SAN の概要とその仕組み

 

SAN(ストレージ エリア ネットワーク)は、ストレージ デバイスの共有プールを用意して複数のサーバに相互接続を提供する、独立型の専用高速ネットワークです。共有ストレージには、サーバに直接接続されたドライブのようにそれぞれのサーバからアクセスできます。SAN は一般的に、ケーブル、ホスト バス アダプター、およびストレージ アレイとサーバに接続された SAN スイッチで構成されます。SAN 上の各スイッチとストレージ システムは相互接続されている必要があります。

 

SAN(ストレージ エリア ネットワーク)

SAN の定義

SAN は、複数のサーバやコンピューターからアクセスできるストレージ デバイスのネットワークであり、ストレージ領域の共有プールとして機能します。ネットワーク上の各コンピューターは、コンピューターに直接接続されたローカル ディスクのように SAN 上のストレージにアクセスできます。

 

SAN と NAS の比較

SAN と NAS(ネットワーク接続型ストレージ)は、種類の異なる共有ネットワーク ストレージ ソリューションです。SAN が複数のデバイスで構成されるローカル ネットワークであるのに対し、NAS は単一のストレージ デバイスを LAN に接続するものです。

 

SAN スイッチとは

SAN スイッチは、サーバとストレージ デバイスの共有プールとの間を接続するハードウェアです。SAN 内のストレージ トラフィックを流すことに特化しています。

VMware SAN に関連する製品、ソリューション、リソース

支社の WAN の簡素化

VMware SD-WAN by VeloCloud は、支社からクラウド サービス、プライベート データセンター、SaaS ベースのエンタープライズ アプリケーションへ、高パフォーマンスで信頼性の高いアクセスを提供します。

Software-Defined Storage とは

Software-Defined Storage(SDS)は、サーバやネットワークの仮想化で行われる分離と同様に、基盤となる物理ハードウェアからストレージの管理とプロビジョニングを分離するストレージ データセンター アーキテクチャです。

VMware Virtual Volumes

VMware Virtual Volumes は外部ストレージを対象とした統合および管理フレームワークです。仮想マシン レベルでのきめ細かな制御と、ストレージ運用の効率化を実現し、幅広い選択肢を提供します。

VMware SD-WAN とは

Software-Defined WAN(SD-WAN)は、支社ネットワークの簡素化と、インターネットやハイブリッド WAN におけるアプリケーション パフォーマンスの最適化を実現します。

業界をリードする HCI ソリューションを強化する VMware vSAN

vSAN は、Software-Defined Data Center の核となる構成要素です。

ハイパーコンバージド インフラストラクチャとは

このシンプルなソリューションでは、専用ハードウェアの代わりにソフトウェアと x86 サーバを使用することで、運用の簡素化、総所有コスト(TCO)の削減、迅速な拡張が可能です。