プライベート クラウドとは

 

プライベート クラウドとは、多くの場合企業がイントラネット内またはデータセンター内で、専用の(ほかの組織とは共有されない)リソースを使ってクラウド コンピューティング サービスとインフラストラクチャを自社向けにホストする、オンデマンドのクラウド導入モデルです。プライベート クラウドは通常、自社で管理、メンテンナス、運用を行います。プライベート クラウドでは、パブリック クラウドよりもきめ細かい制御とより強力なセキュリティが実現されますが、その管理にはより高いレベルの IT の専門知識が求められます。

 

一般的に、クラウド コンピューティングを利用すると、組織はオンプレミス サーバで提供しているコンピューティング能力やデータ ストレージなどのサービスをリモート サーバに移行し、従業員やお客様はインターネット経由でこれらにアクセスできるようになります。クラウド コンピューティング サービスの導入では、自社専用のクラウド サービスを利用するプライベート クラウドと、ほかのテナントもホストしているプロバイダーが所有および管理するクラウド サービスを利用するパブリック クラウドの選択肢に加え、これらを組み合わせたハイブリッド クラウドの選択肢があります。

プライベート クラウドの仕組み

他の種類のクラウド環境同様、プライベート クラウドでも仮想化テクノロジーを使ってコンピューティング リソースを共有プールにまとめ、組織のニーズに合わせてそれらを自動的にプロビジョニングします。これによって、企業はリソースの使用量を拡張および最大化できます。他の環境とは異なり、プライベート クラウドでは単一の組織がこれらのコンピューティング リソースを専有して、ほかのテナントと共有されることはありません。ユーザーは、企業のイントラネット、または仮想プライベート ネットワーク(VPN)からプライベート クラウドにアクセスできます。

 

プライベート クラウドを選ぶ理由

プライベート クラウドでは所有者が全体を制御できるため、セキュリティの強化に加え、パブリック クラウドよりも優れた可用性と長期の連続稼動時間がもたらすメリットを得ることができます。

 

プライベート クラウドを使用することで組織にもたらされるメリットの一部を以下で紹介します。

  • 組織固有のセキュリティまたはコンプライアンスのニーズ:コンプライアンス要件への準拠が求められる組織にとって、コンプライアンスを満たすためにプライベート クラウドが必要になることがあります。また、セキュリティの管理性を強化するために、プライベート クラウドを使って機密データを保存することを選択する場合があります。
  • 技術的な専門知識:プライベート クラウドを運営するには、パブリック クラウド モデルでクラウド プロバイダーが扱っているような高い複雑性を管理できる、より高いレベルの技術的な投資と専門知識が求められます。こうした技術的な能力に自信がある企業はプライベート クラウドのメリットを得ることができます。
  • リソースのニーズの予測:パブリック クラウド最大のメリットの 1 つがその柔軟性で、ニーズが変動しても素早くリソースをスケール アップおよびスケール ダウンできます。ただし、使用量が比較的一定している一部の組織にとっては、このような柔軟性は必要ありません。こうした組織にはプライベート クラウドが最適な選択肢となります。

 

プライベート クラウドとパブリック クラウドの違い

プライベート クラウドは、単一の組織がシステムをホストおよび管理し、コンピューティング リソースをその組織専用とするクラウド導入モデルです。パブリック クラウドは、ほかのテナントもホストするプロバイダーがクラウド サービスを所有および管理するモデルです。プライベート クラウドは、パブリック クラウドと組み合わせてハイブリッド クラウド環境として使用することができます。

 

プライベート クラウドの種類

プライベート クラウドには多くの種類があり、提供するサービスはそれぞれ異なります。たとえば、企業が IaaS を提供するためプライベート クラウドを利用する場合、このクラウドではストレージ、ネットワーク、コンピューティングの各サービスをホストします。プライベート クラウドでは PaaS アプリケーションをサポートすることもできます。PaaS アプリケーションは、ローカル コンピューターでホストされる通常のソフトウェア アプリケーションのような機能を提供します。

 

また、プライベート クラウドにはさまざまな種類のホスティング オプションがあります。ソフトウェアのみのプラットフォームや、ソフトウェアとハードウェアを組み合わせたパッケージ、ホスト型またはマネージド プライベート クラウドなどがその一例です。ホスト型またはマネージドとは、プライベート クラウド サーバを顧客の施設、またはベンダーのデータセンターに設置することを意味していますが、ベンダーによってホストされ、場合によっては管理もベンダーが行うことがあります。一部のパブリック クラウド サービス プロバイダーでは、特定のユーザーが小規模な隔離された環境を利用できる、仮想プライベート クラウドを提供しています。

  • 仮想プライベート クラウド:パブリック クラウド上の隔離された領域でリソースがホストされる点が、オンプレミスでリソースがホストされるプライベート クラウドと異なります。
  • ホスト型プライベート クラウド:オンプレミスまたはデータセンター内で個別のクラウド サービス プロバイダーによってホストされるプライベート クラウドです。サーバがほかの組織と共有されることはありません。ホスト型プライベート クラウドでは、クラウド サービス プロバイダーがネットワークの構成、ハードウェアのメンテナンス、ソフトウェアのアップデートを行います。この形態は、プライベート クラウドのセキュリティと可用性を必要としながら社内のデータセンターへの投資を抑えたい組織に、両方の環境のメリットを提供します。
  • マネージド プライベート クラウド:クラウド サービス プロバイダーが組織のプライベート クラウドをホストするだけでなく、日常的な運用の管理と監視も行うプライベート クラウドです。また、ストレージ、ID 管理、セキュリティ監査など、クラウドベースの追加サービスの導入や更新も、クラウド サービス プロバイダーが行う場合があります。マネージド プライベート クラウドを利用すると、企業は時間と IT リソースを大幅に節約できます。

 

プライベート クラウドのメリット

  • システム全体を制御してセキュリティを強化:プライベート クラウドでは、自社で所有する専用のハードウェアと物理インフラストラクチャを活用して、システムの総合的な管理性と高いセキュリティを実現できます。
  • パフォーマンスの向上:ハードウェアはその組織専用であり、ほかの企業によって使用されることがないため、クラウド サービスのワークロードのパフォーマンスは、別の企業が共有サーバで実行するリソース使用量の多いワークロードやパブリック クラウド サービスの障害による影響を受けることはありません。
  • 長期的なコスト削減:プライベート クラウドを支えるインフラストラクチャを設定するにはコストがかかりますが、長期的に見れば投資に見合う価値が得られます。ホスティングのためのハードウェアとネットワークを組織がすでに持っている場合は、パブリック クラウドでほかの会社のサーバに毎月使用量を払うより、プライベート クラウドの方がはるかに費用対効果が高くなります。
  • スケーラビリティ:既存のハードウェア リソースに対して需要が超過する場合は、簡単にリソースを追加できます。需要の拡大が一時的または季節的な場合は、ハイブリッド クラウド ソリューションに移行し、必要な場合にのみパブリック クラウドを使用することで、発生する使用料金を最小限に抑えることができます。
  • 予測可能なコスト:また、パブリック クラウドのコストは予測が非常に困難になる可能性がありますが、プライベート クラウドのコストは、組織で実行するワークロードにかかわらず毎月一定です。
  • 柔軟なカスタマイズ:プライベート クラウドは企業が包括的に制御できるため、リソースの再割り当てや、企業が定義する要件に応じたクラウドの動作の調整が非常に容易です。プライベート クラウドでは IT 管理者が環境内のあらゆるレベルの設定にアクセスでき、パブリック クラウドのようにサービス プロバイダーが設けるポリシーによって制限を受けることはありません。

プライベート クラウドはパブリック クラウドよりも安全なのか

通常はパブリック クラウドよりもプライベート クラウドの方が安全ですが、1 つだけ注意が必要な点があります。プライベート クラウドのメリットを得るには、セキュリティが強力かつ最新のものであることを事前に確認しておく必要があります(ほとんどのパブリック クラウド プロバイダーは堅牢なセキュリティを提供できるだけの規模とリソースがあるため、セキュリティを管理できる能力が自社にあるのか自信が持てない場合はパブリック クラウド ソリューションを利用するのも 1 つの手です)。現状に満足していない場合を除き、プライベート クラウドによってセキュリティに数多くのメリットがもたらされます。プライベート クラウドでは特定の物理マシンにだけ気を配ればよいため、物理的なセキュリティも確保しやすくなっています。境界ファイアウォールに守られたこれらの物理マシンには、(公共のインターネットからではなく)自社用のセキュアなネットワークリンクからアクセスします。また、プライベート クラウドに対する高い制御性によって、コンプライアンスへの準拠も簡単になります。

プライベート クラウドに関連する VMware の製品、ソリューション、リソース

IT を可視化してクラウドのコスト管理を実現

VMware vRealize Business for Cloud では、クラウドのコスト分析、使用量の測定、クラウドの比較、プランニングを自動化できます。

エンタープライズ対応のプライベート クラウド ソフトウェア

VMware vCloud Suite は、業界をリードする VMware の vSphere ハイパーバイザーと、VMware vRealize Suite のクラウド管理プラットフォームを組み合わせた、エンタープライズ対応のプライベート クラウド ソフトウェアです。

専用プライベート クラウド

データセンターを、サーバの仮想化と統合を提供する柔軟なクラウド インフラストラクチャに変えることができます。

ハイブリッド クラウド管理プラットフォーム

vRealize Suite は、セキュアで一貫性のある運用の下に、あらゆるクラウドで開発者がアプリケーションを迅速に構築できるよう支援するハイブリッド クラウド管理プラットフォームです。

ソフトウェア ベースのプライベート クラウド

プライベート クラウドとパブリック クラウド全体にわたるアプリケーションの配信と管理を、柔軟性、俊敏性、安全性、コスト効率に優れた方法で行うことができます。

仮想マシンやコンテナベースのアプリケーションに対応するクラウドの自動化

vRealize Automation は、自動化と事前定義されたポリシーによって IT サービスをすばやく提供できるクラウド自動化ツールです。