ハイブリッド クラウドとは何ですか

 

ハイブリッド クラウドとは、プライベート クラウドとパブリック クラウドの両方を連携させた環境です。オンプレミスとオフサイトのクラウド ソリューションを連携させてクラウド コンピューティング サービスを提供する、さまざまな形態のクラウド ソリューションを指す場合もあります。ハイブリッド クラウド環境では、両方のクラウド プラットフォームからメリットを得ることができ、特定のデータ要件に基づいてクラウドを選択的に使用することもできます。クラウド サービス プロバイダーからは、パブリック クラウドとプライベート クラウドのどちらのオプションも備えたハイブリッド クラウド サービスが提供され、オンプレミスとオフプレミスのどちらでもホストできるプライベート クラウドが提供されている場合があります。また、組織は独自のプライベート クラウドをオンサイトでホストしながら、異なるデータ要件や突発的な需要に対応するためにオフサイトのパブリック クラウド サービスを合わせて利用することもできます。このようにさまざまな選択肢がありますが、ハイブリッド クラウド環境を正しく活用するには、プライベート クラウドとパブリック クラウドが緊密に連携していることが非常に重要です。

 

ハイブリッド クラウドを導入する理由

ハイブリッド クラウドを使用すると、企業は迅速かつ費用対効果に優れた方法で既存のリソースを拡張することができます。秘密データはプライベート クラウド内で保護しながら、一時的な需要の高まりにはサードパーティのパブリック クラウドでコンピューティング、ネットワーク帯域幅、ストレージを迅速に追加して対応できます。

 

ハイブリッド クラウドは、複数のクラウド プラットフォームを統合する単一のソリューションを指す場合もあります。そのようなソリューションの場合、それぞれのクラウド コンピューティング要素にアクセスして操作を実行するための、単一の管理システムが備えられています。ハイブリッド クラウドは、オンプレミスのプライベート クラウドと、パブリック クラウドで提供されるサービスを連携させて使用する環境を指します。マルチクラウドは、複数のパブリック クラウド サービス プロバイダーを使用する環境を指します。ハイブリッド クラウド環境では、プライベート クラウドとパブリック クラウドの両方を運用しながら活用します。マルチクラウド環境では、プライベート クラウドを所有しているかどうかにかかわらず、2 つ以上のパブリック クラウド ベンダーからクラウドベースのサービスの提供を受けます。ハイブリッド クラウド環境がマルチクラウド環境になっている場合もあります。

 

ハイブリッド クラウド インフラストラクチャとは

ハイブリッド クラウドをサポートするインフラストラクチャは、一般的にネットワーク、サーバ、仮想化ソフトウェアで構成されます。サーバはデータをホストし、ネットワークを介してリモートで提供します。仮想化ソフトウェアは、デスクトップなどの仮想リソースをリモートで提供します。ハイブリッド クラウドは社内のリソースとサードパーティのリソースを組み合わせた環境であることから、これらのバックエンド コンポーネントは 2 つの場所、つまりオンプレミスのエンタープライズ データセンターと、サードパーティのパブリック クラウド サービス プロバイダーのデーターセンターに配置されることになります。クラウド サービス プロバイダーは需要が変動する複数のテナントをサポートできるよう、高い処理能力を備えた高密度なシステムでクラウド コンピューティング サービスをホストします。また、仮想化ソフトウェアを使用して 1 つのサーバ上に複数のオペレーティング システムをホストすることで、リソースを最大化します。

 

ハイブリッド クラウドのメリット

プライベート クラウドは、インフラストラクチャへの初期投資が終わればパブリック クラウドより低コストになるものの、拡張性は高くありません。インフラストラクチャの拡張には機器の追加購入が必要ですが、需要が縮小すると、コストをかけて購入した機器は使用されないまま残ります。

 

ハイブリッド クラウドは、パブリック クラウドとプライベート クラウドの両方にアクセスでき、柔軟性に優れています。需要の急増が周期的な企業では、ハイブリッド クラウド ソリューションを導入して、大部分のワークロードの実行にはプライベート クラウドを利用しながら、需要が急増したときに限りパブリック クラウドを利用することができます。ハイブリッド クラウドは秘密データの保管要件にも対応し、サービスの提供はパブリック クラウド経由で行いながら、機密情報はプライベート クラウドで安全に保管することができます。

 

ハイブリッド クラウド ストレージ アーキテクチャとは

ハイブリッド クラウド ストレージ アーキテクチャを使用すると、アクセス要件の異なるさまざまなデータに最適な格納場所を、多くの選択肢から選ぶことができます。直ちに参照する必要のないデータには低パフォーマンスの安価なストレージを割り当て、ユーザーが頻繁にアクセスするアプリケーション データには高パフォーマンスの高額なストレージを割り当てることができます。

 

ハイブリッド クラウドは、階層型ストレージ アーキテクチャに容易に対応します。ハイブリッド クラウド ストレージ アーキテクチャでは、ユーザーがもっとも頻繁にアクセスするアプリケーションのファイルやデータをホストするプライマリ ストレージ システムは、最高レベルのパフォーマンスが発揮されるようユーザーにもっとも近いプライベート クラウドに置かれます。この階層は、多くのユーザーが日常的にアクセスする階層です。

 

パフォーマンスのやや低い 2 番目のストレージ階層はパブリック クラウドに置かれ、一般的にプライマリ階層のバックアップとして機能します。また、アクセス頻度は低いもののアーカイブを行う必要まではないデータの格納にも使用されます。

 

遅延がもっとも大きな 3 番目のストレージ階層も、パブリック クラウドに置かれます。このストレージには、もっとも安価なサブスクリプション プランが推奨されます。この 3 番目の階層は、プライマリ階層のデータの予備バックアップとして、またはユーザーがめったにアクセスしない長期保管用のアーカイブ データの保存に使用されます。

 

ハイブリッド クラウドの採用における最大の課題

ハイブリッド クラウド ソリューションの導入には明確なメリットがありますが、その実施には課題が伴います。ハイブリッド クラウド ソリューションが優れた機能を発揮するのは、プライベート クラウドとパブリック クラウドの間でシームレスにワークロードを移行できる場合です。そのためには調整が必須ですが、特にサードパーティのパブリック クラウド サービス プロバイダーと連携する場合、設定や管理が難しくなることがあります。

 

パブリック クラウドのサーバでは複数の企業から送信されるデータが共存するため、パブリック クラウド コンピューティング サービスを使用する際、セキュリティは最大の懸念事項になります。データの暗号化は手軽にセキュリティを強化できる方法ですが、すべての暗号化プラットフォームがパブリック クラウドとプライベート クラウドの両方に対応しているわけではありません。ベンダーを選定する際、提供されるパブリック クラウド コンピューティング サービスが既存のプライベート クラウド環境とセキュリティ対策に対応するかどうか、慎重に検討する必要があります。

 

パブリック クラウド ベンダーでは、多様なサービスを提供しており、その価格構成も大きく異なる場合があります。慎重に計画すれば月々のクラウド サービスの料金を低く抑えられますが、予想外のパブリック クラウドの利用のある組織では、急な使用量の増加によりパブリック クラウド サービスのコストが高額になるのを避けられない場合があります。

 

ハイブリッド クラウドは、パブリック クラウドまたはプライベート クラウドを単独で使用するより複雑であるため、組織はリソースの需要の増減に応じてハイブリッド クラウドの規模を慎重に計画する必要があります。

 

VMware のハイブリッド クラウドに関連する製品、ソリューション、リソース

最新情報:VMware のユニファイド ハイブリッド クラウド

VMware のユニファイド ハイブリッド クラウドは、オンプレミス リソースとオフプレミス リソースにまたがるソフトウェアベースのプラットフォーム上に構築されます。

ハイブリッド クラウド管理プラットフォーム

vRealize Suite は、セキュアで一貫性のある運用の下に、あらゆるクラウドで開発者がアプリケーションを迅速に構築できるよう支援するハイブリッド クラウド管理プラットフォームです。

仮想マシンやコンテナベースのアプリケーションに対応するクラウドの自動化

vRealize Automation は、自動化と事前定義されたポリシーによって IT サービスをすばやく提供できるクラウド自動化ツールであり、高度な俊敏性と柔軟性を開発者に提供します。

VMware Cloud on AWS

VMware 環境を AWS のパブリック クラウドに迅速に拡張、移行し、保護できます。

ハイブリッド クラウドの評価

VMware のハイブリッド クラウドの評価(HCA)をお試しください。プライベート クラウドおよびパブリック クラウドへのワークロードの移行コストを判断するのに役立ちます。

複数のクラウドのセキュアな接続と管理

VMware のマルチクラウド ソリューションを利用することで、アプリケーションを簡単に構築、実行、管理して複数のクラウド間で移行したり、各ワークロードにエンタープライズクラスのセキュリティを適用したりできます。