テレワーク環境とは

 

テレワーク環境とは、主に従来のオフィス以外の場所からオフサイトで働く組織内の従業員グループ(テレワーク従業員)を意味します。最少人数について統一した見解はありませんが、「テレワーク環境」という用語は、通常、リモートで働く従業員が複数人いることを示しています。一部の企業では、すべての従業員がリモートで働く、「リモートのみ」と呼ばれるアプローチが採用されています。また、別の企業では、ほとんどの従業員は主に別の場所から働くことができますが、それでも数人の従業員は常に中央のオフィスで仕事をしているという場合があります。このアプローチは「リモート ファースト」と呼ばれます。

 

テレワーク環境の管理とは

テレワーク環境の管理とは、リモートの従業員を効果的に主導し、管理することです。通常は、生産性の高いテレワーク環境を主導する目的で設計されたコミュニケーション、プロセス、テクノロジーが組み合わされています。また、テレワーク環境の管理に十分な投資を行っている企業は、マネージャと従業員の両方に対し、関連するテレワーク トピックに関してかなりのトレーニングを実施しています。

長期的な運用に向けた作業環境の整備

長期的な運用に向けた作業環境の整備

今すぐダウンロード 

リモートの従業員を管理するためのベスト プラクティス

適切に行えば、テレワークの生産性を高めることができます。テレワーク環境を効果的に管理するためのヒントとベスト プラクティスは次のとおりです。

  • 明確なガイドラインと期待事項を確立する:従業員を細かく管理すべきではありませんが、勤務スケジュール、目標、パフォーマンスの追跡、職務に関するその他の重要な側面についての期待事項を、従業員の推測に任せることがないようにします。
  • 定期的な状況報告の機会を設ける:1 対 1 形式とチームの両方で定期的に状況報告の機会を設けて、最新情報、質問、懸念事項を共有します。チームの文化やニーズに応じて、実施する頻度は毎日またはそれよりも少なくできます。
  • ただ話すのではなく、話を聞く:コミュニケーションが多方向で行われるようにします。つまり、最新情報や指示を伝えるだけでなく、チーム メンバーの話に誠実に耳を傾けます。テレワーク体験のあらゆる側面についてフィードバックを求めます。プロジェクトの進捗だけでなく、従業員の全体的な様子についても定期的に確認します。
  • テクノロジーに投資する:リモート チームが業務を行うために必要なデジタル ツールやインフラストラクチャに関する手間を省くと、必ず問題が生じます。ミーティングや、情報共有、また日常業務のあらゆる側面において、動的で使いやすいツールをリモート ワーカーに提供します。また、これらのテクノロジーは、Web だけでなくモバイル環境にも対応できるように設計されている必要があります。
  • 業績を評価する:優れた成果は必ず認めます。従業員が同じ場所で肩を並べて仕事をしていない状況では、個人やチームの業績を評価することの重要性を忘れるという過ちが起こりがちです。
  • 社会的な交流のための時間を作る:テレワーク従業員も仕事以外で一緒に過ごすことができます。たとえば、オンライン ゲーム大会やハッピー アワーなどは、ビジネスで使用するのと同じプラットフォームで比較的簡単に実現できます。
  • 従業員を信頼する:テレワーク環境の管理は信頼に基づいています。マネージャからリモートでの業務態度を疑われていないか、オンラインで監視されていないかという懸念を従業員が抱えていると、パフォーマンスが低下します。「デスクの前にいる時間」よりも成果に重点を置きます。

 

 

リモート チームの管理に伴う課題とは

リモートの従業員の管理に伴う課題の多くは、物理的な対面形式でのやり取りが不足していることに起因しています。この場合、チーム リーダーやほかの人が「場の雰囲気を察知」して、士気の低下、燃え尽き、人間関係での衝突、誤解、コミュニケーションの欠如など職場で起こりやすい問題の危険な兆候に気づくことが難しくなります。

テレワーク環境の管理に伴うその他の一般的な課題には、次のようなものがあります。

 

  • 注意散漫:リモート ワーカーは、特に自宅で仕事をしている場合、日常業務の中断や気をそらせるその他の要因に対処しなければならない傾向が強くなります。これには、子供や家族、家のメンテナンスや家事、通りの騒音など、気をそらせる多くの要因が含まれます。
  • 孤立:一部のリモート ワーカーは、社会的な孤立に悩んでいると報告しています。これは、さまざまな悪影響をもたらす可能性があります。従業員が孤独を感じていなくても、チームのメンバーが物理的に離れていると、協力的で健全な文化を育むことが難しくなります。
  • 収益の向上 :従業員エンゲージメントが非常に高い組織は、スタッフが最小限しか関与していない組織よりも収益が 2.5 倍増加しました。
  • コミュニケーション:対策の必要性が想定される課題は、コミュニケーションにおいて多数あります。たとえば、過剰なコミュニケーション(プロジェクトの状況を頻繁に確認するなど)、誤解、または従業員が情報共有ループから(偶発的な場合も含め)取り残されるといった問題が考えられます。

インターネット接続の悪さ(または切断)など、テクノロジーの問題によっても、テレワーク環境の管理に伴う課題が生じることがあります。

 

リモートの従業員を管理するための最適なツールとは

最適なツールは、それぞれの従業員やチームの職務に応じて決まり、ビジネスや業界のニーズによって異なるかもしれません。とはいえ、テレワーク環境の管理ツールには、広く認識されている基本的な種類がいくつかあります。これらのツールは、主に次のカテゴリに分類されます。

  • コミュニケーション:ビジネスの世界では E メールが主流ですが、リモート チームは、ほぼ間違いなくチャット アプリケーション(Slack など)やソーシャル コラボレーション アプリケーションなどのコミュニケーション チャネルを日常業務に取り入れています。
  • ミーティング:コミュニケーションの形式の 1 つですが、効果的なミーティングを行うためのツールは、それ自体が基本的なカテゴリとなっています。これには、ビデオ会議、仮想プレゼンテーション、ホワイト ボードなどのツールが含まれます。
  • プロジェクトの管理と追跡:仮想チームには、共有できて使いやすいかたちで、重要なタスクやマイルストーンを表示したり更新したりする方法が必要です。
  • ファイル共有とストレージ:リモート チームには、ドキュメントやその他のファイル タイプを効率的かつセキュアに共有、保存する方法が必要です。

 

テレワーク環境を管理することのメリット

リモートの従業員を管理することで、特定の物理的な場所に縛られずに業務を遂行できるより柔軟で動的なチームに導くことができます。つまり、世界各地に所在する従業員を雇用し、チームを結成することができます。この場合に、従来のオフィスに出向くよりもテレワークを希望する人を採用すると、従業員の満足度と定着率が向上する可能性があります。最新のテクノロジー ツールにより、テレワーク環境の管理も、これまでよりもはるかに簡単に実現できるようになっています。

 

 

テレワーク従業員とモバイル ユーザーの違いとは

「テレワーク従業員」と「モバイル ユーザー」は、関連する用語ですが、両者には違いがあります。モバイル ユーザーとは、テレワーク従業員の一種ですが、通常は現場やさまざまな場所で仕事をする従業員グループを指します。 

 

住宅や商業ビルなど、顧客先でほとんどの仕事を行うサービス技術者などがその良い例です。モバイル ユーザーの管理は、モバイル従業員のチームを主導することに特化したテレワーク環境の管理の一分野です。これは、モバイル インフラストラクチャ、デバイス、アプリケーションを組み合わせることで、多くのモバイル従業員や現場の従業員が中央オフィスの外からすべての業務を行うことができるという事実を反映しています。

テレワーク環境の管理に関連する VMware の製品、ソリューション、リソース

Workspace ONE Assist

エンタープライズ モビリティを実現し、ユーザーの生産性を高めるとともに IT 部門の管理およびセキュリティ業務を簡素化する、業界をリードするプラットフォームです。30 日間の無償評価版をぜひお試しください。

分散した仕事環境で Workspace ONE Intelligence を活用した従業員のデジタル体験の管理

VMware が提供する従業員のデジタル体験の管理(DEEM)によって IT チームがデジタルワークスペース全体の従業員体験を評価および向上させる方法をご確認ください。

Android Enterprise BYOD によるテレワーク環境の実現

分散した仕事環境に対応する能力は、それぞれの企業や従業員によって異なります。Android Enterprise BYOD がどのように役立つかご確認ください。

テレワーク環境の実現に役立つヒント

リモート ファースト環境を実現している企業にとって、ビジネスの変革が落ち着いた後も引き続き投資を回収できるというのは朗報です。

テレワークを支援するソリューションとテクノロジー

VMware のソリューションとテクノロジーは、テレワーク環境の強化を支援します。

VMware のテレワーク ソリューション

チームで仕事を行うために同じ場所にいる必要はなくなりましたが、分散した仕事環境を正しく構築するには、チームの働く場所や働き方を再考する必要があります。