ディザスタ リカバリとは

 

ディザスタ リカバリは、自然災害や人災(機器の障害やサイバー攻撃など)の発生時に、IT インフラストラクチャへのアクセスと機能を復旧させるために組織が行うプロセスです。

 

ディザスタ リカバリの重要性

 

災害の発生に備え、組織はディザスタ リカバリ プランを作成します。これには目標復旧ポイント(RPO)と目標復旧時間(RTO)が含まれます。RPO は、組織が必要とするデータ バックアップの頻度を規定するものです。RTO は、組織が許容できるダウンタイムの最長時間を規定します。IT 組織は、これらのメトリックを許容限界値として、ディザスタ リカバリ プランを形成する IT 戦略の選択やプロセスおよび手順の構築を行います。

 

ディザスタ リカバリは、ビジネス継続性

ディザスタ リカバリに関連する VMware の製品、ソリューション、リソース

仮想マシンにおけるディザスタ リカバリ

vSphere Replication は柔軟性、信頼性、費用対効果に優れたレプリケーションを提供し、環境内のあらゆる仮想マシンのデータ保護とディザスタ リカバリを実現します。

ビジネス継続性とディザスタ リカバリの包括的ソリューション

停電、ネットワークの問題、人為的ミス、自然災害などは、いずれもシステムのダウンタイムにつながる可能性があります。あらゆるトラブルの影響を最小限に抑えるため、VMware は、ビジネス継続性およびディザスタ リカバリ(BC/DR)ソリューションの包括的で統合されたポートフォリオをご用意しています。

Fault Tolerance について

VMware vSphere Fault Tolerance(FT)は、プライマリ仮想マシンとミラーリングされる、仮想マシンのライブ シャドウ インスタンスを作成します。これにより、アプリケーションの継続的な可用性を提供します(最大 4 個の仮想 CPU をサポート)。ハードウェア障害が発生した場合、vSphere FT はフェイルオーバーを自動的に行い、ダウンタイムとデータ損失を防ぎます。

仮想マシンのライブ マイグレーションの概要と仕組み

アプリケーションのダウンタイムは許されません。いくつかの種類のダウンタイムは回避できます。VMware vSphere vMotion を使用すると、ダウンタイムなしでワークロードを別のサーバへライブ マイグレーションできます。

VMware Site Recovery

オンプレミスと VMware Cloud on AWS の両方のワークロードを保護することができるオンデマンドの DRaaS です。

シンプルで信頼性に優れたディザスタ リカバリ ソフトウェア

ポリシーベースの管理、ダウンタイムが不要なテスト、自動化されたオーケストレーションを可能にする、業界トップクラスのディザスタ リカバリ ソフトウェアです。