仮想マシンとは

 

仮想マシンは、ホストと呼ばれるコンピューティング環境内に作成され、ゲストとも呼ばれます。1 台のホストで複数の仮想マシンを同時に稼動させることができます。仮想マシンを構成する主要なファイルには、ログ ファイル、NVRAM 設定ファイル、仮想ディスク ファイル、設定ファイルが含まれます。

 

 

仮想マシンの定義

仮想マシンとは、物理コンピューターと同じ機能をソフトウェアで実現したコンピューターです。物理コンピューターと同様に、オペレーティング システムとアプリケーションを実行します。仮想マシンの実体はコンピューターのファイルですが、物理コンピューター上で実行され、物理コンピューターと同じように動作します。つまり、仮想マシンは独立したコンピューター システムのように動作します。

 

仮想マシンの重要性

仮想マシンは、ウイルスに感染したデータへのアクセスやオペレーティング システムのテストといった、ホスト環境での実行にはリスクの伴う、特定のタスクを実行するために生まれました。仮想マシンはシステムのほかの部分からサンドボックス化されるため、仮想マシン内のソフトウェアはホスト コンピューターに変更を加えることができません。サーバ仮想化など、仮想マシンはほかの目的にも使用できます。

仮想マシンのメリット:

  • ディザスタ リカバリやアプリケーションのプロビジョニングの選択肢を提供
  • 管理とメンテナンスが容易で、用途の幅が広い
  • 1 台の物理コンピューター上で複数のオペレーティング システム環境を実行可能

 

仮想マシンのデメリット:

  • 1 台の物理マシンで複数の仮想マシンを実行すると、パフォーマンスが不安定になる可能性がある
  • 仮想マシンは物理コンピューターより非効率で低速

 

2 種類の仮想マシン:

  1. プロセス仮想マシンは、プラットフォームに依存しない環境でコンピューター プログラムを実行します。基盤となるハードウェアやオペレーティング システムの情報をマスクすることができます。これにより、プログラムはどのようなプラットフォームでも同じように実行されます。
  2. システム仮想マシンは、ホスト コンピューターの物理リソースを複数の仮想マシンで共有することができます。  

 

VMware のソリューションで仮想マシンを作成する方法

仮想マシンに関連する VMware の製品、ソリューション、リソース

業界をリードする仮想デスクトップおよび仮想アプリケーション向けプラットフォーム

単一のデジタルワークスペースからの仮想デスクトップ、アプリケーション、オンライン サービスへのアクセスをエンド ユーザーに提供します。

Mac、Windows、Linux の仮想化

VMware のパーソナル デスクトップ仮想化ソリューションにより、IT プロフェッショナルや開発者、ビジネス ユーザーは、オンプレミスでもクラウドでも Windows、Linux、Mac のデスクトップとアプリケーションを簡単に提供、保護、管理できます。

強力でシンプルな Mac 上の仮想マシン

VMware Fusion を使用することで、Mac ユーザーは、Windows をはじめとするさまざまなオペレーティング システムを Mac 上で、再起動することなく Mac アプリケーションと同時に実行できます。

ワークスペースの変革に VMware のソリューションが最適な選択肢である理由

VMware Workspace ONE は Horizon および AirWatch を活用した統合デジタルワークスペース プラットフォームです。これまで時間もコストもかかっていた使用環境やツールの提供、タスクの実行を大幅に省力化できます。

1 台の PC 上で、2 つ目のオペレーティング システムを分離して実行

VMware vSphere ハイパーバイザーを活用する Workstation Player は、シンプルさと高い完成度および安定性を備えた、幅広い用途に使用できるローカルの仮想化ソリューションです。

任意のプラットフォームでビルドとテストを実行

VMware Workstation Pro は、1 台の Linux または Windows PC 上で複数のオペレーティング システムを仮想マシン(VM)として実行する際の業界標準として幅広く採用されています。