仮想デスクトップとは
 

仮想デスクトップは、オペレーティング システムとアプリケーションの事前構成済みイメージを使って提供するデスクトップ環境です。アクセスに使用する物理デバイスから分離されたデスクトップ環境を提供します。ユーザーは、任意のデバイスを使用して、仮想デスクトップにリモート アクセスできます。

 

 

仮想デスクトップのメリット

一般的に、仮想デスクトップは集中管理されるため、アップデートやアプリケーションのインストールを個々のマシンで行う必要がなくなります。また、コンピューティングの大部分がデータセンターで行われるため、エンドポイントのマシンの性能を抑えることができます。データも個々のマシンではなくデータセンターに保存されるため、データ セキュリティが向上します。

クラウドおよびオンプレミスでの仮想デスクトップとアプリケーションの展開

クラウドおよびオンプレミスでの仮想デスクトップとアプリケーションの展開

詳細情報 

VMware の仮想デスクトップに関連する製品、ソリューション、リソース

業界をリードする仮想デスクトップおよび仮想アプリケーション向けプラットフォーム

単一のデジタルワークスペースからの仮想デスクトップ、アプリケーション、オンライン サービスへのアクセスをエンド ユーザーに提供

アプリケーションの迅速な提供と統合管理

App Volumes は、Horizon、Citrix XenApp、Citrix XenDesktop、RDSH などの仮想環境向けの業界をリードするアプリケーションおよびユーザー管理ソリューションのポートフォリオである

デスクトップとアプリケーション仮想化の変革

VMware Horizon は圧倒的なシンプルさ、柔軟性、スピード、拡張性を低コストで実現し、従来の VDI を大きく変革します。

デバイスや場所を問わずに公開アプリケーションをセキュアに配布

エンド ユーザーは、単一の統合ワークスペースから各自の公開アプリケーション、SaaS アプリケーション、モバイル アプリケーションに迅速かつ容易にアクセスできます。

デジタルワークスペースの実現

デジタルワークスペース ソリューションは、クラウドベースの最新の管理テクノロジーを活用して、プラットフォーム、場所、デバイス所有モデルを問わず、IT 部門の介在なしにすぐに使用できるセルフサービスの環境を提供します。

アクセス管理:1 つのアプリケーションで一括管理

VMware のデジタルワークスペース ソリューションは、セキュリティを向上させながら選択肢と柔軟性を広げ、IT 部門とエンド ユーザーの双方にメリットをもたらす新しい運用モデルです。