データセンターの運用とは
 

データセンターの運用は、データセンターを常時稼動させることを目的としたプロセスであり、データセンター内のシステムとワークフローで構成されます。データセンターの運用には、ネットワーク リソースの導入とメンテナンス、データセンターのセキュリティの確保、電力と冷却の管理システムの監視が含まれます。データセンターを所有する企業によって IT 要件は異なるため、規模、信頼性、冗長性の異なる、さまざまなタイプのデータセンターが構築されます。クラウド コンピューティングの拡大によりデータセンターのモダナイゼーションが進んでおり、仮想化や自動化を活用した新しい運用方法などが導入されています。

 

 

データセンター セキュリティのさらなる強化

データセンター セキュリティのさらなる強化

無償の概要資料のダウンロード 

データセンターの運用の重要性

クラウド コンピューティングの導入が増加し、IT コストの削減に対する要求が高まるなかでますます重要になっているのは、費用対効果と俊敏性の向上を目指してプロセスおよびシステムを最適化することに重点を置いた、データセンターの運用の自動化です。

 

 

データセンターのコンポーネント

データセンターのコンポーネントには、コンピューティング ハードウェア、ルータなどのネットワーク機器、セキュリティ システム、ストレージ、ソフトウェアやアプリケーションの管理システム、無停止電源装置などの電力管理装置が含まれます。

 

 

データセンターの仕組み

データセンターには、ネットワークおよび通信機器を経由して内部または外部との接続を持つ物理サーバや仮想サーバが設置され、デジタル情報の保存、転送、アクセスが行われています。各サーバは PC と同様にプロセッサー、ストレージ領域、メモリを備えますが、PC よりも高性能です。データセンターではソフトウェアを使用してサーバをクラスタ化し、サーバ間でワークロードを分散します。

 

 

クラウド コンピューティングでのデータセンターの運用

クラウド コンピューティングは、データセンター運用を効率化し、コンピューティング効率と費用対効果を向上させます。クラウド コンピューティングを活用すると、物理的なリソースとインフラストラクチャにかかる費用を削減しながら、リモート業務の柔軟性を高め、冗長性を向上させることができます。

VMware のデータセンターの運用に関連する製品、ソリューション、リソース

データセンターの統合とビジネス継続性

サーバ仮想化によってデータセンターのハードウェアを統合することで、ビジネス継続性を実現できます。既存のハードウェアの有効活用により設備投資コストを削減できます。

VMware のエンタープライズ コンテナ インフラストラクチャ

vSphere Integrated Containers は、IT 運用担当者が従来型のアプリケーションとコンテナ化されたアプリケーションの両方を共通のプラットフォームで同時に実行するために重要なエンタープライズ コンテナ インフラストラクチャを提供します。

仮想データセンター向けの柔軟なクラウド インフラストラクチャ

クラウドへの移行の第一歩は、サーバの仮想化から始まります。その後、お客様それぞれのペースで、ネットワーク、ストレージ、セキュリティを仮想化することで、仮想データセンター、つまり高度に仮想化された Software-Defined Data Center を実現します。

Software-Defined Data Center:デジタル トランスフォーメーションの基盤

VMware のソフトウェア ベースのデジタル基盤を活用することで、クラウドを自由に選択し自由なイノベーションを実現できます。

IT 運用管理

IT 運用管理の自動化により人的介入が不要な手間のかからない本番環境の運用を可能にし、運用およびビジネス上の目的に基づくパフォーマンスの継続的な最適化、効率的なキャパシティ管理、プロアクティブなクラウドの計画、インテリジェントな修正、統合コンプライアンスを実現できます。

データセンターの仮想化とクラウドの管理

仮想データセンターとハイブリッド クラウド環境を管理して、最高レベルのパフォーマンスとコンプライアンスを維持します。