エッジ コンピューティングとは

エッジ コンピューティングとは、データの処理や保管を、データの発生源に近い場所で行うことです。超低遅延とリアルタイム応答がアプリケーションのパフォーマンスとユーザー体験に不可欠な状況では、このような分散コンピューティングが優れたインフラストラクチャ戦略となります。

VMware Edge Compute Stack

小売業のエッジ:小売業向けエッジ アーキテクチャのモダナイゼーション

エッジ コンピューティングのメリット

応答時間の短縮:企業のエンドポイントでリアルタイムにデータを取り込み、処理することで、中央のサーバとの間でデータを送受信するよりも、安全にアプリケーションの応答性を高めることができます。


コスト効率の改善:データ量の急激な増加に伴い、より多くのコンピュート、より高速な接続、より大容量のネットワークが継続的に必要とされ、全体的なコストを押し上げています。必要なときだけ中央のサーバにデータを送り、処理の大部分をエッジで行う方がより効率的です。


自律的な運用:ダウンタイムは避けられるものではありませんが、ワークロードをユーザー/データソースに近づけ、中央のコンピューティングをオフロードしたり、ネットワークどうしを接続したりすることで、システムの可用性を高めることができます。


エッジ コンピューティングのユースケース


エッジ コンピューティングは、短い応答時間が要求される場合や、信頼性の高い効率的なネットワーク帯域幅が課題となる場合に、最適な選択肢となります。いくつかのユースケースを紹介します。

小売業:エッジは、小売業者が業務のあらゆる要素を前進させることを可能にし、パンデミック後の立て直しの土台となるものです。エッジにより小売業者は、現在の環境に適した新しいアプリケーションを追加できると同時に、将来の変化に対応可能なプラクティスを確立するための基礎を築くことができます。適切で安全な基礎が手に入れば、それに基づいてなにかを構築することは、店舗内のエンドポイントとの統合から、AI/ML およびパーソナライゼーション技術、フルフィルメントや配送、顧客インテリジェンスにいたるまで、あらゆる面で大幅に簡単になります。

製造および倉庫:この分野の自動化では、お客様の施設内で ML 推論を使って画像やビデオを分析し、サプライ チェーンや組み立てラインにおける品質問題を検出して、アクションを開始します。これによって、工場のエンジニアは問題に迅速に対処できるとともに、コストのかかるダウンタイムや再作業が排除されます。

自動運転車:Cellular Vehicle-to-Everything は、交通安全に必要なリアルタイムの HD マップや自動運転を実現するための重要なプラットフォームです。エッジでのデータ処理と分析に必要な低遅延によるインフラストラクチャへのアクセスは、車両からデータをリアルタイムで監視するのに役立ちます。

予防措置:エッジ コンピューティングは、正常でない要素をローカルで診断し、解決することで、より迅速な対応を可能にします。たとえば、リモートの装置や製造ユニットなどがこれに該当します。

法執行機関:エッジ コンピューティングは、公共インフラストラクチャや法執行機関をサポートする重要な要素の 1 つです。たとえば、遠隔地にカメラ機能と分析機能を配置することで、不法侵入や略奪行為を特定したり、そのような事件が発生した場合にアラームを受け取ったりできます。パトカーのダッシュ カムやボディ カムの映像は LTE のデュアル リンクでアップロードされます。SD-WAN によって接続品質が向上し、映像の後処理、分析、保存のために中央のリポジトリにトラフィックが確実に送信されます。

医療:診断や画像処理には多くの帯域幅が必要です。AI/ML ベースのビデオ分析および画像処理ソリューションは、観察された症状について医療従事者が迅速に診断を下すのに役立ちます。医療機器からの画像や映像のストリームがエッジで処理され、結果がユーザーのデバイスに返されます。


エッジ コンピューティングが重要な理由

IoT やスマート デバイスが続々と登場する中、発生したデータの処理に対する要求も尽きることがありません。さらに、従業員、情報、インフラストラクチャは、企業で定義された一部の場所に限定されるものではありません。このように分散化した環境において、中央のシステムとの間で大量のトラフィックを送受信することは非効率的であり、コストもかかるため、分散型の処理とストレージが必要になります。データを創出するデバイスが 1 台であれば、ネットワーク経由でデータを送ることは容易ですが、データを同時に送信するデバイスの数が増えてくると問題が発生します。

もう 1 つ重要な点は、5G 接続の拡大です。5G は低周波数帯で動作するため、ユーザーからアプリケーションまで、比較的多くのホップ数でデータが移動することになります。エッジ コンピューティングを導入することで、コンピューティングの大部分をエッジで行い、必要に応じて残りを中央に送ることができます。

エッジ コンピューティングの仕組み

エッジ コンピューティングは、処理能力をエッジにプッシュすることで、クラウドまたは集中型コンピューティングの負担を軽減します。エッジ コンピューティングのトポロジーでは、コンピュートおよびストレージ リソースをユーザーやデータ ソースの近くに配置し、そこでデータを処理、フィルタリング、分析して、その結果をほぼリアルタイムでユーザーに返信します。

合理的なコンピュート、ストレージ、分析性能で構成されるエッジ スタックが、データ ソースやユーザーのエンドポイントの近くに構築されます。ネットワーク上に分散するこのエッジ スタック群は、ローカルでデータを分析して、さらに分析が必要なものや、クラウドまたは中央のストレージに保存するものを送信するため、ターンアラウンド時間が短縮されます。

エッジ コンピューティングにおける VMware の役割

VMware Edge Compute Stack

  • 一貫性のあるマルチクラウド エッジ プラットフォーム:業界固有のエッジネイティブ アプリケーションをニア エッジおよびファー エッジで構築、実行、管理、接続、保護できるとともに、データセンターからクラウドまで一貫性のあるインフラストラクチャと一貫性のある運用を実現できます。
  • 一貫性のあるマルチクラウド運用:集中管理されたポリシーの一貫した運用により、マルチクラウド全体の運用と管理が簡素化されます。
  • 統合されたコンテキスト中心のセキュリティ:分散したユーザー、データ、アプリケーションをあらゆるレベルの脅威から保護します。アプリケーションやワークロードに固有のセキュリティ機能がプラットフォームに組み込まれているため、優れた保護性能が発揮されます。
  • リアルタイム診断を実現する AIOps:ユーザーと IoT デバイスのエクスペリエンスを測定して標準のベースライン パフォーマンスと比較し、アラートを発して問題を軽減します。
  • プライベート 5G 接続を有効にするオプション:SD-WAN と 5G を組み合わせることで、トランスポート層からインテリジェンスを引き出し、ビジネス ポリシーを用いた制御を実現できます。トランスポート層はステータス情報を提供し、これまでにないネットワークの自己管理と自動修復を可能にします。高帯域幅の迅速なプロビジョニングと高度な制御を必要とする場所に最適です。

関連するソリューションおよび製品

ネットワーク エッジ

エッジでは、ネットワーク ファブリックそのものがインテリジェンスの源になりつつあります。

VMware Edge Compute Stack

ニア エッジおよびファー エッジのエッジネイティブ アプリケーションを構築、実行、管理、接続するとともに、エッジ コンピューティングのパワーを活用して、複数のクラウドにわたり一貫性のあるインフラストラクチャと運用を実現することができます。