IT 運用管理とは


IT 運用管理ITops)とは、企業などの複合型組織における統合 IT 戦略を指します。これには、必要な運用において 24 時間年中無休でサービスを維持するために必要となるビジネス管理チーム、プログラミング担当者、システム管理担当者が含まれます。

IT 運用管理では、ビジネスがサービスや製造を支援できるように、そのリソース(ハードウェア、ソフトウェア、人材)を編成します。このためには、デスクトップ、モバイル、Web サーバ、クラウド、PaaS/SaaS、その他のリソースを購入して構成し、専門スタッフが使用するためのメンテナンスを行う必要があります。

IT 運用管理のコンポーネント

IT 運用管理は、コンピューター、クラウド、ソフトウェア、ネットワーク、その他、複合型組織の社内業務、生産性、顧客サポートに必要なリソースなど、全体に関係しています。エンタープライズ企業の場合、これにはオフィス コンピューター、製品設計、Web/印刷による広報、技術エンジニアリング、医療サービス、産業、製造のサポートが含まれます。

IT 運用管理

自動化によって、IT 部門がビジネス ニーズをオンデマンドで満たすために必要な俊敏性をどのように得ることができるかご覧ください。

eBook を読む 

Fortune 500 企業は、それぞれ独自の ITops 戦略を持っています。ITops マネージャは、プラットフォーム ソフトウェア、クラウド プロバイダー、ハードウェア システム、プログラミングの人材について、責任者としての決定を行う必要があります。ITops マネージャは、チームを編成して、カスタム ソフトウェア ソリューションのプログラミング、データセンター施設の管理、またはカスタマー サポート、製品販売、国際物流のための業務アプリケーションの管理を行います。

 

ITops 管理には、データ セキュリティ、OS のアップグレード、Web サーバのメンテナンス、長期にわたる企業の業種や部門全体の革新が委託されます。主要なコンポーネントには、ハードウェアの購入/保守/プロビジョニング、ネットワークとデータセンターの管理、業務ソフトウェアのライセンス/トレーニング/アップデート、従業員/クライアント/顧客をサポートするためのカスタム ソフトウェア開発があります。

 

 

IT 運用管理と DevOps

ITops 管理とは、企業の事業運営全体と IT サービスにおけるサポートを指します。ここで、DevOps は特にソフトウェア アプリケーションの開発と運用に関係しています。通常、DevOps チームは、スタートアップ向けの Web/モバイル アプリケーションまたは SaaS/PaaS ソリューションを構築します。ITops は、DevOps の通常の運用範囲外である社内 VLAN、SD-WAN、または SDDC の要件に対応する必要があります。DevOps は、特にカスタム ソフトウェア アプリケーションの市場への投入に関係しています。

 

ITops は、DevOps と同様に、クラウド ネットワークまたは SDDC 全体でのセキュリティ プロトコルの実装に重点的に取り組む SecOps と、基本的にマルチクラウドまたはハイブリッドクラウド アーキテクチャ全体でのネットワーク管理である CloudOps にさらに細分化できます。DevOps は、本番環境において SecOps および CloudOps と一体となって機能します。これらはそれぞれ、ITops ガバナンスにおいてマイクロサービス サポートを担当します。

 

 

IT 運用管理のベスト プラクティス

IT 運用管理のベスト プラクティスは、本番環境、オフィス サポート、ソフトウェア開発、クラウド ホスティングなどの固有の要件に従って、あらゆる規模の組織にもっともコスト効率の高いソリューションを構築することを中心に展開されています。多くの場合、これには、ハードウェアの購入、インストール用のソフトウェア プラットフォーム、オペレーティング システム、サービス プロバイダー、またはサードパーティのソフトウェア サービスに関する意思決定が含まれます。大企業組織においてこれらの要件をすべて統合するには、多くの時間と人材が必要です。

 

VMware vRealize Suite のようなソフトウェアには、エンタープライズ規模の実装用に設計された ITops 管理用のユーティリティが含まれています。中小企業は、プライベートクラウド ソフトウェアに大規模な投資をする余裕がなく、コスト削減のためにパブリッククラウド サービスに依存している場合があります。オープンソース ソリューションは、ITops マネージャにとって、ライセンス料金やサブスクリプション料金がかかる Microsoft、Oracle、VMware、AWS に代わる主要な代替手段となります。現在、Ubuntu、Red Hat、SUSE の Linux ソリューションがエンタープライズで人気があります。

IT Ops 管理に関連する VMware の製品、ソリューション、リソース

VMware vRealize Operations

VMware vRealize Operations は、アプリケーションからインフラストラクチャまでを網羅する IT 運用管理の自動化ソリューションを提供します。マルチクラウドの包括的な監視に加え、ハイブリッド クラウドと HCI 環境の最適化、プランニング、拡張を実行できます。

仮想化の管理

ビジネスの成長をサポートするためには、仮想データセンターの一貫した管理と自動化が、重要な第一歩となります。

運用の自動化

VMware vRealize Operations Manager により、IT 運用管理の自動化、パフォーマンスのプロアクティブな管理、物理および仮想インフラストラクチャ全体の視認性の向上を実現できます。

クラウド管理プラットフォーム

VMware は、従来型のワークロードから(クラウドネイティブの)コンテナ ベースのワークロードまでさまざまなワークロードを実行するハイブリッド(マルチクラウド)環境を管理できる、包括的なクラウド管理プラットフォーム(CMP)を提供しています。

VMware vSphere とは

VMware vSphere は業界をリードするサーバ仮想化プラットフォームであり、アプリケーション、クラウド、ビジネスに最適な基盤です。

VMware vRealize Suite

vRealize Suite は、IT 部門によるセキュアで一貫性のある運用の下、開発者があらゆるクラウドでアプリケーションを迅速に構築できるよう支援するハイブリッド クラウド管理プラットフォームです。