのサポート依頼、緊急用のオフィス スペースの調達やリモート業務の選択肢など、企業で実践されてきた戦略を最終手段として用意します。

 

ディザスタ リカバリ プランとビジネス継続性プランの作成にあたっては、多数の国際的な標準やポリシーが参考になります。

ビジネス継続性に関連する VMware の製品、ソリューション、リソース

VMware Site Recovery

オンプレミスと VMware Cloud on AWS の両方のワークロードを保護することができるオンデマンドの DRaaS です。

VMware vSphere Fault Tolerance

VMware vSphere Fault Tolerance は、プライマリ仮想マシンをミラーリングするライブ シャドウ インスタンスを作成することで、アプリケーションに継続的な可用性を提供します。

ビジネス継続性を強化する 5 つの方法

VMware のソリューションを活用して IT インフラストラクチャを保護するシンプルな手順をご紹介します。

シンプルで信頼性に優れたディザスタ リカバリ ソフトウェア

ポリシーベースの管理、ダウンタイムが不要なテスト、自動化されたオーケストレーションを可能にする、業界トップクラスのディザスタ リカバリ ソフトウェアです。

仮想マシンのライブ マイグレーションの概要と仕組み

アプリケーションのダウンタイムは許されません。いくつかの種類のダウンタイムは回避できます。

ビジネス継続性とディザスタ リカバリの包括的ソリューション

あらゆるトラブルの影響を最小限に抑えるため、VMware は、ビジネス継続性およびディザスタ リカバリ(BC/DR)ソリューションの包括的で統合されたポートフォリオをご用意しています。