ローカル クラウドとは

 

ローカル クラウドは、サードパーティによって管理され、オンプレミスで実行される専有型クラウドサービスです。ローカル クラウドのサービスには、サードパーティのサービス プロバイダーによる物理インフラストラクチャとソフトウェアのプロビジョニング、および包括的なライフサイクル管理が含まれます。

 

「サービスとしてのローカル クラウド」(LCaaS)とも呼ばれるこのタイプのサービスでは、オンプレミスに展開された個々の組織専用のプライベートクラウド リソースを、柔軟なクラウド型のモデルで利用できます。クラウドプラットフォームで提供される、事前にバンドルされたソフトウェアすべてに関するパッチ適用やアップグレードなどのメンテナンスは、クラウドの物理的な場所に関係なく、クラウドサービス プロバイダーが責務として担当します。

 

現在業界で提供されている LCaaS ソリューションには、VMware Cloud on Dell EMC、AWS Outposts、Microsoft Azure Stack、Google Anthos、Oracle Dedicated Region Cloud@Customer などがあります。

ローカル クラウドの構築方法

ローカル クラウドは、ほかのクラウドサービスと同様にプロビジョニングされますが、2 つの大きな違いがあります。1 つ目は、LCaaS モデルでは、クラウド インフラストラクチャとソフトウェア(OS、ミドルウェア、アプリケーション)が個別にプロビジョニングされるのではなく、1 つのまとまりとしてプロビジョニングされる点です。2 つ目は、LCaaS のクラウド インフラストラクチャは通常パブリッククラウド プロバイダーのデータセンターに所在している一方、LCaaS のインスタンスはユーザー組織のデータセンター、サードパーティのコロケーション データセンター、またはエッジに展開できる点です。インフラストラクチャがユーザー組織の自社施設内にある場合でも、メンテナンスと管理はサービスを提供するクラウドサービス プロバイダーが行います。

プロビジョニングの完了後は、プラットフォームを最新の状態に保つために必要となる、基盤となるすべてのハードウェアとソフトウェアのメンテナンスはクラウドサービス プロバイダーが行います。ローカル クラウドの利用が可能になると、エンドユーザー組織は、ほかのクラウドサービスの場合と同様にサービスを利用できます。

 

 

ローカル クラウドの仕組み

ローカル クラウドは、ほかのクラウドプラットフォームと同様に機能します。クラウド インフラストラクチャとアプリケーションにネットワーク接続を介してアクセスできる一方、プラットフォームのメンテナンスはクラウド プロバイダーが担当するため、エンドユーザー組織は定期メンテナンスの負担なしでインフラストラクチャ サービスを利用できます。

たとえば、LCaaS の 1 つである VMware Cloud on Dell EMC は、VMware Cloud のソフトウェアと Dell EMC のインフラストラクチャ、ハードウェアとソフトウェアの両方を対象とする高度に自動化されたライフサイクル管理を組み合わせています。このサービスでは、VMware が LCaaS プラットフォームの管理とスタック全体の健全性の監視を担当し、コンプライアンスとセキュリティに関しては責任共有モデルを採用しています。ソフトウェアとハードウェアの継続的なメンテナンスと修理はサービスに含まれており、追加料金はかかりません。

 

 

ローカル クラウドが重要である理由

多くの組織では、機密情報を(クラウド プロバイダーのデータセンターが所在していないかもしれない)特定の域内に保管する必要があります。たとえば、欧州連合の一般データ保護規則(GDPR)では、域内に居住する市民の個人情報(PII)の保管場所を指定しています。さらに、金融サービス、法務、ゲームなど規制の厳しい業界では、取引の発生と関連情報の保管を特定の州または地域に限定するよう要求する、規制条項やガバナンス要件があります。

クラウドサービス プロバイダーは、特定の地域に所在する LCaaS 環境を提供することで、ガバナンスとコンプライアンスの問題に常に対応できます(顧客の自社データセンターがあるのと同じ地域での提供も可能)。

ローカルのクラウド ストレージの配置場所を検討する際には、パフォーマンスと遅延の問題が影響を与える場合もあります。大量のデータを処理する組織では、データの生成または利用が行われる場所にデータを配置して処理することで、転送により生じる遅延の低減や帯域幅コストの削減を実現できます。ローカルのクラウド ストレージをオンプレミスに配置すると、全体的なパフォーマンスを大幅に向上させるとともに、帯域幅コストを削減できます。

 

 

ローカル クラウド サーバのメリット

IDC による最近の調査レポートでは、LCaaS などの柔軟な利用モデルを選択するべき主な理由として、以下を挙げています。

  • 予測可能なコスト算出モデルの実現
  • IT システムとデバイスの更新を迅速化できる可能性
  • 調達プロセスの効率化
  • IT スタッフのフットプリントの削減

IoT、AI、機械学習の活用の拡大に伴い、処理やインテリジェンスのエッジへの移行が進んでいる今日、上記のメリットを考慮して IT リソースの利用方法を再検討する必要があります。

LCaaS の導入に向けたトレンドは、医療機関、工場、交通の要衝など都市部のコアとなる領域でもっとも顕著な効果をもたらすと予想されます。特にローカル エッジ環境への需要がある分野では、ユーザーが今後 5G や Wi-Fi 6 によるエッジ パフォーマンスの向上を期待するため、大きな影響が見込まれます。

LCaaS の需要拡大に寄与しているイノベーション分野には、拡張現実および仮想現実(AR/VR)、IoT、ロボティクス、自動運転車、3D プリンティング、認知科学/人工知能(AI)、高速画像処理などがあります。これらのテクノロジーはクラウドの利用を前提としており、IT、運用技術(OT)とカスタマー エクスペリエンス(CX)を連動させるための基盤となる、スマート エッジ(LCaaS)ロケーションを必要としています。