クラウド セキュリティとは

 

クラウド セキュリティは、クラウド アーキテクチャ内のデータや情報を保護することを目的としたテクノロジーとガイドラインで構成されます。クラウド セキュリティは、クラウドに格納されたデータのプライバシー、セキュリティ、およびコンプライアンスを確保します。通常、クラウド内のデータは暗号化により安全に保管されており、データの解読には鍵が必要です。クラウド セキュリティには、システムの強化、潜在的な攻撃の可能性についての警告、発生したインシデントを検出するセキュリティ制御とプロセスの改善も含まれます。クラウド セキュリティを検討する際は、セキュリティ侵害やその他の災害に備えたビジネス継続性プランやデータ バックアップ プランについても考える必要があります。パブリック クラウド、プライベート クラウド、ハイブリッド クラウド向けにさまざまなクラウド セキュリティ ソリューションが存在し、幅広いツールを利用できます。

 

AppDefense の導入と構成の手順をご案内します。インストールは不要です。

AppDefense の導入と構成の手順をご案内します。インストールは不要です。

ライトニング ラボを利用する 

クラウド セキュリティの重要性

一般的にクラウド コンピューティングの特徴は、動的で、共有リソースを利用することです。いずれの特徴も、セキュリティ リスクを高める可能性があります。堅牢なクラウド セキュリティ プランがあれば、企業はクラウド コンピューティングのメリットを活用しながら、リスクを最小限に抑えることができます。

 

クラウド セキュリティのメリット

効果的なクラウド セキュリティ ソリューションは、攻撃や脅威からネットワークを保護します。また、ライブ監視とライブ サポートによる可用性の向上、冗長性の組み込みによる信頼性の向上、データを保護するプロトコルによるセキュリティとコンプライアンスの強化など、付加的なメリットも提供します。

クラウド セキュリティに関連する VMware の製品、ソリューション、リソース

クラウド セキュリティの 3 つのポイント

クラウドの導入が拡大するなか、セキュリティは依然として大きな課題です。ビジネス テクノロジーの意思決定者を対象とした調査では、50 % の回答者がクラウド ソリューションを検討する際の最大の懸念事項にセキュリティを挙げています。

アプリケーション セキュリティ ソフトウェア:AppDefense

脅威を追跡するのではなく、アプリケーションの本来の稼動状態や振る舞いを把握し、その状態に変化が生じると脅威が侵入したと判断します。脅威が検出されると、自動的に対応します。

VMware Network Insight

プライベート クラウド、パブリック クラウド、ハイブリッド クラウドにわたるアプリケーションのセキュリティとネットワークを迅速に強化

シンプル、俊敏、セキュアなハイブリッド クラウド プラットフォーム

VMware Cloud Foundation は、統合されたクラウド インフラストラクチャとクラウド管理サービスを提供します。このため、お客様はプライベート環境とパブリック環境の両方でエンタープライズ アプリケーションを実行することができます。

VMware Secure State

AWS および Azure の構成におけるセキュリティおよびコンプライアンスをリアルタイムで監視

プライベート クラウドとネイティブ パブリック クラウドにわたるハイブリッド クラウド対応のネットワークとセキュリティ

VMware NSX Cloud はハイブリッド クラウド ネットワーク全体を対象に、包括的な可視化、高度なネットワーク機能、一貫したセキュリティ ポリシー、運用状況に応じて拡張可能なきめ細かなマイクロセグメンテーションを提供します。