マルチクラウドとは

マルチクラウドは複数のクラウドを併用するクラウド コンピューティング モデルです。2 つ以上のパブリッククラウド、2 つ以上のプライベートクラウド、またはパブリッククラウドとプライベートクラウドを組み合わせて利用します。  

Cloud Management for Dummies

Building Resiliency Across Traditional, Modern, and Disruptive IT

マルチクラウドの定義

マルチクラウドは、複数のパブリッククラウド、ハイブリッド、オンプレミス、エッジで構成されます。マルチクラウド導入モデルとは、ほかのプライベートクラウドやオンプレミス インフラストラクチャとは別に、複数のパブリッククラウド サービス プロバイダーが提供するコンピュート リソースやストレージ リソースを利用する形態を指します。プライベートクラウドやオンプレミスのインフラストラクチャを含むマルチクラウド環境は、ハイブリッド型マルチクラウドとみなされます。  

 マルチクラウド戦略を導入すると、クラウド サービスの選択肢が広がると同時に、特定のクラウド ホスティング プロバイダーへの依存度を下げることができます。 

マルチクラウド プラットフォームには次のようなメリットがあります。

  • プロバイダー固有のサービス:さまざまなクラウド プロバイダーのなかから、お客様のビジネス ニーズに合わせて、アプリケーションやインフラストラクチャの要件を満たす最適なプロバイダーを選択できます。
  • 優れた拡張性:需要の増加に応じて、複数のクラウド プロバイダーに迅速に拡張できます。
  • コンテナとマイクロサービス:コンテナ化されたアプリケーションを Kubernetes で開発する際にマイクロサービスを利用しようとすると、特定のクラウド プロバイダーでしか利用できないサービスがあることに気づきます。さまざまなクラウド プロバイダーが新しいサービスをリリースしていることから、マルチクラウドの Kubernetes 環境を導入する企業が増えています。 
  • 遅延の低減:拠点が分散している組織では、各拠点に基づいてローカルのパブリッククラウド ベンダーを選択することで遅延を低減できます。さらに、主要なすべてのクラウド プロバイダーが高速かつ低遅延で互いに接続されているため、マルチクラウド ネットワーク環境を容易に構築できます。
  • 規制とガバナンスの順守:特定の種類のデータを特定の地域に保管することを定めた行政機関の規制やデータ主権に関する法律を順守するため、組織によっては、複数のクラウド ストレージ プロバイダーを利用する必要があります。
  • フットプリントの縮小とコストの削減:マルチクラウドの機能を導入しているほとんどの組織は、自社でデータセンターを構築したり、管理したりしなくてすむことから、インフラストラクチャとしてパブリッククラウドを利用しています。パブリッククラウドを利用すれば、物理ハードウェアを用意しなくても、クラウド上に仮想データセンターを構築できます。自社でハードウェアを購入して敷地内で保管する必要がないため、コストと物理的な空間の節約になります。また、データセンターの管理、運用、アップデートをパブリッククラウド サービス プロバイダーが行うため、時間の節約にもなります。
  • 交渉力:クラウド サービスの選択肢が複数あるメリットは、障害のリスクを複数のベンダーに分散できることだけではありません。マルチクラウド戦略を導入することで、サービスごとに最適な料金のプロバイダーを選定できます。その結果、どのプロバイダーも、常に最適な料金でサービスを提供するようになります。 

マルチクラウド管理とは

マルチクラウド管理とは、データセンター、エッジ、およびあらゆるクラウド環境にわたってアプリケーションとワークロードを監視、最適化、保護できるようにする一連のツールと手順です。理想的なマルチクラウド管理ソリューションでは、異なる部門のメンバーが単一のインターフェイスを使用し、さまざまなクラウド プロバイダー(AWS、Azure、GCP など)が提供するクラウドを管理できます。さらに、マルチクラウド環境や Kubernetes などのコンテナ オーケストレーション ツールもサポートします。

マルチクラウド管理プラットフォームには次のようなメリットがあります。

  • IT 部門の負担を軽減:簡素化された一元管理機能により、IT 部門は、複数のクラウドにわたってアプリケーションとワークロードを効率的に管理できます。
  • 可視性:マルチクラウド管理を利用しなければ、複数のクラウド プロバイダーにまたがる複雑な環境でワークロードを監視し、どこでなにが実行されているかを把握するのは困難です。優れたマルチクラウド管理ソリューションは、企業がマルチクラウドのメリットを享受できるようにするために、マルチクラウド環境全体の可視性を提供します。
  • マルチクラウド セキュリティ:すべてのクラウド プロバイダーにセキュリティ ポリシーを一貫して適用するのは容易ではありません。また、マルチクラウドの複雑さがセキュリティ上の欠陥の一因になったり、攻撃対象領域の拡大につながる可能性もあります。マネージド アプローチにより、IT 部門は事後対応ではなくプロアクティブに潜在的なセキュリティの問題に対処できます。また、非常に優れたマルチクラウド管理プラットフォームは、セキュリティの監視や自動化などの機能を提供するほか、プラットフォーム全体にセキュリティ ポリシーを適用する機能も備えているため、環境のセキュリティを維持する難しさが大幅に緩和されます。
  • コスト管理:多くの企業はさまざまなクラウド プロバイダーが提供する割引やコスト削減効果を利用するためにマルチクラウド戦略を立てていますが、マルチクラウド環境が複雑化すると、すぐにコストを把握できなくなってしまいます。マルチクラウド管理を利用すると、コストと使用状況を追跡できます。一部のプラットフォームでは、インテリジェントなデータ分析を使用してコスト管理を最適化することもできます。
  • 可用性の向上:可用性は、マルチクラウド戦略を推進する際に企業が求める多くの利点の 1 つにすぎません。しかしマルチクラウドのメリットをフルに実現するには、IT 部門は 1 つの環境で障害が発生したときに、ワークロードを複製してシームレスに移行できなければなりません。効果的なマルチクラウド管理により、これを実現できます。

マルチクラウド環境への接続方法

マルチクラウド戦略の普及が進み、多くの組織は、プライベートクラウドに加えて 2 つ以上のパブリッククラウドを利用しています。最近の調査によると、80% の組織が、パブリック環境、プライベート環境、エッジ環境にまたがるクラウド アプリケーションの分散モデルを採用しており、3 年以内にこれらの環境の連携をサポートする見込みです。2024 年までには全アプリケーションの 53% がモダン化される見込みのため、それに伴いマルチクラウドも成長すると予想されます。 

一般的な組織は、従来のブロードバンド ネットワークを利用してクラウド プロバイダーに接続していますが、大企業の多くは、サードパーティのエッジ ネットワーク プロバイダー(Megaport や Equinix など)が提供するネットワーク機能仮想化(NFV)サービスを利用し、単一のパイプを介して、主要なクラウド プロバイダーを相互接続しています。 

マルチクラウド環境の管理方法と自動化方法

理想的なのは、マルチクラウドを念頭に置いてクラウド アーキテクチャを設計する方法です。すべてのクラウド サービス プロバイダーを一度に手配し、マルチクラウド管理プラットフォームを前提として計画を立てることができれば、それが一番です。 

とはいえ、必ずしもそれが可能とは限らないため、マルチクラウド環境を管理するためのツールが多数リリースされています。Gartner はこれらのマルチクラウド ソリューションを定期的に評価し、その結果をマジック クアドラント レポートとして公開しています。

マルチクラウド管理の戦略やソリューションは多数ありますが、優れたものにはいくつかの共通する機能があります。おそらくもっとも重要な機能は、コンテナとの互換性です。この機能により、複数のクラウド プロバイダー間でワークロードをシームレスに移動できます。したがって、コンテナと Kubernetes のサポートは、堅牢なマルチクラウド管理プラットフォームの決め手になります。

効果的なマルチクラウド管理ソリューションのもう 1 つの機能が自動化です。自動化により、IT 部門は迅速かつ確実にアプリケーションを展開、監視、保護できます。負担を増やさずに運用を拡張することも可能です。このように、自動化はマルチクラウド環境の複雑さへの対応に役立ちます。

マルチクラウドとハイブリッドクラウドの比較

ハイブリッドクラウドとマルチクラウドは混同されがちですが、重要な違いが 2 つあります。

  • ハイブリッドクラウドとは異なり、マルチクラウドではプライベートクラウドを使用する必要がありません。組織が複数のパブリッククラウドを使用している場合、その環境はマルチクラウドとみなされます。  
  • ハイブリッドクラウドとは異なり、マルチクラウドでは、異なる複数のクラウド環境が統合または連携されている必要がありません。ただし、マルチクラウド戦略を最大限に活用するには、異なる環境間のシームレスな可視化と運用が重要になります。  

これらの相違点を考慮すると、(実際に多くの企業が実践しているように)1 つ以上のプライベートクラウドとパブリッククラウドを使用し、それらのプライベートクラウド環境とパブリッククラウド環境間に相互運用性を持たせることで、ハイブリッドクラウドでもあるマルチクラウド環境を構築できます。言い換えれば、ハイブリッドクラウドは常にマルチクラウドとみなされますが、マルチクラウドは必ずしもハイブリッドクラウドではありません。 

プライベートクラウドはパブリッククラウドより低コストであるものの、容易に拡張できないことから、ハイブリッドクラウドを選択して、複数の環境にまたがる一貫した運用を実現している企業もあります。需要の一時的な急増に対処する必要がある場合は、ほとんどのワークロードの実行にはプライベートクラウドを使用し、必要な場合にのみパブリッククラウドを利用する方法も考えられます。また、顧客データを収集するサービスを提供する場合は、1 つまたは複数のパブリッククラウドでサービスをホストし、機密性の高い情報はプライベートクラウドに保管することができます。 

マルチクラウド ストレージ

一部の組織はマルチクラウドの機能を活用して、さまざまなユーザーが頻繁にアクセスする大容量ストレージを管理しています。たとえば、ストリーミング メディア大手の Netflix は、AWS と Google Cloud を両方利用することで特定のプロバイダーへの依存度を軽減し、これらのプロバイダーのディザスタ リカバリ サービスと事業継続サービスを活用するとともに、それぞれのクラウドに固有の機能も利用しています。 

 

関連するソリューションおよび製品

マルチクラウド ソリューション

IT の基盤を再定義することで、あらゆるクラウド上のあらゆるアプリケーションを強化

クラウド移行ソリューション

VMware Cloud の移行ソリューションを使用してアプリケーションのモダナイゼーションを促進

クラウド管理とは

アプリケーションやインフラストラクチャの一貫性のある展開、運用、最適化を実現