ハイパーコンバージェンスとは

 

ハイパーコンバージェンスは、ストレージ、コンピューティング、ネットワークを単一のシステムに統合し、データセンターの複雑性を解消してスケーラビリティを向上させる IT フレームワークです。ハイパーコンバージド プラットフォームには、コンピューティングの仮想化、Software-Defined Storage、およびネットワークの仮想化を提供するハイパーバイザーが含まれます。

 

 

ハイパーコンバージェンスの定義

ハイパーコンバージェンスは、コンピューティング、ストレージ、および仮想化の各リソースを単一のシステムに緊密に統合する、ソフトウェアベースのアーキテクチャです。x86 ベースのアプライアンスとして、または既存のハードウェアにインストールできるソフトウェアとして提供されます。

ハイパーコンバージェンスの仕組み

ハイパーコンバージェンスでは、データセンターのすべての主要な機能が、専用のハードウェアではなく、緊密に連携したソフトウェア レイヤーで実行されます。ハイパーコンバージド プラットフォームは、コンピューティングの仮想化、ストレージの仮想化、および管理部分の 3 つのソフトウェア コンポーネントで構成されます。仮想化ソフトウェアは基盤となるリソースを抽象化してプール化し、それらのリソースを仮想マシンまたはコンテナで実行されるアプリケーションに動的に割り当てます。

VMware のハイパーコンバージド インフラストラクチャに関連する製品、ソリューション、リソース

プライベート クラウド向けのターンキー ハイパーコンバージド インフラストラクチャ

VMware vSAN テクノロジーを基盤とする Dell EMC VxRail アプライアンスは、ソフトウェアベースのデータセンターを構築するために必要な VMware の機能がすべて統合された、業界初かつ唯一のアプライアンスです。

VMware vSphere とは

vSphere は、柔軟性に優れた強力かつセキュアな基盤としてビジネスの俊敏性を向上し、ハイブリッド クラウドの活用に向けたデジタル トランスフォーメーションとデジタル エコノミーでの成功を推進します。

Software-Defined Storage とは

Software-Defined Storage(SDS)は、サーバやネットワークの仮想化で行われる分離と同様に、基盤となる物理ハードウェアからストレージの管理とプロビジョニングを分離するストレージ データセンター アーキテクチャです。

業界をリードする HCI ソリューションを強化する VMware vSAN

vSAN は、Software-Defined Data Center の核となる構成要素です。

ハイパーコンバージド インフラストラクチャとは

3 層アーキテクチャは構築費用が高く、運用が複雑で、拡張が困難です。アプリケーションの要求に IT インフラストラクチャを対応させるにも時間を要します。

ハイパーコンバージド インフラストラクチャの高い導入実績を誇る VMware(451 Research による調査に基づく)

451 Research は、VMware がハイパーコンバージド インフラストラクチャ(HCI)分野のリーダーであると発表しました。