ネットワーク自動化とは

ネットワーク自動化とは、ネットワークの効率と機能を継続的に最大化するため、ソフトウェアを使用してネットワークとセキュリティのプロビジョニングおよび管理を自動化するプロセスです。ネットワーク自動化は、多くの場合、ネットワーク仮想化とともに使用されます。

今日の IT 部門は、従来のアプリケーションとクラウドネイティブ アプリケーションの両方をプロビジョニングおよび管理するにあたり、スピード、俊敏性、一貫性を求めています。最新のネットワーク自動化プラットフォームは、リソースのプロビジョニング、ネットワークのマッピング、ネットワーク テストなどのネットワーク機能を自動化することで、これらの目標の達成を支援します。

Network Automation for Dummies ガイド

VMware NSX Data Center による自動化

ネットワーク自動化のメリット

ネットワーク自動化を導入し、あらゆるクラウド環境とデータセンターを対象に、アプリケーション ライフサイクル全体にわたってネットワークとセキュリティのプロビジョニングおよび管理を自動化することで、アプリケーションのデプロイを迅速化できます。

  • IT を自動化:これまで、ネットワークとセキュリティはほとんどがハードウェアで構築されており、手動でプロビジョニングして管理する必要がありました。このインフラストラクチャ運用を仮想化し、自動化することで、デジタル トランスフォーメーションを新たな段階へ進めることができます。
  • 新しいアプリケーションの開発を加速:新しいクラウドネイティブ アプリケーションと DevOps のワークフローを導入する際に、ネットワークとセキュリティの管理を自動化し、既存の環境を変えることなく開発プロセスへ容易に組み込むことができます。
  • 環境全体を的確に把握:これまで十分な情報が得られなかったネットワーク トラフィックとセキュリティをグローバルに可視化し、ネットワークとセキュリティのポリシーに関するトラブルを容易に解決できます。

ネットワーク自動化の仕組み

ネットワーク自動化ソフトウェアは、ネットワークのマッピング、構成、プロビジョニング、管理をもっとも効率的に行う方法を見つけます。コマンドラインから手動で操作する代わりに、API ベースの自動化によって各ネットワーク デバイスを構成できます。この API は直接呼び出すことも、Python、Java、Go などのプログラミング言語を使用して呼び出すこともできます。スクリプトはネットワーク自動化の 1 つの側面にすぎません。最新の自動化プラットフォームは、プロビジョニング時にネットワーク リソースを監視し、ネットワークが構成リクエストを処理できるかどうかを実装する前に確認します。

インテリジェントなネットワーク自動化

より高度でインテリジェントなネットワーク自動化では、ビジネス目標を達成するにはネットワークをどのように構成し、どのように管理するのが最適かを、機械学習とビッグデータを活用して判断します。インテリジェントなネットワークでは、ポートやデバイスを個別に構成するのではなく、ネットワーク全体を一元的に把握したうえで、これらの目標を達成するにはネットワークをどのように機能させればよいかを決定します。

インテントベースのネットワークでは、ビジネス リクエストがネットワークに与える影響を包括的に可視化し、そのリクエストを実現するためのさまざまなソリューションを提供できます。ネットワーク エンジニアが、さまざまな目標に合わせてネットワークを容易に拡張できるとともに、人的ミスによる構成エラーの減少に役立つことから、インテントベースのネットワークが注目を集めています。

ネットワーク自動化の例

仮想化によってネットワークを自動化する場合、Software-Defined Networking(SDN)とネットワーク機能の仮想化(NFV)テクノロジーを組み合わせて、ビジネス目標やサービス目標に応じてネットワークを構成、変更します。SDN はハードウェア デバイスの動作を制御します。管理者は、ネットワーク ソフトウェアを使用して複数の物理ネットワークを管理したり、仮想マシン間に仮想ソフトウェア ネットワークを構築したりできます。使用量が予想外に急増する可能性がある環境では、ネットワーク仮想化とネットワーク自動化が特に役立ちます。自動化されたネットワークでは、比較的影響が小さいネットワーク領域のサーバにネットワーク トラフィックを自動的に振り分けることで、使用量の急増に対応できるためです。
仮想化によるネットワーク自動化の標準の策定にあたっているオープンソース プロジェクトがいくつかあります。たとえば、欧州電気通信標準化機構(ETSI)に属する NFV Management and Orchestration(MANO)の Industry Specification Group(ISG)は、クラウドベースのデータセンターにおけるネットワーク リソースの管理とオーケストレーション焦点を当てています。これらの標準により、SDN と NFV プラットフォーム間のより高品質かつ効率的な通信が可能になります。
ネットワーク自動化ツールには多数の種類があり、さまざまなネットワーク自動化会社がさまざまな種類のネットワーク自動化ソフトウェアを提供しています。ネットワーク自動化はまだ新しい考え方です。先進的な組織は、もっとも急を要するネットワーク自動化のユースケースから開始し、それらのプロセスに適したツールを選択しています。

関連するソリューションおよび製品

ネットワーク自動化ソリューション

すべてのクラウド環境を対象に、アプリケーション ライフサイクル全体にわたってネットワークとセキュリティの管理を自動化

NSX Data Center

ネットワークとセキュリティの仮想化プラットフォーム

NSX Advanced Load Balancer

マルチクラウド対応のロードバランシング プラットフォーム