ワークスタイルの変革とは

ワークスタイルの変革とは、従業員のスキル、ツール、能力を向上させ、絶え間なく変化する組織のビジネス戦略に対応する方法です。ワークスタイルの変革の必須事項は、イノベーションに対する受容性、競争力の向上、環境への影響、従業員の自己実現の 4 つのカテゴリに大まかに分類されます。

 

現在のワークスタイルの変革は、新型コロナウイルス感染症のパンデミックに起因する在宅勤務(WFH)環境への急速な移行が大きな要因となっています。VMware/Vanson Bourne の最近の調査によると、2020 年中は 89% の企業が半数以上の従業員をテレワークにしており、2021 年は 57%(2019 年に比べて 23% 増加)の企業が半数以上の従業員をテレワークにすると予測しています。

 

ワークスタイルの変革は、クラウド、モバイル、また自動化されたデータ主導型インサイトのニーズの高まりにより後押しされた最新の産業革命の副産物であり、新型コロナウイルス感染症によって加速しました。これによって新しいスキルの需要が高まり、ナレッジ ワーカーの失業率もほぼ史上最低レベルまで下がっているため、従業員の負担が増大しています。 

デジタル ファースト戦略

分散された環境で働く従業員のためのデジタルファースト戦略の採用

今すぐダウンロード 

ワークスタイルの変革が重要である理由

ワークスタイルの変革は、企業と公共部門の両方で必要とされている生産性の向上と密接に関連しており、パンデミックによるワークスタイルの変革がもたらす課題は、従業員がどこでどのように働き、またどのようなツールを使用して雇用主とやり取りをするかに影響を与えます。

多くの組織は、必要な従業員を採用することに苦労しています。その証拠として、HR Digest の最近の記事には、2021 年の需要が高かった上位 10 のスキルが挙げられていますが、その多くがワークスタイルの変革に欠かせないものとなっています。多くの組織は、採用活動の代わりに、従業員のスキルを向上させることで、変化するビジネス ニーズに対応しようとしています。長期的には、組織は従業員の体制作りを再考し、既存の従業員の強みを活かすため、そして入社したばかりの新規従業員を惹き付けるために、ワークフローを再設計する必要があります。

 

 

ワークスタイルの変革のメリット

ワークスタイルの変革は、仕事をする時間、方法、場所を変革することでモバイル化および分散化がいっそう進む作業環境のイノベーション、俊敏性、および柔軟性の実現を促します。IT 部門は、スムーズなオンボーディング、シンプルなコラボレーション、充実したコミュニケーションを期待して入社する新しい世代の従業員に備える必要があります。

 

現代の最近の作業環境において、テレワークに対する柔軟な選択肢は多くの人にとって必須条件と考えられています。また、従業員が在宅勤務または中央のオフィス スペース以外の場所でも働けるようにすることには、いくつかの明らかなメリットがあります。

 

従業員に柔軟な働き方を提供するということは、テクノロジーが従業員体験の中心となることを意味します。実際、テクノロジーが組織との唯一の物理的な接触点となる可能性があります。

 

従業員は、それらのテクノロジーを通じて、企業について学び、同僚と知り合うことができます。このため、それらのテクノロジーを通じた従業員の体験によってエンゲージメントを支え、向上させることが、従業員の生産性と仕事の満足度にとってもっとも重要です。ポジティブな従業員体験を確実に提供するには、デバイス間で一貫性のある効率的な体験を実現することが不可欠です。

 

この変革に向けて取り組んでいる組織は、従業員がビジネス アプリケーションやデータにアクセスするための環境でコンシューマー製品のような要素を強めることで、充実したユーザー体験を提供し、従業員が目の前の業務に集中できるようにしています。たとえば、従業員が従来の業務用卓上電話を敬遠し、固定電話(さらには IP 固定電話)を必要としないモバイル デバイスと Zoom や WhatsApp などのアプリケーションを好む傾向は続いています。

 

ワークスタイルの変革は、雇用主に次のようなさまざまなメリットをもたらします。

  • 従業員が効率的に働けるようになるため、生産性と士気が向上する。
  • コラボレーションとコミュニケーションが改善することで、イノベーションが促進され、人材が適切に活用できる。
  • 柔軟な業務環境のおかげで、優秀な候補者を採用できる。

 

 

ワークスタイルの変革の課題とは

従業員のテレワークが一時的であろうと常時であろうと、分散した仕事環境の最大の課題の 1 つは、いかに従業員のエンゲージメントと生産性を維持するかです。これは、管理戦略にも影響を与えることがあり、テレワーク従業員のニーズに合わせて調整しなければならない場合もあります。

新型コロナウイルス感染症のパンデミックと、それに伴って世界各地で企業活動が停止した結果、多くの企業がワークスタイルの変革を余儀なくされました。この危機を乗り越える際に組織が直面した課題には、次のようなものがあります。

  • 既存のコラボレーションおよび接続ソリューションのプラットフォームの限界
  • デジタル トランスフォーメーションまたはクラウド移行プロジェクトの継続
  • 経営陣の賛同の欠如
  • テクノロジーの進化やセキュリティおよびプライバシーのニーズの急速な変化による、知識の不足
  • 新規従業員に迅速なオンボーディングを提供する能力の限界
  • ビジネスクリティカルな機密データへの従業員およびユーザーによるアクセスを監視する能力の未取得
  • 分散された環境で働く従業員に包括的なリモート サポートを提供するうえでの阻害要因

 

 

ワークスタイルの変革の原則とは

ワークスタイルの変革の原則は、大まかに次の 3 つのカテゴリに分類されます。

  • 応答する:迅速に行動して状況を評価し、すべてのアプリケーションで一貫したユーザー体験、パフォーマンス、可用性を提供します。
  • 順応する:無数の新しいデバイスとデータを管理および保護し、従業員の柔軟性を最大限に高めます。
  • 加速させる:エンドポイント環境の情報を収集して可視化し、組織全体でエンゲージメントとイノベーションを推進します。

 

ワークスタイルの変革を計画する前に、組織はワークスタイルの変革プロセスを目標に照らし合わせて評価できるように、重要なビジネスの優先事項を検討する必要があります。一度に非常に多くの高い目標に力を入れる企業は、どれも達成できないことに気付くかもしれません。イノベーション、低コスト、または生産性のいずれかを通じたインテリジェンス主導の成長を重要な目標と決めて、そうした重要な目標から逸れないようにします。これにより、全体的な変革の一環として統合または再編成が必要となる主要な役割を明らかにすることができます。

 

その後、組織は、もっとも影響力のある役割を念頭に置いて、ワークスタイルの変革に取り掛かることができます。その際に、優先順位の高いビジネス成果をできる限り早急に達成するうえで不可欠なスキル セットに焦点を当てます。その目標に向けて取り組む際には、従業員も変革とのつながりを感じている必要があることに注意します。各役割と組織の全体的な目標との関係性を構築することを重視し、従業員が変革への取り組みを「オプトイン」するようにします。

 

従業員のユーザー環境は非常に重要です。レイテンシーや劣悪なテレワーク環境のために遅延に悩まされている従業員では、職場と同じ環境とサポートを得ていると感じているユーザーよりもパフォーマンスや満足度が低下するのは間違いありません。

 

変革を推進する行動にインセンティブを与えることによってワークスタイルの変革を支援し、組織内でもっとも発信力および影響力のあるユーザーに働きかけます。それらのユーザーは、強力な協力者となり、従業員向けの新しい手順やテクノロジーの採用を後押ししてくれます。最終的に、変革プロジェクトを追跡し、必要に応じて変更を加えて、変革中に生じた問題を修正します。

 

ワークスタイルの変革に関連する VMware の製品、ソリューション、リソース

Workspace ONE

VMware Workspace ONE は、デバイスや場所を問わず、あらゆるアプリケーションをシンプルかつセキュアに提供、管理できるインテリジェンス ベースのデジタルワークスペース プラットフォームです。

Carbon Black Cloud™ Endpoint

ニーズに適したクラウドネイティブなエンドポイント保護機能でセキュリティを変革します。

SASE とは

Secure Access Service Edge(SASE)は、クラウド ネットワークとクラウド セキュリティを統合して、シンプルさ、スケーラビリティ、柔軟性、広範なセキュリティを提供します。

Anywhere Workspace ソリューション

従業員が場所を問わず働けるように、セキュアかつスムーズな体験を提供します。Anywhere Workspace は、今日の分散された環境で働く従業員を支える信頼の基盤を構築します。