IoT(Internet of Things)とは

 

IoT(Internet of Things)は、インターネットに接続された「モノ」が相互にデータを送信し、相互に通信するための、拡大を続けるグローバル ネットワークです。すべてのデバイスには固有の ID が割り当てられ、モバイル デバイスから家電、自動車に至るまで、あらゆるものが IoT デバイスになる可能性があります。IoT には、心臓発作の予防を目的とする心拍数モニター、飼い犬の位置情報と健康状態を追跡する首輪、農作物の問題を検出する農業機器など、人、動物、その他の物を対象とするセンサー搭載機器も含まれます。

IoT(Internet of Things)

IoT のメリット

IoT のメリットには、自動化の促進による時間効率とリソース効率の向上、豊富なデータから得られる情報に基づく意思決定、データの視認性の向上などがあります。IoT の懸念事項には、セキュリティ リスク、プライバシー侵害、多数のデバイスによる複雑なシステムの管理に関する課題が挙げられます。

VMware の IoT に関連する製品、ソリューション、リソース

デジタルワークスペースによる、あらゆるデバイスでのあらゆるアプリケーションの提供と管理

VMware Workspace ONE は、VMware AirWatch テクノロジーを搭載したインテリジェンス ベースのデジタルワークスペース プラットフォームです。デバイスを問わず、シンプルかつセキュアにあらゆるアプリケーションの提供と管理が行えます。

ネットワークの自動化と新しいサービスの迅速な提供

有線および無線ネットワーク サービス プロバイダーは、vCloud NFV を利用することで、クロスクラウド サービスやサービス実現に向けた柔軟なビジネス モデルを展開しながら、ネットワークの簡素化と TCO の削減を実現できます。

支社の WAN の簡素化

VMware SD-WAN by VeloCloud は、支社からクラウド サービス、プライベート データセンター、SaaS ベースのエンタープライズ アプリケーションへ、高パフォーマンスで信頼性の高いアクセスを提供します。

IoT のセキュリティ:IoT 環境における ID

VMware とその関連企業のエキスパートが、IoT のセキュリティの現状と今後の可能性について説明します。

VMware Edge と IoT

エッジ コンピューティングと IoT は、世界の変革に向けて重要な役割を果たしています。そこで求められるのは、IoT 導入の複雑性の簡素化、大規模なエッジ インフラストラクチャの保護、エッジからクラウドにわたるユビキタスなデジタル基盤の提供を通じたイノベーションを促進するソリューションです。

Pulse IoT Center による IoT デバイス管理

VMware Pulse IoT Center は、End-to-End で IoT インフラストラクチャの管理を行うための高いセキュリティを備えたエンタープライズ クラスのソリューションです。エッジからクラウドまで、IoT のユースケースの導入、管理、監視、保護を支援します。